MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
9 12 14
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
エアコン(返信済)
(07/15)
(07/09)
(07/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

波はコシくらい。波が続いたのでさすがに今日は空いてます、というか波あんまり良くない 笑。でもこれでいいのだ。ラインを邪魔されるよりも多少良くなくても、好きなように遊べます。

浮力があるボードを持ち出せば、大抵の波は気持ち良く滑ることができます。そう言えば、いつかの強オンショアのときも楽しめました。道具は大事。というわけで得意の、8’4”です 笑。


と思って入ってみたら、たまにコシくらいですがちゃんとした波が入ってくるじゃないですか。ピークから外れたところに来るので、誰も気が付かない。セットの一番良さそうなのを選んでうねりから滑り出してくれます。8’4”です。しつこいです。

途中にふたつあるセクションにうまく合わせられると、結構なスピードが出てインサイドまで長く乗れます。タイミングを外すとスープにつかまります。

これが面白くて何度もやっていました。やっぱりこのプリモ8’4”、根がロンガーの私には合ってるみたいです。ログやグライダーでも楽しめたと思いますが、動きが軽い8’4”はまた違う楽しみ方ができます。

ワックスが汚れてきたので、落としてきれいにしてあげました。凹まさない私ですが、さすがにフットマークしっかり入ってます(クリアは目立ちませんね)


PRIMO、スピード出るしシングル以上の回転性あります。やっぱり面白い。

それから活さんのシェイプルームへ。やっぱりPRIMO。7’3”のニューシェイプはライダーのテストボードです。


ブルーのグルーラインがきれいなストリンガーです。こういうストリンガーもあります。カラーはブルーだけではありません。フォームからの注文なので、少し時間が多めにかかります。上にティントカラーを乗せても面白そうです。


それから、こういうのも出来上がりました。

9’8”PIG。


そして、PRIMO7’3”


この二本は販売いたします。詳しくはまた明日。お楽しみに。


6月22日(金)は午前中、シェイプルームへ行ってきます。30分くらい開店が遅れると思いますので、ちょっとだけゆっくり目にいらして下さい。

よろしくお願いします。
水平線のわずかな変化も見逃さず、沖にセットが入ったことが分かるとにわかに慌ただしくなるラインアップ。うねりが少しずつせりあがりながら近づいてくると、右隣にいたサーファーがしぶきをあげて猛然とパドルを始めた。私をはさんで反対側、つまり私の左隣でも同様にしぶきが上がっている。

右手でパドルしているサーファーのさらに右奥では、顔見知りのサーファーがパドルをしているのが見える。彼の方がピークに近いし、レギュラーに滑るはずなので自分はその裏にセットが盛り上がっていることを期待しつつ、少しだけ沖へ移動する。

オフショアに飛ばされたしぶきを浴びながら波の向こうへ出ると、期待に反して静かな海面が広がり、セットは一本だけだったようである。

岸の方へ顔を向けると、波の背から見えかくれしている横顔は奥でパドルしていた顔見知りである。私の両側のサーファーはパドルでショルダーを乱しただけである。


最近良く目にする光景です。うねりのラインが4~5人のサーファーの一斉パドルで乱れ、一番奥にいるサーファーがその前を横切って行く。私が入るポイントは海底が砂岩と岩でできているリーフボトムなので、波ののピーク、つまりテイクオフするポイントはだいたい決まった場所になります。

なので、他のサーファーを見ていれば自分がいるところからその波に乗れるかどうかはほぼ分かります。それには、その人のスタンスはどちらで、どのくらい波に乗れる人なのかということを知っていることが必要です。

波に乗りたいのは分かりますが、4~5人が一斉にパドルを始める光景を見ていると、ショルダーでパドルしている人たちは自分以外の人が波に乗るところを見ていないんだろうか?という疑問が浮かびます。

自分がレギュラーフッターでピークからレギュラー側にいて、奥でパドルしているサーファーがグーフィースタンスと分かっていれば、右と左に分かれて乗っていくことが自然とできます。奥にいる人が自分と同じスタンスなら、そこで波に乗ろうとしても邪魔しているだけです。セットがもう一本来ていることを願うしかありません(たまに、左行くから乗っていいよ~なんて声をかけてくれる優しい人もいたりします)

知り合い同士なら簡単にできることですが、そうでなくても人が波に乗るのを見ていれば出来ることだと思います。

人が多すぎてどうにもならないときも多々あります(昨日 笑)が、周りには無関心というのか、他の人が波に乗るのを見ない人が多くなったような気がしている最近です。



さて次のボードのプラン、9フィートくらいのプリモにしようかどうか、まだ若干迷っていますが、とりあえずこんなのを考えています。

50/50レール ボトムはゆるめのロールにしてもらってDフィンをグラスオン レングスは、8’6”の少し短めのPIGです。

フィンは9.6より少しだけ小さくしたテンプレットを作りました。カラーリングのイメージも出来上がっているのですが、活さん曰く「ロングボードサイズ(9フィートくらい)のプリモもいいよ~」とのお言葉に迷っております。

