忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
6
9 12 13
20
27 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
4月2日のブログを読んで、こんな感じですか?とある方がこんな動画を教えてくださいました。はい、波はすごいですが、まさにこのとおりです。いいアングルで、しかもスローモーションで捉えています。

足の出し方、重心のかけ方、波は違ってもこのイメージでばっちりです。画面をクリックすると一時停止するので、コマ送りで見てください。


そしてもう一方は、ロングボード。違いがよく分かります。



日曜日の夜。サザエさんを見終わったら、ふたつの動画をじっくり見つめて、ロングボードと7.0のシングルフィンのテイクオフ、違いを意識しながら床の上でやってみてください。

意識して、アタマの中にイメージを作り出すことが重要です。

来週はずーっとオンショアの予報。予報通りなら、土曜日には沿岸の風が弱まって結構いいかもです。








PR

活さんは、ロングボードをシェイプ中です。クラシックなロングボードを、ということでオーダーいただきました。

メネフネでお作りしているロングボードは、クラシックなシングルフィンがメインです。B52と呼んでいるモデルです。呼び名は同じB52ですが、これまで三つのタイプでお作りしています。

タイプの違いはロッカーです。分かりやすいように勝手に、TYPE-1、TYPE-2、TYPE-3と呼んでみることにします。

TYPE-1は、フラット気味なロッカーの本当にクラシックなイメージのロングボードです。私のブルーのログがそれです。


取り回しは、フィンと重さで変わってきます。

私のブルーは「Dフィン + 重く」で作っています。ノーズコンケーブは無しで、あえて60年代のログのイメージを楽しんでいます(当時の本物よりは軽いですが…)

フィンをピヴォットタイプにすれば取り回しは軽くなるので、取り回しはフィンで調節することができます。

TYPE-2は、ロッカーがプラスされたクルーザーのイメージ。私の赤いログがそうです。


フィンはピヴォットタイプで、ロッカーは結構しっかりと入っているので、反応は素直で見た目よりもずっと軽く動いてくれるログです。これもノーズコンケーブは入れていません。

クラシックボードというと、なんでもノーズコンケーブが入っているものと思われている向きもあるらしいですが、コンケーブが無いロングボードが滑る感触は気持ちいいものです。滑り出しも気持ちいいのです。

そして、TYPE-3はノーズライダー。フラットなノーズロッカーとテールキックが入った、ノーズに乗るためのロングボードです。

これにはノーズコンケーブが入ります。テールキックとノーズコンケーブで、ノーズの滞在時間を少しでも長くしようというロッカーとボトムのシェイプです。

ノーズを狙いたい人には、TYPE-3です。

TYPE-1と2にもノーズコンケーブはもちろん入れることができます。コンケーブ無しの感触を楽しんで欲しいのは個人的な意見ですが、そのあたりはオーダーされる方の要望をお聞きして作っております。

オールラウンドタイプなら、良く走って軽く回ってくれるTIKIがあります。パフォーマンスタイプのロングは分からないので他をあたってください。

ロッカー、フォームの発泡、ストリンガーによっては、3~4か月ほど余計に時間がかかるものもあります。

私のログコレクションに興味ある方は、まずご相談ください。どれもいいロングボードです。












お休みありがとうございました。イロイロとあったのですが、気が付けばすっかり遅い時間になってしまっていたので簡単ですいませんが、本日のブログでございます。

MINI 6’8”のストックボードが入荷いたしました。


またシングルフィンでスイマセン。シングル好きなのです。トライがいいのになあ、という方はオーダーお待ちしております。

コンディションを選ばず、出番が多いのがこのMINIモデルです。ボトムは、コンケーブ。もうおなじみだと思いますが、トライプレーンコンボボトム。よく走って、よく動くボトムです。

いい波、小波、風波、なんでも楽しめるの自分自身で体験済みです。ロンガーさんもOKです。

今回はオリーブティント。きれいです。デッキにクロスを追加して、しっかりとラミネートいたしました。

店頭にありますので、触りに来てください。
MENEHUNE BEACH STORE KATSU KAWAMINAMIサーフボード

久しぶりにナイター見に行ってきました。東京ドーム 巨人ー広島戦です。最前列のいいシートをいただきました。臨場感と迫力たっぷりで、ホームランバシバシで、いいもの見せてもらいました。


いやー、カープ強いです。80年代の「赤ヘル軍団」という言葉を思い出してしまいました。かつての巨人ファン(V9時代~由伸監督ルーキー時代くらいまでかな)は、巨人を応援に行ったんですが、広島ファンになりそうです…。







お知らせ:4月12日(水)は都合によりお休みいたします。よろしくお願いいたします。

肉好きの女房が良く肉を買ってきます。しかもカタマリで。勤め先の近くに、肉のハナマサがあるらしく、安いのを見つけては買ってくるのです。これで何か作れ、という無言の圧力を感じる大きさのお肉です。肉なら帰りの満員電車でも重くないみたいです。

今回は豚のモモ、1.5㎏。豚スネや牛バラなどひととおりはストーブの上で煮込んでみたので、モモは焼いてみようと、ローストポークを作ってみることにしました。

モモ肉はボンレスハム使われるそうで、ローストしたらきっと美味しいはずです。

まずは下ごしらえ。多めの塩とハーブとスパイスを擦り込んで、冷蔵庫に三晩放置します。かたまり肉を相手にするときには急いではいけないのです。

それで、これが三日目の朝の豚モモ。調理に入る1時間前には冷蔵庫から出して、常温に戻しておきます。

塩をなすりつけて放置すると、肉の香りが良くなります。いい香りがぷんぷんです。ちなみにハーブは、ローズマリー、セージ、オレガノ、タイム。庭に生えていたやつをドライにしたものです。塩は小さじ二杯くらいかなあ。ちょっとしょっぱいか?という程度。

