MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
9 12 14
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
エアコン(返信済)
(07/15)
(07/09)
(07/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

サーフボードラック、新調しました。昨年の秋にサーフボードのスペースを広げたのですが、ボードを取り出してチェックする台を作らなきゃなあと考えておりました。それで今週ようやく重すぎる腰をあげて製作に取り掛かろうと設計図を書いていたら、ネットでこれを発見。

自分で作る方が材料費だけなので安くはなりますが手間はかかるし、いつもの2X4じゃあ見栄えもいまいち(素人仕事ですし)のような気もしたので購入することに。川口のサーファーズさんから送っていただきました。

いい感じです。これで腰痛持ちの方(自分です)もじっくりとチェックできると思います。


一昨日、昨日と波がありましたが、私はまだ耳が治っていないので我慢。めずらしくフクラハギを故障中でランニングもできず、昨日は割った薪を積み上げる地味な作業をのんびりやっておりました。


きれいに積みあがると地味に嬉しいものです(ふたつ前の記事の写真と比べてみてください)今年の薪割りももう終わりです。

海も人が増えてくる季節です。カリカリしたって仕方ありません。波に乗ろうが乗るまいが、楽しんだ人が一番、とフィル・エドワースも言ってます。


相変わらず先走る私は短いログ用のフィンに、これ使えないかなあ~と線を引いてみました。順序がかなり違うような気がしますが、いろんな意味でモチベーション上げるのと、楽しむことが重要なのです。

ベースにされてしまったのは、ウッドボードのブランクスを作っている職人さんから数年前にいただいたフィンの壁掛け。フレームに入っていたのを引っぺがして取り出してしまいました。これをコアにラミネートしてもらってグラスオンしてみよう考えています。

フィン、かっこよく作りますのでお許しください。

長さはいまのところ、8’6”で行こうかと考えております。

今乗っている、PIGをそのまま小さくしたような形でフィンはやっぱりDフィン。普通のレイクフィンのボードはプリモの8.4でもうばっちりで、何も言うことはありません。8’4”の長さのプリモがあれだけ楽しいのですから、短いDフィンも楽しめると確信しております。

先日のブログで、フィル・エドワースは8フィート代のバルサ、と書いたらそこに反応した方が店まで来られたのでびっくりしていたら、ビッグフィッシュにも反応していただいた方からも連絡をいただいてさらにびっくり。

ビッグフィッシュも自分の趣味ですが、ぜったい面白いです。どっちもびっくりしつつ、嬉しい限りです。ミニDフィン、大きなフィッシュ、まずは活さんと相談です。

やっぱり楽しいのがいちばんです。


'Sliding' & End Reel Almost Cut My Hair from Ryan Lovelace on Vimeo.


ナチュラルフィットネス(薪割り)、もうすぐ終わり。もう200㎏も残ってないかな。今年は少し遅くなってしまいましたが、毎年この時期に行う作業です。もう10年以上続いている習慣です。

斧を振り上げて、振り回すのではなく下に落とすようなイメージで、丸太に斧を当てて割っていきます。背中は丸めず、姿勢を保ったままで肩の位置を下げるのはヒザを使って腰から落としていきます。スクアットのイメージです。

インパクトの瞬間は、柄を握って脇から引き絞るようにチカラを入れていきます。

これをやると、パドルのときの瞬発力が向上するように思います。それからドルフィン。私の場合は浮力が大き目のボードを沈めることが多いですが、ズボッと(笑)沈むようになります。

薪割り、よく分かりませんがイロイロと良いみたいです。

節があると、ものの見事に割れません。重たい斧が軽くはじき返されます。そんな丸太と向き合ったときに、そのときの精神状態が分かります。「コノヤロー」とばかりにチカラ任せになってしまうときには、あせりがあるときです。集中力が散漫になっているときです。汗ばかり吹きだしてきてうまく行きません。

チカラを入れても割れないものは割れません。そんなときにはまず気持ちから。目をつぶって腹式呼吸を10回。落ち着いて、チカラを入れすぎず正確に斧を当てていく方が結果的には疲れないし、きれいに速く割れます。

薪割り、気持ちを整えるのにも良いかもしれません。

明日は、午後から波出そうな感じです。明後日の朝も少し残ってロングボードでできるかどうかというところですが、私はもうちょい我慢。

耳痛いです。先週からずっと痛くて2~3日前は痛くてモノをうまく噛めませんでした。たぶん前回の波乗りで耳にバイキン入ったんだと思います。

だいぶ治ってきましたが、痛みが無くなるまで海は控えます。

それで、いまさらですが耳栓買いました。音は聞こえても水はシャットアウトというやつです。海の中で耳に水が入るとなかなか抜けずに、音がほぼ聞こえなくなってしまうのもなんとかできるかと期待してます。

