MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]


Dフィンが動かないというのは、おそらくただの思い込み。

登場サーファー:ジョニー・フェイン、ミキ・ドラ、ジャッキー・バクスター、バリー・カナイアウプニ、ドリュー・ハリソン、マイク・ヒンソン、ジョーイ・キャベル、デヴィッド・ヌイーヴァ。

Dフィンゆえに生まれてくるスタイルがあります。とてもロングボードらしい動きだと思います。クラシックスタイルがお好きな方にぜひ乗って欲しいDフィンです。



ラウンドピンテールのロングボード、乗ったことありますか?私は以前、ラウンドピンばっかり乗っていた時期があります。理由は動きのスムースさが一番ですが、あとは見た目。スクエアの大きな四角いテールとくらべると、テールの先端までつながっていくラウンドピンの曲線はきれいです。



ノーズへ行くときにはスクエアの方が安定します。アウトラインがテールまで(ラウンドピンよりも)よりパラレル気味でレールがより長く入ることと、面積が大きいスクエアの方がテールを流れる水の量が多いためです。

ラウンドピンはその分、コントロールしている感覚が出てきます。とにかくノーズ、という人には「不安定」ということになるかもしれませんが、ラウンドピン全体の動きの軽さとスムースさの中ではノーズでボードをコントロールすることは、その中のひとつの要素だと思います。



スクエアテールのターンは、左右のレールを切り替えるイメージです。なのでキレはいいと感じるかもしれません。

ラウンドピンはターンしているときもレールが入り続けている感覚です。レールが途切れなく切り替わってターンして行く感じがします。ラウンドピンの軽いコントロールが加わるので、とてもスムースに感じると思います。ラウンドピンならではの感覚です。



このシェイプは、B52のラウンドピン ノーズライダーです。クラシックなソフトレールで、エッジは入っていません。ノーズロッカーはフラット気味でボトムにはノーズコンケーブが入り、テール近くでキックが入った、ノーズライダーのロッカーです。



きれいなアウトラインです。お楽しみに。

さてさて、私の9.9のグライダーを作ったブランクス、二本入ってきたうちのもう一本は、いろいろと考えた末、9.8のPIGを作ることにいたしました。もちろん、Dフィングラスオン。渋いの作ります。こちらもお楽しみに。


活さんの5’8”のフィッシュの感触が忘れられず、思い出してはボードを引っ張り出して、レールを触り、ボトムのコンケーブをチェックしたりしております。私の最初のフィッシュは、クリス・クリステンソンの6’0でした。2003年のことです。

当時はフィッシュに関する情報はほぼ無く、6.0はフィッシュとしては大きな方だなどと教えてくれる人は誰もいませんでした。当時の雑誌はロングボードかショートボードのどちらかで、フィッシュは出てきません。

ずっとロングボードをやっていたので、6.0はとても小さく感じましたがやっぱりフィッシュはフレンドリーなんだと思います。少しやっていると楽しくなってきて、そこら辺から活さんのMINIなど(やっぱりシングルフィンでした)、ボードがだんだんと短くなって行って、全くロングボードに乗らなくなった時期もあったくらいです。

フィッシュのルーツがニーボードだと知って、ニーボードを始めたのも同じ頃です。その後、2005~2007年あたりになるとフィッシュが一大ブームになるのですが、まさかそんなことになるとは思ってもいませんでした。

あまのじゃくの私はそうなってしまうとすっかりフィッシュに乗らなくなって、シングルばかり乗っていましたが、そういう話もすっかり昔のことになってしまった今、やっぱりフィッシュはいいなあと思います。

いろんなウンチクは皆さんもうご存知だと思うし必要も無いと思うので、最初のフィッシュから15年間経って、同じだけ歳を取った自分がまだ楽しめるフィッシュというものの楽しみ方を書いて行こうと思っています。

ちょうど一年前から、活さんもBONITAというフィッシュのモデルを本格的に作り始めました。現在、私が乗っているのもこれと同じモデルです。


私が乗っているのは5’8”ですが、5’6”でもいいかなあと思わせる理由はこのアウトラインにあります。幅広のノーズとテールは、ロンガーの私が乗っても滑り出しが早く、頑張らなくても走ってくれます。

アウトラインが直線的で幅が広いテールのボトムはコンケーブボトム、その両側にベースが広い三角形のキールフィンが付いています。

これが気持ち良さのヒミツです。キールフィンは直進性があります。ボトムの接水面は広く水流をスムースに流すシングルコンケーブです。

この組み合わせが気持ち良くないはずがありません。ボトムターンから波を斜めにスムースに上がっていって、波の高いところを走らせてボトムへ降りて、の繰り返しだけで私は十分(笑)

