MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

ナルトトランクス、今のオーダーで7月末の出来上がり予定です。トランクス、ウォークショーツ、まだまだ夏に間に合います。ご相談はお気軽にどうぞ。




私の新しいロングボード。何人かの方に見に来ていただいていますが、口をそろえたようにその仕上がりと発色の美しさを皆さんにお褒めいただいています。全く私の手柄ではありませんが、嬉しい限りです。

クロス一層のボトムのピノノワールから始まって、レールからデッキへとクロスが二層、三層と重なることで熟成が進むワインのように色が変化していきます(適当に言ってます…雰囲気だけでお聞き流しください)

濃い色ではサンディングの技術も見えてきます。曲面通りの形に回りの景色が映りこむボードの表面はサンディングの正確さを表しています。仕上げのポリッシュの光沢は表面を布で拭いたときに違いがはっきり分かります。同じような光沢に見えても、布で表面を拭くときの抵抗がまるで違います。びっくりするほど滑らかな手触りなのです。

サーフボードは飾っておくものじゃありませんから、いくら美しく仕上げても、じきにワックスを塗られて踏まれた跡が付き、夏の日差しにもさらされて熱にもやられます。たまに見かけますが、真夏のカンカン照りで車のルーフにサーフボードをケースに入れずそのまま載せて走っているのを見かけますが、あれば日が当たる車の中に放置するのを同じくらいにサーフボードにダメージを与えます。大切なサーフボードです。せめてケースに入れてあげてください。

話が反れました。そうやって海で使われるサーフボードですが、自分が考えたイメージ通りに出来上がってくるのはやっぱりうれしいものです。そうやって出来上がってくるのであれば、サーフボードを作るときのモチベーションも上がるというものです。

新しいロングボードはコシくらいのきれいな波のときに使ってみようと思います。きれいな今のうちにぜひ見に来てください。

もうひとつのモチベーションはこのボードです。


クラシックボード好きな私ですが、その中でも一番クラシックに出来上がったDフィンです。この形、見て下さいな。


股関節を痛めてしばらく封印していましたが、もう大丈夫です。22インチ幅、まん丸のレール、フラットロッカーにDフィンはなかなかパワーが必要ですが、チカラ任せじゃない乗り方を研究してみようと思います。

当分のあいだはこの二本が楽しませてくれそうです。でも今、次のロングボードの構想も湧いてきております。材料の仕込みに時間がかかるので早めに準備に取り掛かります。

サーフボードのオーダー、いつでもご相談ください。満足いただけるもの作ります。

今日はこんな気分。旅の途中、夏の暑い日、風に吹かれながら真っすぐな田舎道を走っていくような曲です。何を感じるかはその時、その人次第。オリジナルはウディ・ガスリー。ボブ・ディランやバーズもカバーしてますが、この方のカバーが好きです。


BYRDS版。


6月10日(水)、11日(木)はお休みをいただきます。よろしくお願いします。




季節はそろそろ梅雨入り。里山の田んぼは水が入って田植えも終わっています。コロナのせいで、春という季節はすっかり飛んでしまって、もう梅雨の季節です。

私はベアフットシューズで野山を駆け回っています。大きなヤマザクラの切り株です。薄いラバー一枚のソールには穴が開いてしまいましたが、そもそもが裸足なので全然気になりません。靴下に穴が開いたみたいなものです(違うか)


ランニングは一番簡単に身体をキープしてアンチエイジング効果もある運動だと思います。ただ走るだけですから、どこでも誰でもできます。簡単です。長距離を走ることはヒトに生まれつき備わっている能力のひとつです。ベアフットランニングのバイブル「BORN TO RUN」ではヒトは本来走るために生まれたと書かれています。

走ることで呼び覚まされる本能みたいなものがあると思います。裸足だとさらに野生に近づけそうな気がしています。

おっさんは走れ、そして波に乗れです。よくわからんばってん。

走っていても季節を感じるの忘れちゃいけません。ヤマボウシの花。


何の花だか知ってますか?

