MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
鉢植えにした小さなモミジが葉を出し始めました。秋になればきれいに紅葉するモミジですが、出たばかりの新芽もまた赤いのです。これから緑の葉になります。春先は新緑に混じって、こういうカエデや山桜の葉の赤など秋と同じくらいにいろいろな色があります。


今年は都心ではもうソメイヨシノが満開だそうなので、時期が揃ってしまいましたが、裏山のエドヒガンが満開です。昨年のブログを見たら、やっぱりこのエドヒガンも一週間早く咲いています。…ということは東京のサクラが早すぎということです。

我が家の回りはスポット的に気温が低いので、ソメイヨシノはまだこれからです。

いつものトレイルの脇の斜面を降りた下は保全緑地になっているのですが、その斜面にこんな野草を見つけました。カタクリの花です。初めて見ました。

カタクリの花なんて、もっと自然がたっぷりのところへ行かないとみられないと思っていたので、ちょっと感動です。紫の花弁がくるっと反り返っているところが素敵なのです。想像していたよりもちょっと大きめでした。

キブシの花も咲いて(かなり地味ですが、毎年楽しみにしています)


雑木林も枝先がほんわり緑色になっています。


すっかり春ですね。


台風3号は、まだ予報が分かれています。

ひとつは、週末にかけて日本のはるか南を足早に抜けていく予報。そしてもうひとつは上の画像(4月2日 午前6時の予報画像です)。ゆっくりとやっぱりちょっと遠いですが、日本の南を通過していく予報。

勢力は強くならなそうなので、うねりが届くかどうかはまだわかりませんが、弱くてもゆっくり通過していってくれれば、何か変化が出てもいいように思います。そうなれば、3日の火曜当たりか…。

そういう季節にもなってきました。

ブーツ、グローブはもう要りませんが、水はまだ冷たいです。あと少し冬のウェットです。


さて、現在過去のブログを新しいカテゴリーを作って再編さん中ですが、昔のブログを読むとそのときの感触が蘇ってきて、また乗りたくなっているボードがあります。

ひとつはこれ。覚えていますか?左側のシングルフィン。6.0のトライプレーンハルです。もう10年前です 笑。これ、良かったんです。

ボトムの形が良ーくわかりますね。今作るならMINI2の形で6’2”かな。

もうひとつはこれです。ダイアモンドテールのシングルフィン。

カツさんに、70年代にご自分で乗っていて調子良かったシングルフィンを思い出して作ってくださいというオーダーで作っていただいたボード。思い出すとオンショア風波でも台風の波でも楽しめたボードでした。

70年代調のカマボコダウンレールにデッキコンケーブでかっこ良かったんです(もちろん調子良かったです)今は同じ形でボンザーにしちゃってますけど、やっぱりシングルでもういちどという気持ちがあります。

自分のなかで良かったものをちょっとずつ、リバイバルさせてみるのも面白そうです。

ダイアモンドテールのシングル、クラシックでいいなあ。
ひさしぶりの、AOBのおはなし。ブログを読んでいただいている方はご存じだと思いますが、AOBというのは、アベレージ オッサン ボードの頭文字です。つまり平均的なおじさんのボードということです(OはおばさんのOでもいいですね)

ロングボードは問題ないはずですので、5フィート代から6フィートちょっとくらいの、ショートボード「っぽい」ボードで、おっさんも楽しめるボードのお話しです。

ショートボードに乗れる人は読んでも仕方ありません。私のようにロングボード出身で、小さいボードには不安を感じるおじさんや、ショートボードが厳しくなってきた方々の役に立つかなーと思って書いております。

今日は先日のブログで、9’9”と一緒に写っていた6’2”のお話し。左側のターコイズグリーンのクアッドです。


9’9”でたっぷり波に乗った後、小さいのもパドルだけでもやっとこうとパドルアウトしてみました。最初のグライダーが、9’9” x 23” x 3”1/8、それから、6’2” x 21” x 2”1/2です。