ショートボードのように波を縦に上がっていくのには、キールフィンは不向きだと思いますがそういう動きよりも、波を滑る気持ち良さがあればいいんです。そして、フィッシュはたっぷりその気持ち良さを味合わせてくれます。

私の楽しみ方はそのくらいのこと。簡単ですが気持ちがいいことこの上ない。

フィッシュ、いいですよ。

ライ・クーダー 1972年です。





竹井達男氏の写真集「AUTHENTIC WAVE」が入荷しました。カリフォルニアでヴァンに寝泊まりしながら写真を撮っていると聞いていましたので、楽しみにしていた一冊です。

最初の一枚から引き込まれていました。まるで、60年代のグラニスかストナーです。

古い機材を使って、60年代と同じ方法で撮られた作品の中に写っているのはよく知られた現代のサーファーたちです。彼らがまるで60年代のマリブへタイムスリップしたような感覚に陥りつつページをめくっていました。

60年代には無かったウェットスーツを着て写真に写っているのですが、それが60年代の写真にしか見えないのはとても不思議な感覚です。

不思議な感じがするのと同時に、リバイバルから25年以上も経ってすっかり見慣れてしまっている現代のロングボードシーンが改めて新鮮に見えてきました。

60年代のサーフィンが好きな人なら、きっと同じように感じると思います。

竹井氏を始めて知ったのは、15年くらい前でしょうか。川南活さんの友人で、稲村のあるローカルシェイパーのバースデーパーティに呼ばれて行ったときです。

そこで上映された「デヴィッド・ヌイーヴァのすべて」というショートフィルム。ウディ・アレンみたいに、セリフを吹き替えてしまう手法がとても面白かったのを覚えています(VHSでもらったのまだ持っております)

そこで紹介していただいた竹井氏は、七三にきれい分けてなでつけた髪型に黒縁のメガネ、白いシャツに細身のネクタイ、細いパイプドステムのパンツといういでたちで、本人は不本意かもしれませんが、私にはもうアメリカングラフィティのテリーで嬉しくなっちゃいました。

私が高校生の頃に流行ったアイビーみたいで、いまどきこんな格好の人いるんだとかなり好感を持った覚えがありますが、あれはファッションじゃなかったんですね。こんな写真集を出してしまうなんて、筋金入りの60年代の人です。

うちでじゃなくてもいいんです。クラシック好きの人はぜひこの写真集買ってください。それがアーチストのサポートになります。

おかげで私も進むべき道に迷いが無くなりました。写真のちからです。


MEMO:フィン 10

オフショアの北風で涼しい朝。天気が良くて水は冷たくて、カリフォルニアみたいです。波はハラ~ムネくらい。

なんとなく小さいボードに乗りたかったので、フィッシュを持っていきました。人が多いので、乗れないのは覚悟の上でのんびりパドルアウト。


案の定(笑)ピークからは乗れません。波の取り合いは苦手です。それでも、ピークを外れたところとたまに入ってくるのをのんびり待ちます。

乗れた本数は少ないですが、何本かいいのに乗れたので満足です。フィッシュはただシンプルに波を上下させながら走らせるのが好きです。結局はシングルと同じですが、ツインのキールフィンとフィッシュテールのシングルよりも抜けが良い感触が気持ちいいのです。

慣れてくれば、もっとうねりから滑り出せるようになると思います。ちなみに今日のカラダは、いい調子。

潮が引き気味になって、浅くなったところに緩い波が崩れるようになってきたので、次は9.9。緩めの波でフィンテストです。

取り寄せた、タイラー・ウォーレンのピヴォット10.25、でかいだけあってテールをしっかり支えてくれます。でかいですが、普段それよりすごいフィンで乗っているので、特に違和感は感じません。

ロングボードとして違和感はありませんが、グライダーのつもりで乗っているこのボードには、やっぱり大きいような…。

次は最初のフィンで乗ってみます。活さんテンプレットの10.25です。前回、前々回といまいち良い印象が薄かったフィンですが、その後少し手を入れました。


何をしたかと言いますと、フィンを固定するネジ穴がある部分をネジ穴ギリギリまで削って、フィンをできるだけ前方にセットできるようにしました。

久しぶりにグラスオンじゃない、BOXのフィンに乗ったものですから、忘れていたか勘違いしていたのか、フィンをDフィンと同じように後方に付けておりました。過去のブログで書いた、「気が付いたこと」というのはそれです。

