忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
28 29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
ロングボードは好きです。重たくて、シングルフィンで、ロッカーは平らで、丸いボトムとレール。60年代の古いサーフビデオを見てサーフィンはじめたくらいですから、そんな古臭いデザインのロングボードこそがサーフィンだと思っていました。

でも、60年代の後半に起こったサーフボード革命というのはどうも自然ななりゆきのようで、あるとき自分の中にも同じようなムーブメントがやってきました。

9’6”だったサーフボードは3~4フィート短くなって、フィンのバリエーションもシングルフィンから、ツイン、ボンザーと増えていきました。

60年代と違うのは、忘れられてしまうものが無かったこと。

重たいロングボードもあれば、小さなフィッシュもあるし、パワフルなボンザー、スムースなシングルフィン、楽しいクアッド、トライフィンはいまだ挫折中で、ニーボードは私だけですが世の中も同じような雰囲気になり、コンペティション指向とは違うベクトルでフリーサーファーという自分が好きなサーフボードに乗って素敵なサーフィンを見せてくれるサーファーたちが現れてきました。

ロングボードか、それとも薄く反り返ったトライフィンのショートボードか、二者択一に近かった時代と比べると、たくさんの選択肢が存在しているのが今の時代です。

ロングボードのグライド、フロウ、トリミングはロングボードだけが持っている代え難いものです。

でも、それ以外にも素晴らしい感覚が存在します。フィッシュやクアッドのスピード、シングルフィンのスムースさ、ボンザーの水の流れ、トライフィンのマニューバとドライブ、コンケーブボトムの感触とスピード。ハルには、ハマっちゃう人もいるのではないかと思います。


昨日はまだ手探りですが、パドリングのことを書きました。肝心のテイクオフはたくさん書きましたので、もうすでにばっちり(笑)なことと思います。

ロングボードに乗れていれば、ボードのサイズを変えることはそれほど難しいことではありません。大切なのは「意識を変える」ことだと思っています。

これまでと違う種類のサーフボードで波に乗るようになると、これまでとは違う新しいことに気が付きます。今まで親しんでいたつもりの馴染みの道具の中にも新しく気が付くことがあるのです。楽しみはさらに大きく広がります。

なによりも素晴らしいのは、道具にとらわれず、波に乗るという行為自体において、より自由になれるということです。


Head Dips & Hair Flips from Robots From Outerspace on Vimeo.













PR
ちょっと前にパドリングのことを書いたと思います。このときです。ロングボードと短いボードのパドリングで、意識をどう変えていけばいいのか?ということを書きましたが、なんとなく方向が見えてきたので、消えてしまわないうちに書いておきたいと思います。まだ備忘録の段階ですので、あらかじめそのおつもりでお読みください。

毎度ですが、HOW TO パドリングではありません。ロングボーダーが浮力が小さいボードに乗ったときに、どこをどのように意識を変えればよいのか?それのパドリング編ということです。

先日いらっしゃった、短めのボードに乗りたいというロングボーダーのお客さま。「短いボードに乗ると、パドルが進まなくて嫌になっちゃうんです」と言っておられました。

そのことを考えながらしゃべっていたら、もしかして意識を変えるポイントはここかしらん?と思いあたる点がありました。

それは「パドルの速さとチカラ」です。

パドルのスピードはロングボードの方が速いです。前へ進むのも波を滑り出すのが早いのも、パドリングでより速いスピードが出せるからです。

それはどうしてか?というと、長くて浮力が大きいからです。そのボードが短くなって、浮力が小さくなればその分スピードは遅くなります。当然です。

まずは、ここです。

ロングボードの感覚、つまり、頑張って漕げばその分スピードが出る(実際、ロングボードはどんどん加速してくれます)というのと同じ感覚で、短いボードでも同じように、パドリングを頑張っちゃっていないでしょうか?

ここが、ロングボードと意識を変えるポイントです。

パドリングで出すことができる最大のスピードは、ボードの浮力とサーファーがパドルするチカラで、決まります。

チカラが変らなければ、長さが短くなって浮力が落ちればスピードも落ちます。

そんなの分かってます。と思ったと思います。でも(短いボードで)パドルが進まなくて嫌になっている人は、分かっていても海の中では意識が変っていないのだと思います。ロングボードと同じチカラを使って漕いでも、同じようにはスイスイとは進みません。チカラを使い過ぎているのです。

結果、必要以上に疲れて嫌になっちゃう。


パドルが進まないとお悩みの方、一度、波がない平らな水面にそのボードを浮かべ、パドリングしてみてください。ロングボードほどチカラをいれてパドルしなくても、短いボードは結構スムースに前に進むことに気が付くはずです。

確かにロングボードよりは遅いかもしれません。でも気持ち良く進んでくれます。それと同時に、ロングボードと同じようにチカラを入れて速くパドルをしても、ロングボードのようには進まないことにも気が付くと思います。

短いボードも確実に前へ進んでいることを実感できるはずです。それがロングボードほど速くはなくても、それなりにスピードはあるということも同時に覚えてください
(ロングボードで波に乗れない、という人は必要なチカラが足りていないケースが多いと思います。逆のパターンで、短いボードからロングボードに乗り換えたときに多いに実感する部分です。ロングのパドルはチカラ使います)

ロングボードと同じだけチカラをこめてパドルしてそれが遅ければ嫌になるのは当たり前です。体力は使う、ボードは進まない、で大抵はめげます。でも本当はチカラを抜いてパドルしても、(短いボードは)十分なスピードで前へは進んでいるのです。


