忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Mexico from UFA Films on Vimeo.


ロングボードの素敵なショートクリップです。こういう波だったら足は自然とノーズへ向かいそうです。

今使っているDフィンのログは、特にノーズライドを考えて作ったというわけではありませんが、大きなフィンのおかげかノーズへ出ても結構安定感あります。ノーズ幅もいわゆる’ノーズライダー’として作られているものよりも細めです。でも、幅広のノーズよりも細めのノーズの方が波とのフィット感が強いように感じます。コンケーブではなく(しかも)細めのノーズの感触もいいもんだと思います。

次のロングボードもDフィンで、ノーズをさらにハーフインチ狭くしています。今度のもノーズコンケーブは無しです。ノーズライダーのロッカーもそのうち乗らなくちゃいけませんが、しばらくはコンケーブ無しのフラットロッカー + Dフィンでノーズ狙いたいと思っています。


しかしこの映像のサンウドトラック、懐かしいです。2001年の名作「SHELTER」で使われていた音楽です。

2001年というと、この店を始めたばかりの二度目のフレッシュマンでした。SHELTERやアンドリュー・キッドマンのLITMUS、そして70年代の古い映像を見て現在オルタナティブなどと呼ばれているカテゴリーのボードに自分もトライしはじめた頃です。

翌年の末にはクリスのフィッシュに乗り始めてますが、活さんのボードと出会ったのもこのころ。やっぱり懐かしい 笑

SHELTERは、「MOONSHINE COSPIRACY」というところからリリースされましたが、のちにジャック・ジョンソンを世に出すきっかけになったり、ラグナビーチのサーフギャラリーで開催していた「MOONSHINE FESTIVAL」というイベントを日本へ持ってきたものが、今では毎年恒例の夏の始まりの行事のようになっている「GREEN ROOM」です。

活さんは自分のシェイプをよく、「50からの手習いです」と謙遜されますが、それまでサーファー/シェイパーとして活動されてきたのが、よりシェイプに専念しはじめたのもこの頃ということになります。

自分自身のことも含めて、今のサーフカルチャーの芽があちこちから出始めていたのがこの時代だったのかもしれません。







PR

夏のウェットスーツが出来上がってきています。オリジナルシリーズの黒無地。スキンのロゴなしショートスリーブです。丸首で作りましたが、襟付きも作ることができます。

トランクスと組み合わせて今まさにシーズンのタッパーなのですが、まだ8月には間に合います。ムネが擦れる、背中が日焼けしてイタイ、長く入っていると微妙に寒い、というような方はオーダーお待ちしております。

たまにタッパーは既成サイズの吊るしで十分という方もいますが、たかがタッパーかもしれませんが身体に合っている方が絶対的に機能的には優れているに決まってます。腹回りがきつい(笑)ともう苦しくなっちゃうもんです。

フルオーダーでも価格は同じですし、ラバーの原反を切って縫っての作り立てはやっぱりいいもんです。

ロゴなしのウェットシリーズは、茨城のSTEAMERウェットスーツさんに作ってもらっています。DTラバーというコシがあって柔らかくてよく伸びる、いい素材使っています。柔らかいだけのラバーじゃありません。

地味に展開しておりますので、価格も抑えられております。決して爆安ではありませんが、着ていただければコストパフォーマンスはお分かりいただけると思います。

これは私がずっと愛用しているベスト。エクスタジャージというスキンよりも高いジャージです。

生地がいいのはもちろんですが、このスレートブルーというカラージャージ、たいていの色と相性がいいのです。赤、青、黄、緑、ピンクだってOKです。ブラックラバーばかりじゃなくて、こういうのもアリだと思います。

9月になれば、長袖ジャケットの出番です。ロングジョンとセットアップで作っとけば、12月頃まで使えます(湘南です)セットアップも同じ生地素材ですが、こちらは爆安(笑)だと思います。

秋から初冬まで、これは結構計画的じゃないですか。STEAMERオリジナルスーツはこちらをご覧いただいてご不明な点はお気軽におたずねください。

ビーバーテールも作りますよ~。

昔ながらのココナッツの香りのSEX WAXが入荷しました。やっぱりこの二色が良く出ます。

まだ、ひとつ200円で頑張ってます(SEX WAXは店頭販売のみです)FU WAXもありますよ。









ポール・ウィツィグ監督の三部作、「HOT GENERATION」「EVOLUTION」「SEA OF JOY」をまとめた、PAUL WITZIG TORILOGYが入荷しました。

DVDが三枚入っています。


VHSビデオの時代から繰り返し見ている作品ですが、デジタルリマスターされて、きれいな映像で見ることができるようになって嬉しい限りです。

67年、69年、71年に制作されたこの三つの作品ですが、時代がちょうどサーフボードの変革期で、ロングボード、トランジション、ショートボード(今で言えばオルタナティブと言うんですか?)の時代をたどる映像作品となっています。三つの作品を見ることで、60年代後半から70年代にかけてのサーフィンを見ることができるので、三作でワンセットというわけです。

「HOT GENERATION」67年 75min ロングボードの最後の時代。グリノウフィンを使ったナット・ヤングがワールドチャンピオンになり、サーフボードがどんどん短くなる直前の時代です。作品の最後の方では、トランジションボードも登場しています。ロングボードの形は洗練されていて、いまのクラシックスタイルのロングボーディングに近いものがあります。私が最近気になっているDフィンではなく、レイクフィンの時代へ移行したロングボードです。