きれいでしょ。ホットマンゴーをベースに作っていただいたクアッドです。


長短それぞれのサーフボードを「意識を変えて」乗り換えるなどと言っていますが、9.9のボードと取り換えてパドルアウトした当初はものすごく不安で、不安定です。

ノーズは目の前で、こんな小さなボードの上にまともに立ち上がられる気はまるでしません。

そこで、まずはパドル確認。9.9よりゆっくりなのは当たり前。それでもひとかきごとに確実に前へ進んでいます。やるべきことは、ムネをしっかりと乗せてパドルすること。

一発目。ちょうどいいポジションから滑り出そうとしたら見事に乗り遅れ。早く立ち上がり過ぎたのは、ロングボードのタイミングが身体に残っていたからです。かなりかっこ悪いですが、そんなことを気にするよりも、意識を変えるポイントをアタマの中で思い浮かべて再確認です。

二本目。ムネでボードにしっかり身体を載せてボードが滑り出すのを待って、進む方向のレールを意識しながら両腕で滑らせつつ、いつも家で練習しているイメージで立ち上がって滑り出します。

ホットマンゴーのコンケーブとクアッドの抜けがいい滑りを確かめながら、インサイドまでロングライド。半分以上はボードのおかげです 笑。

そんな感じで、失敗と成功を繰り返しつつ、しばらくやっていると9.9の感覚は消えて、6.2のパドルとテイクオフ、ライディングにカラダが馴染んでいるのが分かります。

このホットマンゴーのクアッドは、以前乗っていた6.0のミニクアッド(こんなのです)の後継で、ショートボードちっくなのが欲しいとちょいと色気を出して作ってもらったボードです。ミニクアッドよりも浮力は減りましたが、楽しめそうなボードです(このとき初めて使いました)。


おじさんでも乗れるポイントはボードの幅です。ノーズの幅はパドルとテイクオフ、センターから後ろの幅はそれほど頑張って踏み込まなくても、ボードを前へ進めてくれる推進力になります。

テイクオフはそんなにパドルしなくても、タイミングで滑り出すことができます。

ラウンドノーズのモデルにすれば、滑り出しも速いですが、そのあとの一連の動きに安定感がでてきます。ロングボードからの人にはそっちの方が始めは馴染みやすいと思います(自分がそうでしたから)。

今回はちょっとしつこい腰痛はまだ回復してませんがそれでも、それなりに波に乗れて走ってくれるこんな6’2”は、おじさんも楽しめるボードだと思います。

AOB、このボードの他にもいろんな種類があります(エッグ、ボンザー、フィッシュなどなど)楽しみ方に合わせて作りますので、ご一緒にかんがえましょう(おっさんじゃなくてもいいですよ)。


20年前は懐メロか?これがミュージックビデオじゃありませんが、BGMに使われている曲です。ライ クーダーのブエナビスタソシアルクラブ 1997年。ずっと愛聴盤です。かなりおすすめです。

Cuba from Ishka Imagery on Vimeo.




9’9”と一緒にお願いしていた、6’9”のプリモのシェイプが始まりまりました。ブランクスの表面を削って平らにして、アウトラインを引きます。


たくさん作っているプリモのシェイプです。よどみなく作業は進みます。アウトラインに沿い、ハンドソウで切っていきます。


アウトライン完成。テール幅が絶妙です。私が入るようなフツーの波では、絞り過ぎのピンテールではスピードが出ません。カツさんのボードはどれも速いと言われますが、いろいろなところにその理由があります。

ストリンガーは、3/8インチのダークウッド。少しだけ太めのストリンガーです。フィンはもちろん一本だけ。シングルフィンです。

やっぱりシングルフィンです。好きなんです 笑。

タイトルの「動十分心 動七分身」という言葉。能で知られる世阿弥の言葉ですが、「心は十分に動かし、身体は七分の動きに留め、全体に余韻を持たせる」というような意味です。