4年くらい前に耳鼻科でサーファーズイヤーとカルテに思い切り書かれてから、手術はせずにつきあって行こうと決めたのですが、冬場のヘッドキャップくらいで、耳栓はしないままでした。反省…。

これからはちゃんとやって行こうと思います。効果のほどはまたそのうちにご報告します。


こんなボード作ってみたらどうだろうと、いろいろなことを考えています。そんな中で、一番衝動を抑えられない(笑)のは、8フィート代のログです。

8’4”のプリモはかなり楽しいボードです。そこからの発想なのですが、初期のブルースブラウンの映像に登場するフィル・エドワーズのイメージも重なっております。

フィル・エドワーズが当時気に入って乗っていたのは、8フィート代のバルサだったらしく、映像を見ていてもちょっと短いボードに乗っているのがずっと気になっていました。

ローロッカーやソフトレールなどのクラシックなシェイプで、重量は重め(バルサですから)、長さは8’6”~8”10”くらい。

フィンは、Dフィン…? アウトラインは…?と今のところまだ、悩みどころ満載ですが、プリモの8’4”があれだけ楽しめるのですから、同じくらいの長さでクラシックなシェイプもいいんじゃないかと思いつめております。

それから、5’6”を作っているもう一方で、大きいのも面白いのがこれ。フィッシュです。

画像は2005年に活さんにシェイプしてもらった、6’8”です。ロングボードに乗らなくなっていた頃で、当時はこれがロングボードの代わりでした。

6’9”のフィッシュ用のブランクスがあるので、それをフルレングスで使って6’9”かなあと考えております。

などと考えていたら、ちょっと古めのホットマンゴーがユーズドボードでやってきました。

6’2”のスワローテールです。よく使われていてフットマークもたくさんついていますが、まだ使えます。ノーズ広めで、ショートボードに乗りたい人の練習用にいいんじゃないでしょうか。


もう一本はさらに年季入ってます。

活さんのシェイプサインも昔の書き方です。ボトムには当時、活さんが女性用のボードとして考えていた。YLANG YLANGのディケールが入っているのが懐かしいです。シェイプもその当時の雰囲気です。上の大きなフィッシュと同じくらいの頃じゃないでしょうか。

こちらはデッキの剥離が大きいので、販売は見送りました。ちゃんとチェックせずに預かってしまってすいません。でも個人的にいろいろと感じるところがあるホットマンゴー、古いけれどかっこいいです。

最近はAOBなんて言って、自分で乗れそうに幅を広くしちゃってますが、ホットマンゴーはこの二本みたいなのがオリジナルです。

MENEHUNE BEACH STOREホームページご覧ください。



ひんやりとした風と日差しが気持ちいい日曜日。こんな日は余計なことは「しない」「考えない」で風に吹かれながらお気に入りの音楽を聴いたり、活字の向こうに想像の翼を広げるのがいちばんです。



次は水~木曜あたりで東よりのうねりが少しだけ上がる模様です。風向き次第でできそうな感じです。しばらくグライダーばかりだったので、Dフィンかな。

小さいシングルフィンのお話しでなくてすいません。大きなシングルフィンのお話しです。グライダーを作るときにオーダーしたもう一本のブランクスのことです。これです。


と、ウレタンフォームの塊りを見せられてもほとんどの方は、感じるものはあんまり無いのではないかと思います。

自分でシェイプする訳でも無い私なんぞが、ブランクスについていろいろ語るつもりはありませぬが、シェイプ前のブランクスの状態のフォームをまず始めに見て、それからシェイプの過程と出来上がりを10数年間、何度も何度も見ているうちに、こういうブランクスからはこんなボードができるんだという、理屈の上での経験値がいつの間にやら積み重ねっています。

それに加えて、シェイパーが「この部分のロッカーはそのまま使います」とか、「この部分の厚みが必要なのです」などと、いろいろと話をしてくれるので、ブランクスを見ると「どんなボードが作れるかな」とついつい想像してしまいます。

余計な話かもしれませんが、ブランクスにはそれぞれデザイナーがいます。ロッカーが主だと思いますが、その曲線に向いているボードのための厚みと幅のボリュームがそれぞれのブランクスには確保されています。