タコ糸で縛り上げ、まずはフライパンで焼き目を付けていきます。


焼き目を付けるのは、ローストしたときにお肉のうまみが外へ流れ出さないようにするためです。肉を包み込むように、しっかり焼きます。


やることはこれだけ。あとはオーブンが仕事をしてくれるのですが、温度と時間で悩みました。ローストビーフを作ったときには、120℃で片面40分ずつできれいなピンク色になったのを参考に、そのときよりカタマリが大きいし、今回は豚ということで少しだけ高め、長めにして、140℃で片面45分ずつでやってみることにしました。

45分x両面で、一時間半。待つ間は、ストレッチと軽く筋トレ、それと鳴門金時を焼きます。

暖かくなって、ストーブの上での焼き芋ができなくなったので、鍋で美味しくできないか研究していましたが…。

出来ました。旨そうでしょ。コツは火加減。極々弱火で、急いじゃいけないカタマリ肉と一緒に調理するには最適です。


一時間半、焼き芋も焼けて、ストレッチで身体も伸びきったころに出来上がりです。



アルミフォイルで包んで30~40分休ませてから、どんな感じでかのう?と切ってみます。

ちょっと火を通し過ぎたかな?それでも薄~いピンク色で、フルフル、押すと肉汁が沁みだしてきます。

書いていたら、なんか腹減ってきましたよ。

つまみ食いしたい気持ちを押さえて夜のお楽しみにと冷蔵庫にしまって、仕事へ出かけます。家に帰る楽しみが出来たってもんです。


そして、夜。

サラダもたっぷり作ります。一人分です。女房は肉食系ですが、私は基本的に葉っぱでも生きていける草食人種です。


肉は冷蔵庫で冷たくなっているので、フォイルで覆いをしてオーブンで軽く温めます。温めるだけです。


柔らかいです。肉汁たっぷりで美味しくできました。三日間の熟成のおかげで、肉の中まで塩味とハーブがしっかりと染みています。

以前なら、しっかり目の赤ワインが合うでしょ~みたいになっていたと思いますが、今はアルコールは欲しいと思わなくなっています。というか、すでに意識の外にあります。食事のときには、庭のレモンの果汁と皮とミント、ローズマリーを水に浸けたものを、炭酸で割って飲んでいます。これが結構おいしくて料理にもよく合います。

豚モモ、次はもう少し温度下げてみることにいたします。

それではまた。









IKIの8’4”と、HOT MANGO クアッドの5’11”を作っていただいた方からそれぞれメールをいただきました。

TIKI 8’4”


こんにちは。
本日ようやく波乗り行ってきました。

腰~腹セット胸といった感じです。

パドルに関しては、ロング顔負けでかなり安定していました。
テイクオフが想像以上に速かったのでびっくりです。

乗った感じは、滑り出しからハイスピードで今まで抜けれなかったセクションも難なくクリアできるほど・・・
波に合わせて前足アクセルといった感じですね。(テールを意識して動かすと失速)
ターンも丁度いい具合で絶妙なグライド感でした。
ドロップニーをしてみるとすごい勢いでスプレーが・・・

さすがにインサイドのパワーのない波になるとロングには及ばずでしたが、ハング5も楽勝!
まだまだ乗りこなせてないですが、マジックボードな予感です!



ありがとうございます。まさにTIKIはそんなボードです、というメールです。

TIKI 速いです。活さんのシェイプはそれが身上とも言えますが、おそらく皆さまの想像以上に走ってくれると思います。

TIKIは軽く動いてくれますが、パフォーマンスタイプのロングボードとは性格が違うので、テールアクション的に動かそうとすると、いただいたメールのとおりに失速してしまうかもしれません。

スピードに乗せたラインをキープしながらコントロールするイメージです。ロッカーのラインもそのように作ってあります。でも動きは軽いのです。

TIKI、マジックボードにしてやってください。


そして、ホットマンゴー クアッド5’11”

こんばんは、◆◆です。
ホットマンゴー、初乗り行ってきたした!
浮力バッチリ!テイクオフ安定感抜群!乗ったら早い早い!
パドル中、顔がほころんでました。
いやぁ楽しかったです(^^)
ありがとうございました。




どうもありがとうございます。

幅を広めに、というリクエストでお作りしました。クアッドは下のブログの記事にも書きましたが、個人的にやりたいサーフィンとニーズが合っていることに気が付いて(笑)現在、注目しているモデルでもあります。

しかもこのボードのディメンション、クラシックなフィッシュとよく似ているのです。

ということは、私でもイケるということで、長いのか短いのにするか迷っていましたが、短いのにすることに決めました(短いといっても、6.2くらいですけど)

このボード、フィッシュが好きな人にもいいんじゃないかと思います。幅やアウトラインはクラシックなフィッシュに似ているし、フィンのクアッドはツィンぽく乗れますが、フィッシュとは違う楽しみがあります。

いいですよ、これも。


さて、ボード作りはこのくらいでひとまずストップです。現場行かなくちゃ。

水曜日は午後に所要があって、お店はお休みいただく予定ですが、波有りそうなので、午前中に出かけてみようかと思っております。

これ、ええんでないかい?

忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!