「EVOLUTION」69年 78min 活さんが米軍のベースに潜り込んでリアルタイムで見たという作品です。ボードは8フィート前後に短くなっていますが、後半へ進むにつれてさらに短くなっていくところが興味深いところです。8’4”から7’3”のプリモ(もしくはMINI GUN)へ、という感じです。今で言えばミッドレングスのサーフィンと言うところでしょうか。

「SEA OF JOY」71年 71mini ボードはショートボードへ、と言っても今のスラスターではなくシングルフィンです。テッド・スペンサーの5フィートちょっとのスタンディングスプーンにも注目です。見ていて気が付くのは、短くなったサーフボードに対応できていないサーファーがいること。ロングボードの時代のビッグネームが、ときとして「あれれ?」というサーフィンをしていたりします。ボードのデザインもさまざまで、変革の時代だったということが伝わってきます。

それぞれ面白い作品ですし、順番に見れば時代の流れを感じることができる三部作ということと、三篇を通して感じるのは、ウェイン・リンチすげーということです。

PAUL WITZIG TRILOGYはこちらからどーぞ。

もう何度も貼り付けてますが…














7’2”のMINI GUNが出来上がりました。いろいろなコンディションで使えそうなシングルフィン。それにしても速そうです(MINI GUNについてはこちらをご覧ください)

ボードはもちろん素敵なのですが、今回はカラーリングに注目してください。デッキがブルーでボトムはイエロー、そしてレールがグリーンの三色使いです。でも実際に使った色は二色。ブルーとイエローです。

もう、お分かりだと思います。デッキとボトムのカラーがレールで重なり合って、三番目のカラーを作り出しています。絵具の青と黄を混ぜると、緑になるのと同じです。

樹脂が混ざっているわけじゃありません。透明感があるティントのカラーなので、重なった部分が混ぜたのと同じ発色になっています。イエローの部分をレッドにすると、レールはパープルになることでしょう。ラミネートの工程を利用した面白い着色方法です。

もちろん色を重ねないようにラミネートすることもできます。その場合は二通りのパターン、デッキとレールがブルーでボトムがイエロー、もうひとつはデッキがブルーでレールとボトムがイエローです。

意図的に色を重ねて、発色の色合いを予想して楽しむラミネートですが、不透明なオペークだと同じ色合いでも雰囲気は変わりそう(オペークの層の上にティントの層を乗せないとダメです)で、組み合わせをいろいろ考えて、予想しながらやってみるのも面白いと思います。



ボードとカラー、いつでもご相談ください。しかし、かっこいいですねコレ。




ブランクスはまだですが、先にフィンが出来上がりました。BIRDS CREATION謹製のDフィン。新しく作ろうと思っているログにグラスオンします。


前回のフィンよりも少しだけベースを狭くして、高さを増やしました。レイクは小さめにして、よりピヴォット的な動きをイメージしてみました。

カラーはご覧の通り、白のピグメント。ライトブルーのピグメントのラミネートにグラスオンされます。取り付ける位置はテールの一番後ろ。

こうやってフィンを見ていると、その形、色、取り付ける位を想像してみると、ボード全体が思い浮かんできます。このフィンにふさわしい、クラシカルなログです。

ワクワクしてきます 笑。

昨日、二本のブギーのシェイプが出来上がっていました。





ボリュームが少し違うだけで、長さや幅、全体のバランスなどは同じモデルですので、ほぼ同じ。同じモデルなので当然です。

同じ形のはずですが、二本を見比べるとなんとなく雰囲気が違うような気がしませんか?

違いはテール。大きなスワローテールの一番端っこの形状を良くみてください。下のブギーは、テールの角を丸くとってあります。壊しそうだから角を丸くしてください、というオーダーいただいた方からのご依頼です(その気持ち良く分かります 笑)

テールエンドの形がほんの少し変わっただけですが、全体の雰囲気もなんとなく変わって見えてくるから面白いものです。それは、ディテールの集合体が全体だということだと思います。私は自分で結構細かい人間だと思いますが、細部にこだわるのは意味があることなのです(笑)。

こちらは、BONITAフィッシュ用のブランクス。ディテールはストリンガー。ダークシダーのストリンガーです。

濃い色のストリンガーが一本、ボードの真ん中のアクセントになります。バスウッド(通常使っている白っぽいウッドのストリンガーです)はバスウッドで、ラミネートのカラーで違う雰囲気に見えたり、白っぽく仕上げるのも好きだったりと、サーフボードのディテールのひとつになる部分です。

ラミネートで追加のクロスを入れて、そこから生まれる色の濃さの違いや、その形をアクセントにしたりすることでもサーフボードの雰囲気は変わって見えるものです。

ロングボードをはじめとして、ミッドレングス、オルタナティブ系のボードを作るときの楽しみの一つでもあります。


ちなみに、上のBONITAのダークシダーのブランクス、もう一本ありますので、もしダークシダーのストリンガーでフィッシュ(フィッシュ用のブランクスなのです)を作りたいという方がいましたらご相談ください。ブランクスから作る時間をセーブできます。






忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!