両方行きますか 笑。


波はコシ・ハラ。セットを待ってもうちょっと。十分楽しめる波ですが…。

ボードは予定どおり、6’9”のプリモ。


耳が痛かったせいで、海に入るのは一か月とちょっとぶり。パドルをするのも久しぶりですが、薪割りのおかげか(?)ブランクはそれほど感じません。

でも、乗れない。

パドルのポジションがいまいち分かりません。丸いノーズのTIKIやMINIなら良さそうな位置なんですが、普通にパドルしているときにはちょうど良さそうな位置で、テイクオフしようとするとノーズがもぐったまま出てきません。

ロングならパドルスピードが速いので、水の中からノーズがガバッと出てくるのですが、このサイズでは負けてしまいます。

どうも、もう少し後ろらしいぞと、一文字分カラダをずらす(ノーズのKATSUのロゴマークです)と、なんとなく良さそうな感じ。

でも、やっぱり乗れない 笑。

ボードは滑り出すのですが、滑り始めて「よーし」と思うと右から人が…次の波でまた「よーし」と思うと今度は左から。

気が付けばずいぶん混んでます。

ボードを8’4”に替えて仕返ししてやろうかと思いましたが(笑)、今日はこの青いシングルフィンに乗りたかったので、違うポイントに移動です。


パドリングのスムースさの通りに、滑り出しも気持ちいいです。

掘れたところも緩いところもコンケーブ、感じます。ボードの下を水がながれている感触が伝わってきます。

それからレールの感触。ホットマンゴーも同じシングルコンケーブですが、レールはもっとかっちりと波をつかむ感触があります。それを幾分柔らかくしつつも、しっかりとつかんでいる感触です。

パドルの位置も分かりました。Katsuの「s」が目の位置くらいでちょうど良さそうです。意外と小さな緩い波でも気持ち良く滑ってくれて、いろいろ使えそうな感じです。次が楽しみです。


ブランクが空いてしまっても、ちゃんと管理していればカラダはちゃんと動いてくれるものです。木曜は風がいまいちっぽいですが、うねりはありそうなので、またこの6’9”で行ってみようと思います。

気温も上がって混みあう季節。のんびりやります。
おとといからブログの管理ページがダウンしていて(ブログは見られたと思います)、更新もコメントへの返事もできずすいませんでした。

明日は波上がりそうなので、シングルフィン持って行ってみようと思います。プリモの6’9”です。

ついにワックス塗ります。

このブルーのプリモは、前に乗っていたこれと同じです。結局、これが良かったのでまた戻ってきました。

サイズは同じで、ボトムとレールのシェイプも同じトライプレーンコンボと呼んでいる活さんオリジナルのボトムですが、同じでも違うのがハンドシェイプ。「どちらも良い」ということしか分からないと思いますが良いのです(笑)

それからやっぱりシングルフィンをもう一本。5フィートアンダーです。

ブルーのボードより40年も昔に活さんがシェイプしたニーボードです。VEEノーズから深いコンケーブとレールエッジ。カツカワミナミサーフボード、歴史あります。

あとは波次第。安心の8.4のプリモも忘れずに持って行きます。



話は変わって、最近読んだ本の話。読書きらいですか?笑。

文学作品をほんとうに読むべきは、私らおっさんだと私は思います。私なんぞが言うのも何ですが、人生の機微を感じ取れる大人になるには、文学作品を読むべきだと思います。

といつつ、最近はこんなのを読んでみました。


実は仏教の思想を少しくらいは理解しとこうと思って、いろいろと読んでましたが、親鸞の言葉を集めた「歎異抄」を読んでいたら、俗世間がすっかり懐かしくなってしまって、子供の頃を思い出しながら選んだのがこれら。

「ジェーン・エア」は小6のときに学校の図書室にあったのを読みました。ハーレクインみたいなところは別として、エアさんユニークで面白い人だと思います。「嵐が丘」も同じ作者だと思っていましたが、同じブロンテでも姉妹だそうで、知りませんでした。

「つぶやき岩の秘密」は、NHKの少年ドラマシリーズでやっていたのを見た記憶がほんの少しだけ(1973年です)原作が、新田次郎だとは知りませんでした。

主題歌は印象的でしっかり覚えています。三浦のロケ地は今もあるそうです。


放映時間はウィークデイの午後6時。夕方。遊んでいた友達はそろそろ家に帰る時間だったり、勉強していたり、テレビ見たり、プラモデル作ったり、ギターの練習したり、夕食前の時間、子供にとっては意外と充足の時間だったのかもしれませんね。

話は子供向けで単純ですが、懐かしさたっぷりです。

そして「岸辺のアルバム」は子供の頃に見た大人の話(1977年のテレビドラマです)不倫、受験、中絶、親子の断絶、盛りだくさんの家族のお話しです。72年の多摩川水害の実際の映像で始まるオープニングが強烈で、思春期真っ最中のお年頃(中一)だった私は、ジャニス・イアンのこの曲を聞くと今でもなにやらムズムズします 笑。


原作脚本はさすがの山田太一。最初は昼メロだあと思いましたが、面白かったです。

さて、明日は寝坊しないようにしないと。

画像は水曜日(20日)の風向・風速の予想図です…が、まだ変わる可能性大です。いまのところ、火曜か水曜かと言う感じです。

海入りたいっす。


そろそろ出番だなあと思っていたら、なにやら妙に慌ただしくなって昨日から頭の中はお仕事モード。ありがたいことです。そして明日は休みだし、波もまだ少し残りそうだし、ログいけるなあと思っていたら、女房からラインで「明日有給」だそうです。

こういうときは…


いい波乗りましたかあ?