たまにプールで泳ぐことがあります。息があがらないリラックスしたペースで泳いで、自分のペースは1000メートル20分。時速3キロです。歩くのよりも遅いスピードです。100メートルの距離は2分です。

私が普段波乗りしているポイントは、たぶん100~150メートルくらい沖で波待ちしていると思います。150メートルだったら、かなりいい波かもです。

150メートルだとしても、身体ひとつで泳ぐ速さで3分です。

その距離と時間、パドリングが嫌になりますか?体力だって問題無いはずです。海ならカレントも使えます。

嫌になっちゃうのはロングボードの感覚のまま、パドルにチカラを使い過ぎているからだと思います。もっとリラックスしても、全然大丈夫なのです。



これでたぶん嫌にならなくなることと思います(笑)が、それに加えて沖からやってくる波の力を効果的にやりすごす方法を身に付ければ、さらにリラックスしてパドルができるようになります。

パドルに関してはまだ再考の余地あるかもしれせんが、パドルの次のお話はそのあたり「波の力をやりすごすこと」かもしれません。次々と関門がやってきますね 笑。










活さんシェイプのカスタムボード、実際にご覧いただけるように少しずつですが、ショップの店頭のストックを増やすようにしていっております。もちろん販売もしていますので、ラミネートのカラーには神経使って色を選んでおります。

気に入っていただければ、すぐにお持ち帰りOKですが「このモデルでこんなデザインが欲しい」という方や、サイズを少し変えて、という方はカスタムシェイプになります。

もともとオーダーを受けて作るカスタムボードですので、サイズ、カラーのカスタムはいつでもウェルカムです。

今回のご要望は、プリモ。ティントカラーでラミネートして、ノーズにストライプを二本入れます。太いのと細いのを一本ずつ「バランスはお任せで」と責任重大。となると俄然張り切る私です 笑。

過去にお作りした、同じサイズのボードの画像を拝借。適当な位置にストライプを入れてバランスを見ます。



こんな感じかな~。と配置を決めたら次にそれを数字で表す作業に取り掛かります。こういう場合、実際に形にしてくれる職人さんに伝えるには具体的な数字が一番です。



計算してます。

もちろん、色見本や写真などで伝える感覚的なものもあります。そういう場合は、情報をできるだけ分かりやすくシンプルに伝わるように考え、あとは信頼の職人さんにお任せで間違いありません。

数字が本当に自分が考えたバランスを表現できているかどうか、何度も検算です。

サーフショップの仕事なんてお気楽とお思いかもしれませんが、プレッシャーを楽しむような局面も結構あったりするのです 笑。

それだけに、いいボードができれば嬉しさひとしおです。

さて、もう一度チェックです。




きれいな波です。波見てるだけで声でちゃいます。


「ニーボード、面白そうですね。」「ちょっとやってみたいです。」とたくさんの人が言うのを耳にしてきましたが、実行に移す人はほとんどいません。

なので、特に人にすすめたりもしません。

でも、1分27秒あたりからの一本。ボトムターンの体勢、そこからのチューブへのプルイン、そしてプルアウト。力が抜けきっていて、とてもきれいです。

ニーボードの魅力のひとつは、ボードとの一体感がとても強いところ。普通なら足の裏だけですが、ヒザから下、足の先までボードとくっついています。

スタンスを変えるのがむずかしいので、上体との連動も重要です。上体の動きもボードと波と一体になる感覚はとても強いと思います。

つまり全身で、波と一体になる感覚が大きいのです。

ちょっとおすすめしてますが、そんなところが私がニーボードを好きな理由です。

フィンを履けば、テイクオフはとても速いですし、こんな道具も楽しめます。

SCUMM RDO from adam williams on Vimeo.



サーフマットが他の道具と違うと感じる一番のポイントは、滑走体が柔らかいところです。からだに力がはいると、滑らない。ターンさせるときには身体を使いますが、意識はひたすら柔らかく。

上で滑っているおっさんの背中、力抜けてるのが分かると思います。

そんな状態で波のフェイスを滑っているときの感触が気持ちいい。この映像、ほんとに自分でやってるみたいです。







先週のフィッシュに続いて、ショップでぜひお見せしたモデルをいろいろとシェイプしていただいております。もちろん販売いたします。

まずはエッグ。MINIモデル 6’8”

ロンガーさんにもショーターさんにも、目的は違えど「とりあえずこのボードがあれば~」の鉄板モデルです。またまたシングルフィンですいません。

それから、プリモ。こちらはロンガーさん向けの8’4”。

プリモはいつもシングルフィン。サイドフィンも欲しい、という方にはTIKIですので。

ボトムのコンケーブで、気持ち良く走ります。私は、かつて11フィートのグライダーを愛用していましたが、それのスケールダウン版です。

シングルフィンのログに乗っているロンガーさんに絶対乗って欲しい、個人的に強力おすすめなのが8’4”のプリモです。

先日の6’2”と同じ、きれいなターコイズグリーンにラミネートされます。


そして、長らくお待たせしてしまいました。TさんのB52のフォームが到着です。

今日からシェイプ始まっています。来週にはシェイプが出来上がった写真をお送りできると思います。

もうちょいです。


60号の大作、壁に飾ってみました。いい感じです。見に来てください。









忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!