ターンのときに、テールが逃げるような感じがするなあと感じていました。フィンは後ろの方がテールはねばってくれるはずだけど変だなあと。

それで「気が付いたこと」というのは、テールが逃げているんじゃなくて、フィンがテールよりに効きすぎている感覚じゃないかということです(ターンの支点がテールに寄り過ぎているということです)。支点が後ろに下がると、その分ノーズ側の振れ幅は大きくなります。それが「テールが逃げる感じ」なんじゃないかと。

もう少し前方のレールを使えるように、フィンを前にしたらいいんでないの?と考えて、今回はできるだけ前へ移動してみました。前回より、1.5センチほど前です。

それで変わりました。フィンの大きさと言うか、フィンの存在感はそれほど感じませんが効いてくれている感触です。テールが逃げるような感じは無くなりました。コントロールはスムースです。

これでいいんじゃないかと思います。


そんなわけでタイラー・ウォーレンのテンプレット、1時間ちょっと使っただけです、塩水に浸かっただけで新品と変わりません。どなたか使ってやってください。


ユーズドボードのコーナーにアップしてみましたので、フィンが気になる方はチェックしてみてください。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ


ウェットはまだ5mmのセミドライですが、ブーツとグローブが取れただけでずいぶん軽く感じられるものです。真冬の気温も海水も冷たい時期には、守られている感覚で安心感がありましたが、やっぱり裸足はいいもんです。

GWが過ぎれば薄いフルスーツでさらに軽くなります。いわゆる、3フルというやつですが、いろいろな考え方があります。

まずは昔ながらのバックジップタイプ。最近、また人気が戻りつつあります。


冬場のフルスーツとの違いは適度に水が入ってくること。手足首が切りっぱなしだったり、首が低めだったり、冬場のスーツほど防水性は高くありません。気温が高いので、適度にスーツの内部の温度を下げてくれるのが気持ちいいのです。

AXXE CLASSICのロングチェストジップも首回りは防水ネックではありません。

内側もネッスルかSULドライプラスのジャージで、サラリとした肌触りが気持ち良く脱ぎ着も簡単なのが嬉しいです。

柔らかい着心地ならSULです。裏地も柔らかい手触りです。ネッスルも同様に伸縮性が高く、コシがあるしっかりした着心地です。肌触りはサラッとしています。

どちらを選ぶか悩ましいところです。オーダーの際にご相談ください。

ネッスルは多くのメーカーで使われている高級素材ですが、そのネッスルを全身に使いつつローコストを実現しているのが、STEAMERです。ロングボーダーに人気のロングジョンとジャケットのセットアップ、3フルともに¥47.000(税別)はコスパ高いです。ロングジョンは背中ジッパーも同価格です。



designed by 私なのもローコストの理由ですが、ラバーを多用したクラシックな雰囲気にしております(下半身ジャージバージョンもあり)

ロゴなしの無印スーツもOKです。以前のブログでご紹介した、オールドタイマーバージョンも試作中です。

そして、ゼロウェットスーツ。冬用のエアドームの春秋版が写真のスプリングロールです。エアドームの着心地をご存じの方には説明が簡単。あの着心地のまま、さらに軽快に気持ち良くなります。3/2ミリです。

写真はジャージですが、ラバータイプもあります。

ゼロの春夏ウェットには、個人的に特におすすめなのがあります。2/1ミリのコブラです。

私はフルスーツとロングスプリングを使っていますが、ロンスプの方が出番多いかな。ロンスプと同じ時期に使えますが、薄い分出番の時期は早いです。

夏の終わりごろから秋にかけて、チンクイ&クラゲ除けに重宝します。虫刺され気になる方は一着あると、あの夜の痒さから解放されます。袖と肩回りの縫い目からは普通に水が入ってくるので、見た目より暑くなりません。夏前なら梅雨時期あたりにばっちりです。

刺された夜に痒くなる私もこれは手放せません。

アイデンティファイの2018年の春夏カタログ届いております。


フラッグシップモデルのSEA VESSELをはじめ、スタイリッシュなデザインが揃ってます。


各メーカー、今のオーダーでGW明けから出来上がります。ご用意はお早めに。

AXXE CLASSICとAIDENTIFYのカタログお送りします。御希望の方は、メールください。「カタログ希望」と件名に書いていただいて、1.郵便番号とご住所、そして2.お名前をお知らせください。AXXE CLASSICとAIDENTIFYのカタログをお送りします(かならずメールでお願いします)



6’9”プリモ出来上がりました。ちょっとだけ太めのダークウッドストリンガーと、新色のモノトーンロゴ(ボトム)をブルーのティントでラミネートしました。

レールでティントカラーが重なって濃くならないよう、全体が同じトーンのブルーになるようにラミネートしました。ラミネートの方法で同じ形のボードでも、違う印象に見えます。