私の一番新しいボードの、6’9”のプリモシングルフィンのブランクスのデザイナーは、ハワイのノースショアのシェイパーで活さんのお知り合いです。下の画像がそのプリモですが、知り合ったいきさつや、その人の波乗りの話を聞きながら(活さん何かしゃべってますが、そんなことを話ししておられます)、そのブランクスで作ってもらった6’9”のプリモには特別な思いがあります。


活さんのサーフボードをオーダーしていただく方々には、サイズや色はもちろんですが、それ以上にシェイプルームで得たさまざまな事柄を共有して、出来上がったボードへの愛着をさらに深めていただくことができればとても嬉しいです。

私にできることは、せめてそのくらいかと思います…というわけで、かなり話がそれました 笑。

さて、もう一本のブランクスで何ばつくっかのうと、同じブランクスで作ったグライダーに乗りつつ考えましたが、あまり悩みませんでした。というより、これしか作れんでしょうということで、やっぱりピグです。

一瞬九州弁が混じりましたが、長い前置きでした。

9’9”のブランクスのフルレングスを使ってアウトラインを引きました。9’8”~9’9”くらいです。フルレングスということでサイズは気にせずやっていただいてます。

アウトラインの流れは、私のホワイトピグメントのピグと同じです。

アウトラインを切ります。ストリンガーの部分専用のノコギリです。活さんはアウトラインを切るのにジグソウは使いません。「だって、手で切る方が面白いでしょ」だそうです。確かにあの触感は気持ちよさそうです。


このロッカーですもん。やっぱ、ピグしかないですね。


全体のアウトラインは出来上がってからのお楽しみということで。


ボランラミネートとDフィンのグラスオンで、コテコテのクラシックに仕上げようと思います。カラーはクリア。

ストックボードです。お楽しみに。

かっこいいラウンドピンテールのノーズライダーが出来上がりました。

広すぎないノーズ、ワイドなアウトラインから絞り込んだきれいなテールのラインは、スムースなサーフィンを連想するラウンドピンテールです。ロッカーはノーズライドロッカーを使用。ノーズにはコンケーブが入っています。

ラウンドピンテールは、テール幅を広めにとったところから絞りんこんでいるのでスムースな動きながら、ノーズライドも安定するように考えられています。

ノーズライドとロングボードのスムースなサーフィンを楽しめるラウンドピンノーズライダーです。

私の勝手な趣味で、Dフィンのログばかり目立ってますが(スイマセン)活さんのロングボードモデル B52は、本当はこんなロングボードです。

そして、品切れしていたフィンも入荷しました。クラシックなアウトラインのフィンですが、人気がある形です。


70年代風のシングルフィンにぴったりです。プリモにも使えます。

オルタナティブ系のシングルのフィンは、グリノウタイプの細長くてレイクが効いた形が人気みたいですが、この小さいフィンも面白いです。

どう違うかは、また次の機会にお話ししたいと思います(今日は時間切れ…すいません)。

そして、カツカワミナミサーフボードのユーズドがまた入荷です。BONITAと一文字だけの違いですが、形はずいぶん違うBONITOは久しぶりの入荷です。


BONITOの意味は、カツオです。(OがAに変わるだけでずいぶん違うものです)

カツオみたいに突っ走るボードなので、この名前です。スピードの秘密は「ど」フラットのボトムとボリュームがあるダウンレールです。

フィンはツインフィンに小さなセンターフィンを加えた、ツインスタビライザーです。フィンもフィッシュに負けず走りそうなセッティングです。

他にはなかなか無いカタチだと思います。

いいコンディションですのでホームページチェックしてください。浮力もたっぷり目で、私でもイケそうなBONITOです。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ

いつだったか、同じようなことがありました。突然アタマの中にメロディが浮かんできて、あれ?この曲なんだったっけ?というやつです。昔よく聞いていた曲なんだけど誰の曲だったか思い出せない、もどかしい感じ。

以前の曲も覚えてます。カラパナのモロカイ島の曲でした。これです。

今回もハワイアンミュージック。ウクレレの気持ちいいイントロが突然アタマに流れてきたのは、昨日からの天気のせいだと思います。

リズムはレゲエ。90年代のハワイアンとレゲエがくっついて、ジャワイアンと呼ばれていた曲です。個人的にジャワイアンなんていう言葉は好きじゃないかったのですが、曲調自体は軽快で気持ちが良いものが多く、海への行き返りによく聴いてました。