ロンガーの皆さま、こういうときのための、8’4”です。写真、使いまわし過ぎ 笑。シングルかスタビ付きかは、ご自分のスタイルに合わせてです。


出来上がり、楽しみにしていてください。

それと、ナルトトランクスのオーダーいただいている方々は納期が早まりました。もれなく来月の始めにできあがります。もう少しお待ちください。

金曜にはこれが出来上がる…かな。


バンカー・スプレクルスと言うと、アート・ブリューワーのこの写真を思い浮かべます。ブロンドの髪。真っ赤なダウンレールの奇妙な形のシングルフィン。強烈なインパクトです。

デッキ側にはハンドルが付いていて、ニーライドしている写真もあります。

そんな写真のせいで、昔っから「何だ?」と思っていたこのサーファーが、77年に27歳でOVERDOSEで亡くなるまでの生涯を描いた映画作品が「BUNKER77」です。

ちょっと前に、蔦屋書店で上映会がありましたが、アマゾンプライムで公開されているので会員なら無料で見ることができます。

砂糖王の家系に生まれ、莫大な遺産を相続する前にはノースショアを見下ろす丘の洞窟に住んで波乗りをしていた、というのは川南活さんと同じです。優れたサーファーはきっと洞窟に住むのです。(活さんは某南の島の洞窟です。)

狩猟で仕留めた獲物と写っている写真や、毛皮を着ている写真は好きではありません。趣味の問題ですが、波乗りとかけ離れ過ぎています。

この時代、ドラッグによる変性意識で新しいものを作り出すという試みが為されていたというのは、いろいろなサーファーの話で出てくることですが、おそらくそれによって作り出されたものよりも、損失の方が大きかったのじゃないかということは想像に難くありません。

正直、好きな話ではありません。感銘を受けたり、インスピレーションをもらうようなこともありません。一緒に見ていた女房は、見終わったあと「それで、結局何した人なの?」と。

何かをしようとしていたのだと思います。大きすぎる何かです。自分でそんな経験が無いので分かりませんが、必要以上のお金(彼の場合は遺産)を得ると、求めるものもそれだけ大きくなるのかもしれません。

求めるものが、あの赤いハンドル付きのダウンレイラーの先にあるもの、そのくらいのものだったら今もサーフボードレボリューションを担ったサーファーの一人として敬意を払われながら、サーフボードをシェイプしていたのかもしれません。

形がはっきりあるものを求めて生きる方が、生き方としては分かりやすいのでしょうね。

ラスティ・ミラーのこの写真が好きです。


BUNKER 77
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B077H3WV1F

明日も朝早くなら、風は大丈夫そうです。
A.O.B.じゃありません。A.O.R.、アダルトオリエンテッドロックです。若い頃(笑)流行っていた、カフェ・バーなんかでかかっていたようなオシャレな曲です。直訳すれば、大人志向のロックとなるんでしょうか?

本番だった当時は、甘ったるい曲調が好きじゃなかったのは、まだ「大人」じゃなかったからか?最近、なんとなく流していても耳障りじゃなくなってきました。逆に、柔らかい感じが良いなあと感じるのは、ようやく大人になったということでしょうか?

まあ、どうでもいいですが聴く音楽のジャンルが増えて楽しみが増えた(アーチストもたくさんですし)ような気分です。いろんなところで流れていて、なんとなく聴いてはいたので耳の底に残ってはいるんですが…

こんな感じです。


台風のうねりは明日のようですが、北風も強くなります。沖へどんどん流されるということです。波待ちのポジションをキープできない人はご注意。


火曜は吹き戻しで西風ピューピューです。私はのんびりやりたいので落ち着きそうな水曜日、ロングボード積んで行ってみようと思っています。


オーダーいただいたウェットスーツができあがりました。STEAMERのふるふる手触りのDTラバーです。ショートジョンとジャケットのセットアップですが、なかなか使いまわしがいい組み合わせです。

夏場はショートジョン単体と、ジャケットはトランクスと組み合わせては2mmの長袖タッパーとして使うことができます。

重ねて着ればロンスプですが、後ろ姿もかっこよく見えるように気を使っているつもりです。こんな感じです。


さらに単体のロングジョンと組み合わせれば、フルスーツの出来上がりです。ショートボードの方にはセパレートのウェットスーツはあまりお勧めしてませんが、ロンガーさんやミッドレングス系なら問題無しです。見た目もクラシックです。

こういうのもノープロブレムです。


Visitor Map
Create your own visitor map!