シングルフィンに乗っているときは、そんな感じじゃないかと…。

ブルーのティントでラミネートしていただきます。



MEMO: フィン 8.5

グライダーはロングボードと乗り方は変わるのですか?というご質問をいただきました。実は作る前から自分でも考えていたことです。今回作ったこの9’9”のボード、グライダーと呼んではいますが、それでは同じ9’9”の長さのロングボードとどう違うの?ということです。

グライダーというサーフボードの定義があるかどうかは知りません。私がグライダーと呼ぶサーフボードは、90年代のはじめごろにクロスカントリーサーフィンという、サーフポイントをパドルで移動しながら波乗りを楽しむスタイルのサーフィンために作られた大きなサーフボードが元になっています。

11~12フィートオーバーの大きなサーフボードで波に乗るのは、いつもの9’6”のロングボードとはかなり違う感覚です。

その違いを生み出している要因はサイズ(=浮力)の他にあるのかどうか?9’9”のサイズは、それまでに作ったいくつかのログと大きな浮力の差があるとは言い難いサイズです。それをグライダーと呼びつつ、果たして本当にグライダーでいいのかどうかということは、製作過程で何度か書いていると思います。

考えていても分かることではありません。乗ってみるのが一番です。

なので、乗ってみました。セットでコシ。上げ気味の厚い波はグライダーの好物のはず。


乗り方が違うかと言うと、私は比較するものがDフィンのログになってしまうのですが、基本的には同じです。ボードの形が(Dフィンとは)大きく違うので、レールの使い方や踏み込む力加減など細かいことが変わってくるのはま当たり前ですが、ロングボードを操るということには変わりはありません。

正直、まだちゃんと乗れていないのですが、まず感じた一番の違いは「スピード」と「動きの軽さ」の二つです。

11フィートと同じには無理ですが、波の緩いところ、まだ波が立ちあがる前から滑り出してくれます。これは嬉しいことです。立ち上がってくる波に合わせてボードをコントロールするのはグライダーの面白さのひとつと考えるからです。

波が立ちあがるのを待って、方向を決め、波のフェイスにボードをセットして加速しながら走り出すのが面白いのです。

そうすると一気に加速します。おおげさでなく身体がのけぞるように走り出します。いつもは抜けるのにタイミングを計るセクションも関係ありません。すごいスピードで、セクションの先へ走り抜けてしまいます。これも以前の11フィートと同じで、ちょっと嬉しくなります。

Dフィンとのスピードの違いは、ボトムとレールの形、レールエッジだと思います(ちなみにロッカーは同じ)。

動きは軽いです。ラウンドピンテールと細長いレイクフィンは、Dフィンのつもりでテールを踏んでしまうと、ぎくしゃくした動きになります。イメージとしては、テールはあまり沈めずに、テールのラインとエッジを意識しながら、ゆっくり動かしてあげるイメージではないかと思います。

ずっとDフィンに乗っていたので、ここを少々てこずって(テールを踏み過ぎちゃう)おりますが、うまくいくと動きはとても軽快&爽快です。重量は、おそらくこれまでで一番重たいのではないかと思います。持ち運びは大変ですが、海の中では一番軽く感じます。

スピードはもちろんですが、動きの軽さはイコール、スムースさです。そしてこの二つをグライダーの大事な要素だと考える私としては、この9’9”はグライダーと呼んでいいのではないかと思います。


ボードの扱い(乗り方)は普通のロングボードと同じですが、楽しみ方は違います。楽しみ方が違えば、乗り方(波に乗るライン)は変わってきます。それに合わせて「身体の使い方」と「波をどう乗るかという意識」も変わります。そういう意味では乗り方は違うと言っていいのではないかと思います。

シングルフィンのロングボードにもいろいろあるのです。ノーズライダー以外にも目を向けてみると、ロングボードの世界が広がると思います。99グライダー、もっと乗ってみます。

9’9”にたっぷり乗ってから、意識を変えてみました 笑。最初はみっともない感じでしたが、結構すぐに切り替わるもんです。6’2”クアッド。これ面白そうです。



3月23日は、午後二時開店です。よろしくお願いします。



いつになく身体がこわばってしまっているように感じるのは、やっぱりお歳のせいなんじゃないかと否定できなくなってきたのは、いつまでたっても取れないお尻やふくらはぎ、モモ、背中の筋肉、つまりは全身の張り。