カアウ・クレーターボーイズでもハワイアンスタイルバンドでもないし…と考えていて、あれ?サンデー・マノア…じゃないです。もっとポップス系です。

マノアがなんとなくひっかかって、マノア・カンパニー?で、 CDのジャケットのデザインまで思い出して、出てきました。マノアじゃなくて、マナオです。

マナオ・カンパニーの、DROP BABY DROPでした。

イントロから気持ちいい曲です。1994年発売のCDでした。まだ、30歳です。懐かしいなあ~。


耳は90年代で止まってますが、ハワイアン、トラディショナルなのも大好きです。ハワイ行きたくなっちゃいました。

このボードはSOLDになりました。ありがとうございました。
新品同様のユーズドBONITAが入荷しました。


MENEHUNE BEACH STORE ホームページご覧ください。


イシカワさん、今度はボディサーフィン。もうひとりの、カネアリさんはサーファージャーナルに出ていたボディサーファーです。

使っているのは、キャッチサーフのハンドプレーンか?カネアリさんは、何も使わない方が速いのがすごいです。

ボディサーフィン、やったことありますか?波に乗っていて、ボードの前方へワイプアウトしてしまって、カラダだけで波の上をしばらく走ってしまった経験あると思います。あの感じです。

カラダひとつで波に乗るのですから、一番シンプルな波乗りです。必要なのは水着かウェットスーツ。足ヒレが無ければもっとシンプルです。ボディサーフィンが主流になったら、サーフィン業界は途方に暮れてしまいますが、いろんな方法で波に乗ろうとすることって大切だと思います。ボードの上でパドルしているばかりでは気が付かない世界もあるのです。

サーフィンをするのにリーシュコードは必需品のようですが、本当ならリーシュが無くてもサーフィンできるようにしておきたいものです。リーシュが無くても、というのはつまりリーシュが切れても大丈夫なようにという意味です。

リーシュが無い時代のサーファーは例外なく皆グッドスウィマーだったと思います。それにグッドボディサーファーですね。ダカラみんないいカラダしているんですね~。

ボディサーフィンができれば、リーシュが切れても岸へ戻るためのエネルギーを大幅に節約できます。万が一のときの役にもたちますし、できるとかっこいいです。


イシカワさん、今度はフィッシュ。かっこいいです。


今日は少し波ありましたが、波乗りばかりしていると身体がなまるのでランニング…というのは冗談ですが、軟骨がすっかり育っている耳の調子が良くないので、海はお休みです。耳栓買います。

海はオンショアの予報でしたが、たぶんオフでできたんじゃないでしょうか。今頃の季節は経験上、こんな感じで予報がぶれるときには、とりあえず行っておいたほうが良いと覚えておいて損はありません。

特にこれからの梅雨時は、前線の微妙な位置次第でうねりも風も変わるので予報が当たらないことも多々あります。時間があるなら行ってみましょう。オフならラッキーだし、オンならそれはそれで、ということで。

それで今朝は耳には関係ないところで、ちょっと長めに12キロちょっとフィンガーシューズで走ってから体幹をきっちり。

体重は、62~63キロ台行ったり来たり。気温が上がるとやっぱり少し落ちますね。

体重が70キロ近くまで増えてしまい、一念発起して減量を始めたのはもう2年前のことです。途中で酒も止めました。酒を飲まなくなってから1年3か月。GWに大学時代の友人と会って居酒屋へ行って、ビールを中ジョッキで一杯半だけ飲みました。一杯半…ビールを半分残して店を出るなんて、自分じゃないみたいですが、二杯目は半分飲んだらそれ以上はもう酔いたくなくなって、持っていた炭酸水を飲んでました。

酔っぱらったときのあの充血するような感覚が嫌になってます。昔の自分を考えると、ウソみたいというか、別の人になったみたいです。

酒は飲まないで済むなら、飲まないに越したことはありません。飲まない方が絶対に日常生活は充実します。海へ行くにも、いつもより早く起きてすぐにカラダも目が覚めます。酒飲んでいた頃のあの重たい感じ、はれぼったいカラダの感じはありません。ランニングしていても、気持ち良さが違います。

カラダもアタマも軽快です。

特に意志が強い方ではありません。どちらかというと弱いかもですが、減量も禁酒も実行出来てしまうのは、やっぱり波乗りのおかげなんだと思います。小さなフィッシュもシングルフィンも、グライダーも重たいPIGも乗りたいですから。



Visitor Map
Create your own visitor map!