これ、ニンニクの花です。匂いは花の香りじゃなくて、ニンニクの香り。ニンニクの花のつぼみは食べたことありますが、これは食べられるのかな?

ホタルブクロも咲き始めました。


近所の川へ夜の散歩。夜走るのは苦手なので散歩です。


ふわり、ふわりとホタルが飛んでいるのを捕まえました。写真に撮れませんがたくさん飛んでいます。都会ではなかなか見られない光景になってしまいました。子供の頃を思い出します。


今週にも梅雨入りするのかな?梅雨どきの波は梅雨前線の動きと位置に注意していると良いことあります。

それではまた明日です。
90年代のクラシックロングリバイバルの一翼を担ったタイラー、今も変わらないスタイルです。


オーダーいただいた、ミニミニのシェイプの模様です。まず最初はデコボコしたブランクスの表面を削り取って、フラットに均すことから始まります。きれいに平らになったところで、ボードのサイズに合わせてマーキングしていきます。


レングスと幅の基準となるポイントをテンプレットでつないでいきます。サイズと使用するテンプレットでボードのアウトラインが決まってきます。


ミニミニは、ミニモデルの縮小版エッグなので同じテンプレットを使います。


一番古いテンプレットの部類に入ると思います。使い込まれて、びっしりの書き込みには長年の経験が詰まっています。


アウトラインを引いたら、離れたところから見て確認します。作るミニミは5’8”ですが、使うブランクスは6.8も作れそうなサイズです。

ふた回りほども大きなブランクスの中から、欲しい部分だけを切り抜いて使います。他のモデルでも同様の使い方をしているものがありますが、そんなことをするのは、その部分のロッカーを切り取って使うためです。

大きなブランクスの中のプレーニングエリアを見極めて、その部分を切り取って使います。ミニミニだけじゃなく、他のモデルでも乗っていただいている方にはうなづいていただけると思います。活さんがシェイプするボードは、ダウンザラインで速いと言われる理由の基はこの辺りにあります。

アウトラインに沿って切り抜きます。ひと回り大きなサイズのブランクスから切り抜いたので分厚くなります。ボトムロッカーを良いとこ取りしたからですが、この残された厚みが活さんのシェイプマジックに必要な削りしろです。ボリュームバランスの調整を始め、コンケーブやレールを作っていくのに必要なのがこの厚みです。


今回はアウトラインまで。来週にはシェイプ完了します。


店頭やメールで長さと色を決めて待つだけのオーダーボードじゃ面白くないと思います。自分のボードがどうやって作られていくのか一緒に楽しんでいただけたら最高だと思います。まれにタイミングがまるで合わずに、するっと出来上がってしまうときもありますが、こんな感じでできる範囲でオーダーいただいた方に自分のボードが作られていく過程を見ていただけたらと思っております。

出来上がりが楽しみです。




波はありませんが、駐車場が再開した海。どうしても行きたくなってしまって遊びに行ってきました。

車でいつも通り過ぎるばかりだった海。足を入れてみたら馴染み深い海水と砂浜の感触が嬉しくて、このまま泳ぎ出したくなる気持ちを抑えるのに苦労しました。


最後に海へ入ったときはまだ冬のウェットでしたが、ちょっと泳ぐくらいならトランクスでも大丈夫なくらいの水温です。じっとしている間にすっかり季節は変わっています。

普段ならオンショアの風ですが、今日は気持ちが良い海風です。風と一緒にハマナスの花のいい香りが漂ってきます。


夏のような日差し、暑い砂の感触、ひんやりと冷たい海水、波打ち際、吹いてくる風、やっぱり海はいいですね。

次は波乗りです。

もちろん、シェイプルームへも行ってきました。また後ほど書きたいと思います。



ビーチコーミング2020年版が届きました。最近はなんでもスマホかもしれませんが、車に積んで置くとトリップのときなどに意外と役に立ちます。ご自由にお持ちください。



ブルース・ブラウンのエンドレスサマーを見て、ロングボードをチョイスしたということは以前にも何度か書いていますので、みなさん既にご承知のことだと思います。

それのベースになっているのは、それより先に見たこの映画かもしれません。ご存知、ビッグウェンズデーです。


これを見たのは高校生だったと思います。確か、テレビの水曜ロードショーみたいな番組でのことです。中学生の頃に雑誌のポパイでサーフィンというものを知り、海で遊ぶのが好きだった少年はサーフィンに多いに興味を持っていました。

