MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
6 8
15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/07)
(11/05)
無題(返信済)
(11/03)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
徳島のオーくんとアサちゃんから、こんなものが届きました(オーくんとアサちゃんは、こうのとりだと思います)

イラストになると簡単そうですが、コットンの表地と、柔らかくて伸縮性がある裏地をきれいに縫い合わせたり、ストライプをきっちりと合わせるのは熟練の技です。

裁断も縫い合わせるのも、重要なのは人の手です。細い生地を7本縫い合わせるボーダーになると微妙に合わないことも出てきます。

そういうときは合わない部分をほどいて、幅を合わせて縫い直して行くことになります。時間がかかれば、その分皆さんのお手元に届くのが遅くなります。正確に滞りなく、やっぱり熟練の技術から作られているトランクスなのです。


明日は定休日、シェイプルームへ行ってきます。

AXXE CLASSICオーダーキャンペーン、10月21日までです。

ZERO、STEAMER、AIDENTIFYもオーダー料無料です。サイズと目的に合ったウェットスーツをお作りします。ご相談は、店頭、メール、お電話でいつでもどうぞ。
皆さんも同様だと思いますが、波乗りしたいです。抑えきれないくらいやりたい。海水に浸かって、パドルして、波の下を潜って、波の斜面の高いところから滑り降りて、波の壁を滑って行きたい。

やりたいことが山ほどあるんです。

そのひとつ、フィッシュ。最終的にこれが自分のになりました。

出来上がりをじっと待って、出来上がったとたんに波が無くなりました 笑。5’8”から短くした5’6”です。このずんぐりしたアウトラインを見ているだけでたまりません。

そして、フラットなデッキに厚いダウンレール。このボリュームがあるレールをフラットなデッキで踏み込んだらどんな反応が返ってくるんだろうと、ワクワクしとります。

それから短いピグ。8’3”のDフィン。


上の画像だといっちょまえに見ますが、こんなんです。

ロッカーはDフィン三本とも同じです。アタマ一つと言うのか、並べるとかなり短く感じますが、レールは隣のホワイトピグメントのピグよりも丸く太くて、センターも厚いのです。

この8’3”、いったいどんな感じなの?というこの気持ち、お分かりいただけるのではないかと…。

ニーボードもやりたくてムズムズです。あんまり得意じゃないレギュラー側を克服しようと、イメトレやらそっち側の体幹をやってますが、やっぱりイメトレじゃあねえ。

それから、これも。もう少し大きな波で使ってみたいです。



と、ここまで衝動的に書いてしまいましたが、こうやって見て思ったのは、ひと回りしたなあということ。それもいい感じに。

ロングボードからフィッシュやレトロなシングルフィンに移っていったのは2002年ごろからですが、ロングボードを一本も所有していない時期もありました。

我ながら、偏ってたと思います。

それが、5年ほど前からロングボードにも戻ってきました。若いころ、それを見て波乗りを始めたDフィンですが、今はそればかり乗っています。ロングボードはいちばん最初の場所へ落ち着いたということです。

それにフィッシュとニーボード、レトロなシングルやエッグなど、今はいろいろとバランスよく楽しんでいます。

トライフィンは途中で消えましたが、ホットマンゴーのトライはとりあえず持っていてもいいかなあと思い始めています。昔好きだった、大きなフィッシュももう少しすればシェイプが始まります。

15年でひとまわりして、それぞれのキャラクターも理解して、自分の周りには好きなものが残ったような感じです。

これからは、偏らずにどれも楽しんでいけると思います。

ですので海の神様、ぜひ波をお願いします。


2004年です。この辺から始まってます。あと、GLASS LOVEですね。


2005年のフィルム。変化と新しい動きが始まったのはこの頃から。



先日開催された、JPSAロングボードツアー第五戦 茅ヶ崎プロでの石坂プロのライディング。烏帽子岩をバックにノーズライドの図です。


エッジがないソフトレール、重たいシングルフィンのログでこのボトムターンがどのくらい難しいか、同じスタイルのボードに乗っている方ならお分かりいただけると思います。


他の選手がコンペ用の長いショートボードのようなボードでマニューバするなか、ひとり9’8”のPIGで出場して予選落ちしてきたそうです。


動きはゆっくりですし、細かい動きはできないログはコンペでは評価されないのでしょうけど、スタイルはどこを切り取っても絵になります。


次はぜひDフィンで。

10日くらい先までの気象予報を見ていますが、しばらくは波が立つ兆候はありません。今年は台風の発生件数が多いと話題になっていたのが、25号でぱったり止まってしまいました。しばらくは波無しが続きそうです。