ストレッチで伸ばしてみても、張り感を残したまま伸びるばっかりで緩む感覚がぜんぜん無いのです。やっぱりこれはお歳のせいだと認めたところで、やっぱり取れないカラダのあちこちの固まり感が結構つらい。

たいしたことはやってないのです。8キロくらいのトレイルを走り、身体の前と後ろの体幹を30分ちょっとがルーティーンです。それでもうカラダがコチコチ。

ストレッチでは効き目が感じられないし、さてどうしようかと考えていたら、ある方が筋膜リリースという考え方を教えてくれました。

いろいろ調べてみたら、今使っているストレッチポールで出来そうなので、ここ数日試しています。


ストレッチポールは背中から骨盤までを緩めるのに、10年くらい使っています。乗るだけでも気持ちいいのです。

それとは使い方が違いますが、ネットで検索してみたらたくさんやり方が出てきました。

やり方を間違ったり、自分に合わなくて痛くしてしまってもイヤなので、まずはヒザから下でお試しです。ベアフットで走っているとフクラハギをかなり使います。奥にあるヒラメ筋もたっぷり使うし、すねの横の筋肉も使います。

ストレッチだけではどうしようもなくなっている箇所のひとつですが、そのフクラハギとスネをポールの上に乗せて、ゆっくりゆっくりと動かしますがこれが痛くて気持ちがいい。

痛いだけじゃなくて、その奥に気持ち良さがあるのでこれはもしかしてと思い、今日で3日目。もしかしてコレ効いているかもと実感し始めています。

いくら伸ばしても緩んでくれなかったフクラハギとスネ横が楽になってます。ホントです。今回のぎっくり腰の原因じゃないかと睨んでいる、固まったお尻も腰に注意しつつ今日からやりはじめました。

これ、いいかもしれません。お尻はまたのちほどご報告したいと思います。



菜種梅雨なんて言っていたら、なごり雪。自宅のまわりはしっかり積もっています。2~3日前から開き始めた裏山のエドヒガンも雪で大変そうです。

たまには毛色が違う懐メロ。今日みたいな日に聴くと気持ちが暖かくなります。1981年。



ゼロのウェッを着られている方はご存じだと思います。伸縮性があるしなやかな素材ですが、感触はしっかりとした素材です。動きやすく丈夫で長持ちする素材を使っているのは、自分で実感している部分です。

実際のところ、冬用のエアドームは結構な年数を着用していますがへたりません。保温性も高いままで、動きやすさも変わりません。

ウェットスーツ、決してお安いものではありません。長持ちする方がいいに決まっています。

そんなゼロですが、春先用の3/2ミリフルスーツは柔らかさを持ちつつ。ゼロらしいコシがある新素材のスポンジを使ったZEROブラックレーベル、今年もオーダー承ります。

しっかりとした素材ですが、柔軟性が高く、良く伸びます。ただ柔らかいだけではありません。しかも軽い。


BLACKレーベルというネーミングのとおり、素材はブラックジャージのみで、ロゴマークもブラックのみです。


フルスーツ、シーガル、スプリング、ジャケット、タッパー、ロング&ショートジョン、春、夏、秋に使うウェットスーツをお作りいたします。

そろそろ軽いウェットで波乗りしたい季節です。ご用意はお早めにどうぞ。ZEROウェットスーツ、こちらからどうぞ。




沿岸はしばらくのあいだ北風(オフショア)の予報です。水曜から木曜にかけては沖合の東よりのうねりが強まるので変化がでるかもしれません。風は北のままなので、向かい風に負けずうねりどれだけ頑張って沿岸まで届いてくれるかにかかっています。

水曜は春分の日で皆さんお休みですし、私は木曜がお休みです。この季節に数日続く雨空は、菜種梅雨(なたねづゆ)と呼びますが、しばらく曇りと雨が続きそうです。すっきり青空がもちろんいいですが、まずは波乗りできるといいですね。