それで、サーフィンの映画をやるらしいぞと見たのがビッグウェンズデーでした。

そのときにいちばん強烈に印象に残ったのは、波を滑っているサーフボードの上をジャン・マイケル・ビンセントが歩いているシーンでした(実際には、イアン・カーンズかもですが)。

そのスタイルを見てすげーかっこいいと夢中になってしまいました。ウォーキングだけでなく、おそらくロングボードを操っているスタイル全般だったと思いますが、足をスッスッと前に出す動きが特に衝撃的だったのです。

歩いているだけですが、背筋を伸ばしてボードの上を歩くウォーキングのスタイルは他には無いものだったからかもしれません。それがめちゃくちゃカッコよく少年の眼に映ったのです 笑。

きっとそれがサーフィンに対するイメージとして強く残っていたんだと思います。だから、それから10年近く経って、エンドレスサマーを見たときに「これだー!」って、なったに違いありません。

今でもビッグウェンズデーのこの夏のシーンが好きです。人生、楽しかったことしか記憶に残っていない私ですが(笑)そういうのを象徴しているようなシーンです。

最近はあんまり聞かなくなってしまったハワイアンですが、このシーンでスラックキーの曲にもはまりました。そろそろ夏だし、久しぶりにハワイアンのCDを引っ張り出して聞いてみるのもいいかな。

このシーンで使われている曲です。





フィッシュにシングルフィン、波も天気も良くてうらやましい映像です。フィッシュのバックサイドを見ていて思い出したのは、もうすっかりクラシックになってしまったアンドリューキッドマンのGLASS LOVEです。ニールパーチェスジュニアのキラでのバックサイドサーフィンは衝撃でした。

フィッシュ、ミッドレングス、ロングボード、ボードの種類を問わずバックサイドで滑るのは好きです。バックサイドが好きになったのは、初心者のころにバックサイド(レギュラースタンスです)もフロントサイドと同じようにできる方が、波に乗れる本数が増えるなあと考えて積極的にやっていたからです。

波に身体を預けるように、身体を背中側へ開きながらボードに体重をかけていくボトムターンの感じ、身体を進行方向へ開いてかかと側のレールを意識しながら走っていくダウンザライン、波のトップでレールを入れ替える無重力的瞬間に波のボトムをのぞき込む感じ、ひざを入れてフロントサイドのレールを使いながら大きく波のカールへ戻っていくカットバックの感じ。どれも大好きです。

バックサイドの方が波が良いときだってあるし、やっぱりどちらも同じようにできる方が楽しさも広がります。

ニーボードだけは、レギュラー側(右方向)が苦手なのが解消されていないのでどちらも楽しめるようにするのがこれからのテーマですが、ついつい得意な方向へ行っちゃうんですよね~。


どうやら七里ガ浜の駐車場が再開されたようです。オープン時間が今のところは午前9時ということですが、動き始めるのは嬉しいことです。でも、人の動きが増えると感染もまた広がります。波乗りできるぞーと単純に喜ばず、今までと違うということを意識することが大切です。

ウィルスは消えたわけじゃありません。その存在をいつも忘れずに意識しつつ再開しましょう。気持ちがはやるのよーく分かりますが、少しスローなくらいでちょうど良いと思います。また外出自粛へ逆戻りするのは、絶対に嫌ですから。



マスク、消毒、換気に続いて、コロナ対策 その4はクレジットカードに加えて、キャッシュレス決済各種を用意しました。QRコード式ではペイペイが設定中ですが、メルペイ、AUペイは使えます。ICカード系では、スイカ、パスモ、ナナコ、ワオンが使えます(関東圏以外ではイコカ、スゴカ、ニモカ、マナカもOKです)