だからと言ってストレス溜めても仕方ありませんから、カラダ動かしておきましょう。

SUPやる人なら、こういうときはひたすら漕ぐんでしょうか。私は変わらずランニングと自重トレーニングやってます。今朝はロッキー5まで階段をひたすら上り下りしてから、体幹もろもろ。

加齢とともに衰えは感じてますが、とりあえず調子はいいです。

ボードのリペアやウェットの準備も今のうちにやっておきましょう。波が続いたせいか、リペア工場混んでます。ウェットの出来上がりもそろそろ時間がかかるようになってきています。

AXXE CLASSICのオーダーキャンペーンは来週末までやってます。プレミアムブラック、まだOKです。ZERO、STEAMER、AIDENTIFYも三週間ちょっとかかるようになっています。

気温が下がって急に必要になっても、すぐには出来ませんのでお早めの準備を。これからのお楽しみの南岸低気圧のシーズンはもうすぐです(=寒くなりますということです)

季節は確実に変わってます。静かな冬の海もなかなかいいもんです。

勝手なイメージですが、夜明けの冬の海というとこの曲が思い浮かびます。







BONIITA 5'8"が出来上がりました。店頭でご覧いただけます。もちろんお持ち帰りOKです。カツカワミナミサーフボードはカスタムオーダーが基本ですが、オーダーの参考に手に取ってみていただけるように、何本かはストックしておくようにしています。

長さ、幅、厚みの数字だけじゃ分かりません。たとえばレールのボリュームをもう少し減らしてなどなど、オーダーに際してのご要望は実際にボードを触っていただいた方が分かりやすいと思います。

今回のBONITAは、セージグリーンのティントでラミネートしました。セージというのはハーブのなかのひとつで、にんにくと一緒にお肉に貼り付けて焼くといい香りでお肉がさらに美味しくなります。その葉っぱの裏側の色です。ストリンガーはやっぱりダークウッドのウェッジストリンガー。引き締まります。


フラット気味のデッキと活さんお得意のボリュミーなダウンレールの組み合わせです。踏み込んだときのレスポンスはこのレールが生み出しています。

10数年前、2000年代の初め頃にフィッシュが爆発的に流行した時期がありました。その当時は、フィッシュはいつも乗っているボードよりも、4~6インチ短めを選べと言われていました。「いつも乗っているボード」というのは、ショートボードに乗っているという前提です。

当時と比べるとハルやミッドレングスなど、ショートやロングというカテゴリーでは分類できない、いわゆる「オルタナティブ」と呼ばれるカテゴリーのサーフボードが広く普及していますから、この4~6インチ短めという選択基準は今ではそれほど気にしなくてもいいと思います。

それでもフィッシュは表記されたレングスサイズ以上のフレンドリーさがあることは昔と変わりありません。なにせ、この私が5’6”に乗ろうなどという気になるくらいです。

ショートボード乗りの方は、BONITAなら5’4”~5’6”で十分です。幅や厚みのバランスで調節することができます。それでも浮力過多に感じるかもしれませんが、フィッシュも含めオルタナティブボードはその浮力の感触も特長のひとつです。そういう部分も楽しむ必要があります。

7フィート前後のミッドレングスに乗っている方なら、5’8”~5’10”くらいあったほうが馴染みやすいと思います。BONITAなら5’8”でOKです。

ロングボードに乗っている人は…と言いますと、短いボードの経験があるなら別ですがロングオンリーで来られた方にいきなり5’8”は、やっぱり難しいと思います。そういう方が相談にこられたら、昔からまずお勧めしているのは、まず6’8”のMINIで楽しめるようになってくださいということです。それもシングルフィンの方がいいと思います。

6’8”のMINI(7’0”~6’8”くらいのPRIMOでもいいか)で乗れるようになってからフィッシュにすすむ方が最終的には近道です。フィッシュに乗り始めても、MINIもPRIMOも違う感覚で楽しめますので、そのまま持っていても乗らないボードにはなりません(いきなりフィッシュ、という方が乗らないボード(フィッシュ)になる可能性大です)