ボトムに見えているラインはクロスの合わせ目です。このボードはボトムにありますが、この合わせ目をデッキにもってくると、また違った印象になってくると思います。

こういう方法もあります。オーダーのときの参考にしてください。

このサイズは二本目。一度手放しましたが、やっぱりこのサイズが自分には合っているみたいで、もう一度作っていただきました。8.4と同じ形でサイズ違いです。6.9を加えて、このふたつがプリモでは自分のお気に入りということですね。

この6.9があれば、大抵の波をカバーできます。コシサイズくらいから、大きいサイズまでおまかせできる、私にはかつて知ったる強い味方と言えます(8.4も同じくです)。ボトムはもちろんコンケーブを基調としたトライプレーンコンボです。速いし、テールのエッジが効いてくれるのでシングルフィン以上にいい動きをしてくれます。

楽しみです。

プリモは、このくらいのサイズから、7.3、8.4、そして9フィートプラスのロングボードサイズで作っております。


それから9.9のグライダーで試してみようと送ってもらったフィンが到着しました。最初のフィンよりも全体的にボリュームが増えている感じです。


写真ではなかなか伝わりにくいのですが、デカ過ぎたかなあと 笑。10.25インチあります。


やっぱり活さんのフィンでいけそうな気が多いにしているのですが、これからお試しです。

6’9”プリモと9’9”グライダー、ホームページとボードブログにアップしました。カツカワミナミサーフボードのプリモとロングボードの蘭をごらんください。
MENEHUNE BEACH STORE ホームページ



強いサイドオンショア。海面はガタガタで、どれが波だか分からないコンディション。それでも見ていると乗れそうな波が来るし、天気は良くて気温は暖かいを通り越して暑いくらい。たまにはこういうのも面白いかとウェットに着替えてゲットウェットしました。

次々とやってくる白いスープと強いカレント、ある意味ハードなパドルアウトです。うねりが何本も通り過ぎると、立ち上がった波のトップが風で崩されて自分のまわりが、いちめん真っ白に泡立ってまぶしいくらい。こういうときにいつも思うのは、「ビールの泡みたいだあ」

沖の波待ちポジションにたどりついて、乗れそうな波にパドルしますが、風波はむずかしい。大きく立ち上がったと思ってパドルを始めると、次の瞬間には小さくなってボードの下を通り過ぎていったり、突然掘れて引っくり返り、となかなか上手く捕まえられません。

それでもだんだんとやり方が分かってくると、面白くなってきます 笑。

ボードはプリモの8’4”。パドルが速いので荒れた海面でも沖に出やすく、急に掘れたり緩くなったりと忙しい状況の風波に素早く反応してくれます。緩いセクションでも滑ってくれるので、先へつなげてロングライドできます。

ただひとつ。いつものパドルポジションではノーズがもぐるので、気持ち後ろでパドル&テイクオフです。このプリモの8’4”、乗っていただいている方にはいつも言ってますが、パドルポジションは気持ち前寄りです。この辺かなあと思うところよりも少しだけ前。それだけで滑り出しが変ります。

パドルアウトは大変だし、横へ流される波待ちはいつもパドリングで楽しいことこの上無いのですが、カラダに疲労感がたっぷりなのは、前日、前々日のランニングと体幹トレーニングのせいかなあと思いつつずっとパドリング。立ち上がったら立ち上がったで、モモにやっぱり疲労感。

基本的な体力が無くてパドルする腕が上がらなくなる感覚ではありません。カラダは動いているけど、筋肉がそれぞれ「疲れました」「疲れてます」と言っているような感じ。足腰も同じくです(腰がイタイのは仕方が無いのですが)。

先週も似たような感じで、カラダの回復が遅くなっているのを頓(とみ)に感じるこの頃です。

たとえば、サーフトリップに行って毎日波乗りしていると、だんだんと調子が良くなってくるということは良く言われます。私も実感したことはあります。

でも最近思うのは、毎日波乗りしていたら、だんだんと疲れが溜まって調子悪くなるじゃないかということ。

逆転現象です。超回復なんて遠い昔のことのように思えてきます 笑。かと言って何もせずにいるとさらに調子が悪くなるのは目に見えています。

試合の日程が決まっているようなスポーツなら、調整のスケジュールも立てられますが波乗りはそれが難しい。「明後日、良さそうだから今日はカラダ動かして、明日は休ませてから明後日は海」なんて考えても、急に「明日良さそう」に変わったり、明後日は波がダメになったり。