現金にはできるだけ触りたくないという方は、ぜひご利用ください。
6月1日。世の中ではいろいろなことが再スタートを切っていますが街はまだまだ静かです。営業を再開してもフロアを制限していたり、営業時間が短くなったりで今はまだ様子を見ながら少しずつ、という雰囲気です。一時はほぼ無かったマスクやアルコール消毒なども普通に販売されています。

わたしのショップも今日から営業日をいつも通りに戻しています。営業時間は当面のあいだ、午後1時から午後7時までとさせていただきます(電話いただければ延長OKです)。

これまでを振り返ってみると、3月まではちゃんと覚えているのですが、4月と5月に自分がやってきたことを思い出そうとしても、記憶が抜け落ちてしまっているような感じです。自粛生活中の時間は長く感じられましたが思い出せばあっというまの二か月でした。自分にとっては仕事である「波に乗る」ということをやっていないので、時間ばかり長くても中身が無い時間だったからです。

(時間というのはそういうもので、何かに熱中していると時間が過ぎるのは早いですが、その時間は記憶としてしっかり残ります。退屈な時間はそのときには長く感じられても、後から思い出してみると逆にあっという間に過ぎたように感じられて記憶に残らないものです)

途中だったプリモのフィンのことや、ニーボードのセッティング、シングルフィンのニーボードと8.0のフィッシュは作りはしたものの波には乗れていません。現場(海)の経験が無いせいだと思います。頭が停まったままです。

フィンを試行錯誤していた、9フィートのプリモはどのフィンがどんな感じだったか、次に何をやろうとしていたか、以前のブログを見ながら思い出そうとしているところです。

身体に例えて言えば、食べてばっかりで消化できていない消化不良みたいなものですね。やりたいことがあれこれたくさんありすぎて、身体のどこかがかゆいんだけれど、それがどこなのかはっきり分からないような何かもどかしい感じです。

とりあえずは毎日店を開けて、ルーティーンを取り戻していけば消化不良も治ってくるんじゃないかと思ってます。

明日の午前中は風が弱そうだし、潮も引くので波乗りできそうです。そういえば海をあきらめていたせいで、風と気圧とうねりの高さ、それに潮回りを見るのも忘れていました。これもルーティーンですね。

夏もやってくるし、早いとこ日常を取り戻したいものです。
ほんの触りだけご紹介した、私の新しいログ。ばっちり撮影したのでお披露目です。レングスは、9フィート6インチ。ボルドーのティントカラーでラミネートしました。ピッカピカです。

まずはアウトライン。ノーズを細めに設定したので、自然とPIGのアウトラインになりました。このアウトラインのバランスが大好きです。

このボードは幅22”1/2ですが、幅広めがお好きな方には、このバランスのまま23”でもOKです。

ロッカーは全体的にしっかりと入っています…というかこれが普通です。これまでがフラット過ぎたのです。


ボトムはロールボトム。ノーズコンケーブは入っていません。ノーズのボトムはしっかりとしたロールのスプーンボトム。ノーズコンケーブとは正反対の形状です。ノーズ寄りに乗ったときのロールボトムノーズで滑る感触を期待してます。


フィンはやっぱりグラスオン。きれいです。10インチのフィンを1/2インチ切って、9.5インチにしました。


自分的にはかなり満足が行く出来上がりです。しばらくはワックス塗らないで眺めます。腰・ハラのきれいな波で乗ってあげようと思います。店に置いておきますので見に来てください。

MINI6.8、アップしました。MENEHUNE BEACH STOREサイト


6月1日から通常通りオープンいたしますが、営業時間はしばらくのあいだ、午後1時から午後7時までとさせていただきます。午後7時以降になってしまうときはご連絡いただければ、午後8時まで延長してオープンいたします。ご遠慮なくお申し付けください。



Visitor Map
Create your own visitor map!