MINIもPRIMOもフィッシュは別に置いておいて、それぞれに楽しいボードです。途中でフィッシュのことは忘れてしまうかもしれませんが、むしろそっちの方がロングボードからの移行としては成功ではないかと思います。フィッシュは思い出したときにチャレンジしてください。

私なんか、15年かかって5’6”ですから 笑。


あともうひとつはフィンのことです。

お気づきだと思いますがBONITAのフィン、シングルフォイル(片面フォイル)とダブルフォイル(両面フォイル)があります。うちでストックとして作っているのは、ダブルフォイルばかりです。

ダブルフォイルは、ロングボードやトライフィンのセンターフィンと同じで、フィンの両側が曲面になっていて、ボードに垂直に、進行方向に向かって真っすぐに取り付けます。

曲がることはあまり考えられてはいないセッティングです。それでも、レール近くにツインフィンの形態で取り付けられているので、シングルフィンを想像していただくと、シングル以上には運動性能はあることは想像できると思います(ネットの動画で見たことあると思います)

シングルフォイルはその運動性能を(ある程度)進化させています。フィンの内側はフラットでフィンは一定の角度で(より曲がりやすいように)取り付けられています。

どちらもチョイスできます。

私の場合は、運動性能よりも「ダブルフォイルの真っ直ぐ滑る感の気持ち良さ」なので店置きもダブルフォイルなのですが、そのへんの違いもあったりします。

画像は22号のうねりにBONITAの5’4”でテイクオフするたくまくん。波のサイズはボトムまでの距離、後ろのリップ、真っ白なインサイドでご想像ください。きれいに乗ります。



もう一本のBONITAフィッシュ5’6”は、行き先が決まったので私の新しい相棒はこちらのカラーになりました。ありがとうございます。

嬉しいのははじめに5’8”で乗っていただいて、次にもう少し短いのをという方が多いこと。私もそのひとりですが私の場合、この5’6”の次は 6’8”。そういう人もいます。

私は 5’8”の方がいい、という方はもうすぐ2本ほど出来上がってきますので、もう少しお待ちください。

フィッシュも楽しみです。


6年前の今日も髪を切っていたらしいです。


34年前の今ごろにはこのアルバムをよく聴いていました。当時の空気感を思い出してしまうのは、音楽のチカラですね。



白紙のオーダーシート。ロングボードやフィッシュ、シングルフィンもニーボードもサーフボードはこのオーダーシートを前にして、さてどうしよう?というところから始まります。

何をシェイプするのか、サイズ、使う人の体格、シェイプの希望などなど、シェイプする上で必要、参考になると思われる情報を書き込んでいきます。

今回のオーダー者は私。私が乗るのではなく、ショップへ置くためのロングボードを作ろうと考えています。

決まっているのは今はまだ「オンフィンのPIG」ということだけですが、今回もフォームから作っていこうと考えているので、早めに決めなくちゃいけません。

今回は、ストリンガーにカラーフォームをからめて使ってみようかと考えていますが、その時点ですでにサーフボードのラミネートのカラーにも関係してくるのがお分かりいただけると思います。

ストリンガーをカラーフォームではさむか、はたまたカラーフォームをストリンガーではさむか…

そして、フィンの色もからませます。たいていの色に合うブラックにしておけばとりあえずは問題は無いかもしれませんが、これまで黒か白ばかりなので、違う色に挑戦してみたいのです。カラーフォームとの組み合わせなは、みなさんのカスタムオーダーの参考にもなると思います。

フォームの発泡密度とラミネートの組み合わせで、出来上がりの重量が変わってきます。軽くするつもりはありませんが、何もかもコテコテのクラシックな材料にしたら、持ち運びも大変というようなボードになってしまいます。そうでは無く、ある程度予想をたてつつ材料を選んで、結果(出来上がりの重量)を検証してみようと考えています。

ヘヴィー級でも面白そうですが、出来上がりの重量を調整してみたいというのは、使うフォームがこれまでと違うものを使おうと思っているからです。クラシックなログでは、カスタムオーダーのご相談をいただいたときに、出来上がりの重量を予測できることも必要です。