回復を計算に入れてベストな体調で海へ入るのはなかなか難しいのです。

それで、若いもんはいいなあ(笑)と大谷選手の大活躍をテレビで見ていたら、あることに気が付きました。気が付いたら、それが正解なような気がしてきました。

プロのスポーツ選手、野球、サッカーなんでも同じですが、「引退」というものがあります。その理由は、体力的なものや故障などの原因でプロとしてのパフォーマンスが難しくなって、観客やファンの期待に応えられなくなってしまうからです。

気が付いたのは、そもそも自分はそんなパフォーマンスしてないでしょ、ということ 笑。昨日みたいに疲労感たっぷりの日でも、体調ばっちりの日でも違うのはたぶん自分の気分くらい。

多くのプレイヤーの中で自分か他わずかな人しかできない、というようなパフォーマンスができる人が疲れていたり、衰えたりすれば回りの人は気が付くかもしれません。

ボトムターンとトップターン、カットバックくらいのサーフィンで、いくらかったるくても、体調ばっちりでも、はたから見れば違いは分からない。歳取ってカラダ動かなくなったなあと思っても、動かないなりに出来ていれば自分のレベルならそんなに変わりは無いでしょう。

そもそも誰かに見てもらいたい訳じゃありません。自分なりに満足したいからトレーニングだってやっているはずなのだから、今まで通りこのままで良いんじゃないか。

体力と体型をキープして、波があれば海へ行って、その日の体調に合わせて波に乗ればいいのです。それが私の波乗りライフだと思います。安心してこのまま続けていくことにいたします。

そんな訳で、トレーニングの素が今年も1トン届きました。


これから薪割りです。しばらくのあいだは海の中とこのブログで、「コシが痛い」と言ってることと思いますのでよろしくお願いします。

デザイナーは夏のお楽しみ用に、こんなショートジョンを作ってみようと考えています。デザイナーは私で、着るのも私。

普通のショートジョンよりも、首回りと脇まわりを大きくとってもらいます。タンクトップみたいな感じです。その分、首や脇から水が入りやすくなりますが、機能よりも雰囲気です。カラーは見頃がスレートブルーで、裾のストライプが白。

コンセプトはオールドタイマー。

実を言うと近年、おっさん(私)はトランクスの出番少ないです。タッパーやベストだと腰が冷えるので、夏でも風が吹いていたりするとショートジョン着ることが多いです。さすがに暑いときもあるので、水が入ってくる方が気持ちが良さそうです。

デザインソースはこの方。オールドタイムでしょ。

まったく同じは難しいので、ショートジョンで挑戦してみます。

ボードもウッドは無理なので、こういうのに乗ります。


GW前にはサンプル出来てくると思うので、こういうのお好きな方はお楽しみに。もちろんオーダーで作ることができるようにいたします。



3月が妙に暖かったので、春の花の盛りはそろそろ終わり。菜の花の黄色もだんだんと少なくなってきました。昨年は症状が軽くて治ったかな~?と思っていた花粉症は、ヒノキ花粉の飛散量がものすごいらしく、先月末からしっかり鼻づまりです。それも3月に暖かい日が続いたせいらしいです。

でも、どうやらスギ花粉の方はスルーできるようになったみたいです。ヒノキも西の方から終わりに近づいているようなのでもう少しの辛抱です。

今朝はトレイルじゃなくて、里山ランニング。トレイルでは登り下りの足腰のトレーニングですが、走りやすい里山はスピード。スピードを維持しながら心拍数を上げて走るのが気持ちいいのです。天気もいいし。

草がすきこまれて、土が見えている田んぼは、田起こしされているところです。GW頃から水が入って、田んぼの風景になってきます。川崎市ですが、最奥地にはまだこんな景色が残ってます。


8キロくらい走って自宅へ戻り、体幹とパドルをいつもより多めのセット。これをやっておけば、海はいつでもOKです。

アルコールは相変わらず飲んでおりません。酒のことはほぼ忘れつつあります。体重は64㎏。いつもなら、年末から正月に増えた体重を減らさなきゃという時期ですが、それもありません。体重はずっと維持しています。

腰痛はまだちょっとありますが、コンディションは良いです。

明日も走ります。



数日前のコメントで、デイル・ドブソンのフィン、と書きました。DD、最近はあまりその名前を聴かなくなったように思います。90年代のロングボードリバイバルの頃には、ビデオなんかに良く登場していました。

サンディエゴのサーファーで、スキップ・フライなどと同じようにリスペクトされているサーファーです。クリステンソンもDDのフィンを良く使っていました。

ボードのカラーリングもマニューバも90年代です。









Visitor Map
Create your own visitor map!