9’9”が出来たばかりですが、同じ形の6’9”にそろそろシェイプの順番がまわってきそうなので、色を決めなくちゃいけません。

今回のポイントは少しだけ太い、3/8インチのダークウッドのストリンガーと新色のモノトーンロゴです。これをうまく使うのが条件の前提。

まあ、ロゴマークは白黒なのでたいていの色は合いそうですし、ストリンガーもオペークで塗りつぶしたりしてしまうとせっかくダークウッドなのに…、になってしまいますが、そんなことをやらなければ合わない色を探す方がむずかしい。

クリアかと思いましたが、9.9に引き続きになってしまうし皆さんの色選びの参考にもなりません。そこで考えたのが、タイトルの「縹色」

はなだ色と読みます。藍色が少し薄くなった色です。別の呼び名で、青なのですがなぜか「薄花色」なんていう今の季節にふさわしいきれいな名前がついていたりします。

例によって、色がデジカメにはちゃんと写りませんが、こんな風にしてみようと思います。

実物はもう少しかすれたような青です(ぜんぜんちがうじゃん)。透明感があるティントで光沢を持たせることで、黒っぽいストリンガーとモノトーンのロゴマークと良く合うのではないかと思います。

ストリンガーとロゴマークが際立つばかりじゃなく、調和が出てくると思います。

いつもとは違い、レールで色が重ならないようにラミネートしてもらうので、レールのまわりの濃い部分は無くなります。濃くなるのはデッキのエクストラクロスの部分と書き忘れてますがボトムのフィンパッチ。

これだけ書いちゃったらもう変えられなさそう 笑。

これでいってみます。

ちょっと気になっているのは、デッキのパッチのところ。色が濃くなりすぎないかと…。

スマホでこのブログを見ると表示される広告、かなり邪魔だったと思います。いまさらですいませんが、広告出ないようにいたしましたので、すっきりご覧いただけると思います。

本家のサイトは、旧式な作りも面白いかなあと開業当時(2001年)に作ったものをそのままずっと使っておりましたが、そろそろ新しくしようかと考えています。今自分がやっていることを端的に表現できるようなサイトを作ることができればと思っています。

少々時間が必要そうですが、構成を作り直してみようと思っております。

ご期待ください。

今日の懐メロは日本の歌。聞き入ってしまうとはこのことだと思います。





私のニューボード、完成しました。9’9” x 23” x 3”1/8 グライダーです。1/2インチ レッドシダーストリンガーのブランクスを使い、ボランクロスでラミネートしました。重量はおよそ11㎏。重すぎず、軽くもなくといった感じです。

ブランクスのロッカーはかなりフラット。


ポイントノーズとラウンドピンテールのアウトラインで、トリミングと波の上を滑る感覚をシンプルに楽しむ道具です。

これまで何本か作ってきたDフィンのピボット的なコントロールとは違い、ラウンドピンテールとレイクフィン、VEEとレールエッジによって、よりスムースにスピードに乗ってアウトからインサイドまで波を乗り継いでいくことを考えたロングボードです。

グライドとトリミングを楽しむのは、Dフィンと同じです。一番の違いはコントロールのスムースさ。そして、よりスピードというものを意識したデザインです。

グライダーという乗り物は、そういうものだと考えています。

レールはボトム側にボリュームがあります。親指の付け根あたりのレールにはしっかりとポイントの存在を感じます。


そのレールのポイントはボードのテールに近づくにつれてより強調され、テールのフィンまわりにはエッジが立っています。


ボトムのVEEはフィンの回りのみ。ボードのセンター(ストリンガー周辺)はフラットでアウトライン近くでデッキ側に向かってゆるく上がっています。


このボトムとレール、エッジとフィンとロッカーの組み合わせがどんな感覚で波を滑ってくれるのか、海に浮かべるのが楽しみです。









Visitor Map
Create your own visitor map!