ポジティブな言い方をするなら、今までよりも選択の幅が広がったということですが、やっぱり始めはいろいろと悩ましいです。

活さんが持ってきた新しいブランクスです。ロッカーはやっぱりフラット。ストリンガーを頼む前に一本試してみようかとも思います。
お知らせ:10月8日(月・祝)はお休みいただきます。よろしくお願いいたします。


明日はオフショアに変わる予報ですが、残念ながら波もダウン。しばらく続いた波も、ひと休みです。画像は明日の午前6時の予想。潮回りでなんとかできそうですが、ロングボードの方がベターかも。

南の海上に変化が起きそうな気配はしばらく無さそうです。台風が出来たら出来たで、いろいろと心配ごともありますが、波も無くなります。

やっぱり波乗りしたいし、なかなかムズカシイもんです。

波が無い間は、カラダをきっちりキープしときましょう。私の場合はトレイルを走ることと体幹、そして最近始めた、肩甲骨のあいだの背中を鍛えること、これパドルに結構効くんじゃないかと実感しています。

それから、ボードのメンテナンスです。ボードのリペアや、新しいボードが欲しくなった方はいつでもお気軽にご相談ください。(昨日のPIGとFISHはこちらへアップしました)

これから必需品のウェットスーツの準備もお忘れなく。サーフボードも重要ですが、カラダに合った動きやすいウェットスーツはパフォーマンスの基本です。AXXE CLASSICのオーダーキャンペーン開催中ですので、そちらもいつでもご相談ください。

夏の間はスローでしたので、その分波乗りしたくてたまらない秋です。だんだんと気温は低くなってきますが、これからまた面白くなってきます。

個人的には、いつも海の中で思い出す耳栓を忘れないようにしようと心に誓っています(春ごろに買ってから、忘れてばかりで結局まだ使ってない…)

ニューボードが出来上がりました。サーフボードのサイズやシェイプデザインを考え、散々悩んでやっと決めたカラーをオーダーシートにまとめ、シェイパーさんに「作ってください」とお願いをして、じっと待つこと三か月。

ショップの店頭に並んだものから選ぶのもいいのですが、オーダーボードが出来上がったときの嬉しさ、ワクワクはカスタムオーダーならではのものだと思います。いくつになっても子供みたいにはしゃいでしまいます。

カフェラテ ティントと呼ぶことにします。


店にあるもう一本、同じ5.6でエクストラバージンのオリーブオイルカラーのBONITAがありますが、どちらかを自分で乗るフィッシュにしようと作りました。

少しだけ悩みますが5.6のBONITA、気になっている方がおられましたら、先に選んでもらってOKです。私はどちらでもOKなので、残った方でという消極的選択にいたします。シェイプも少しだけ変えてもらってますので、触りに来てください。BONITA、しばらくは寝かせておきますので。

BONITAはこの後、5’8”が二本入荷します。今月中には出そろう予定です。

そして、もう一本も待ちに待ったMINI PIG。これはお譲りできませんので 笑。

ピンク色のティントでラミネートして、サンディンググロス仕上げにしました。サンディングのあと、トップコートをかけてバフの一歩手前でのフィニッシュです。バフ仕上げのピカピカをおさえた独特の風合いに仕上がります。

フィンはもちろんこれ。ピンクに合わせて、ホワイトのDフィンをグラスオンしました。


レールは昔風のボリュームがある、50/50レールにしていただきました。丸いです。


いまどきのシャープなモダンな感じのシェイプではなく、ぽってりした60年代風のシェイプです。そっちの方が好きなのです。

ロッカーはフラット。これまでのPIGに使ってきたのと同じです。

サイズは、8’3”1/2 x 22”1/2 x 3”1/8。

60年代のビンテージにも同様の長さのものはあります(幅は狭いです)ですので、特に新しいというわけではありませんが、私としては初体験のこのサイズのDフィンのPIGです。いったいどんな感じなのかかなり楽しみです。

店に置いてますのでお好きな方々、どうぞ見に来てください。

連休明けに少しでも波が残れば、早速乗ってみたいと思っていますが、小波でも楽しめそうなボードだという予測だけは外れじゃないと思います。

FISHとPIG、どちらもかなり楽しみな幸せな私です 笑。
Visitor Map
Create your own visitor map!