MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
4 6 7 9
12 14
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(03/20)
(03/03)
新作(返信済)
(01/29)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

お店に置いておくストックのブギーのシェイプができあがりました。ダークウッドストリンガーのブギーもかっこいいです。私のビッグフィッシュと同じ、クリアのラミネートで仕上げます。

プリモもそうですが、ブギーもこのストリンガーが使えるようになりました。ストリンガーだけでも印象が変わります。この太さなら追加チャージはありません。オーダーのときにご相談ください。

プリモもブギーも変わったのはストリンガーだけではありません。昨年末にプリモのことを書きましたが(このときの記事です)プリモと同様にブギーもマイナーチェンジしています。プリモもブギーも変わったのはロッカーです。それもほんの少しの変化なので、見た目だけではほぼ分からないと思います。

今乗っていただいているプリモもブギーも、もちろん問題ありません。というか調子いいと思います。その調子の良さがさらに向上しています。ブギーは私などよりもはるかに確かなライダーの方たちでテスト済です。マニューバのつなぎがよりスムースになったとも聞いています。

プリモはよく走ってくれるのは同じですが、レールの感触が変わっていると感じます。反応が良いというか、よりレールが使いやすいというか、シングルフィンのプリモの良いところがさらに強調されているように感じます。

どちらも調子良くて人気があるモデルですが、活さんがさらにブラッシュアップしてくれています。ニューブギーはまだ乗っていませんが、ニュープリモいいですもん。


それから、オーダーいただいていたミニピグが出来上がりました。7’11”です。


私のMINIPIG 8’3”の反省点を反映しています(反省点と書いてますが、ダメなわけじゃありません。「癖」が強い部分を無くしているということです)

「癖」その1の平らなロッカーではなく、全体的にきれいなロッカーが入っています。フィンはBOXで、ピグだけに大きめで9インチのピボットです。プリモフィンでも良いと思います。


「癖」その2はアウトライン。私のよりもスマートにスムースなラインにしました。


かなり素直で誰でも楽しめるミニピグに仕上がっていると思います。このブランクス、ノーズコンケーブを入れてミニノーズライダーも良いと思います。

下の記事の動画で、イシカワさんが乗っている8.0と同じブランクスかも。

いいのは天気だけ 笑。風波の残りみたいで、ショルダーが途中で消えてしまう波です。最近、こんなのばっかりです 笑。いつもみたいに、南岸低気圧でドンとサイズアップしてほしいものです。

と、文句を言ったところで何も変わらないし、これから引きで多少はできるかとロングボードを抱えて入ってみたら、湘南マジックでさらにサイズダウン。いい天気で良かったです。

などと文句を言いつつも、無ければ無いで、あるもので楽しんでしまおうという前向きな私です。楽しめるかどうかは自分次第です。自然相手ですから。

小さなピークの奥から滑り出せば、崩れる瞬間の波のチカラを感じることができます。その先のショルダーが無くなってしまうのなら、無くなる前にボードの向きを変えてスープの下へ戻ります。

そこから右と左、どちらか掘れてくる方向へタイミングを見ながらボードを滑らせます。ショルダーが張ってこないので、行ったり来たり。

うまく出来れば、結構面白い。ログならではの楽しみ方です。そんな感じで二時間ほど遊んで終了。6.8のフィッシュはちょっと浮かんでみただけであきらめました。



昨日は60年代のヴィンテージボードに乗っている人が何人もいました。HANSENが二台、それにHARBOURとWARDY。ヴィンテージボード、やっぱりかっこいいです。すぐに欲しくなるのは悪いクセですが、ブランクス待ちのDフィンあんなになるまで乗ってあげようと思います。

ロングじゃなくちゃ無理でしょうと思っていたら、活さんのMINIをさらに小さくしたようなエッグボードで波を上手につかまえて滑っている人もいてびっくり。皆さんそれぞれのやり方で楽しんでました。


海から上がって、着替えている途中で気が付きました。北風ピューピューなのに裸で寒くない。

よく見たらウェットを脱いだ身体が全然濡れてませんでした。頭と顔の潮を流そうとタンクのお湯をかぶったら一気に寒くなりました。動いて温まっていたのか、濡れてないと意外と平気なもんですが、全然濡れていなかったこのウェットもすごいと思います。



楽しんでます。
お知らせ:明日、1月22日(火)はお休みいたします。よろしくお願いします。

なんとなーく、波がありそうなので海へ行ってみようと思ってます。例によって、ロングボードがあれば何とかなるでしょと9.6のログに、もう一本は6.8のフィッシュを持って行くことにいたします。



朝一は潮が多いし風向きの予報がサイトによってマチマチなので、潮が引きに入って確実にオフショアになると思われる朝二到着くらいで出かけようと思ってます。久しぶりの終日フリーのお休みなのでゆっくりできると思うと嬉しいです。

サーフショップなんてやってると、自由でいいなあと思われるかもしれませんが、(精神的には)自営業者は結構不自由なもんです。自己管理はしっかりやらないと、とめどなくなく流れてしまうばっかりです。有休休暇なんてのはありません。

酒を飲まなくなったのも、限られた時間を有効に使うためです。酒を飲まなくなって二年経ちますが、今の状況であらためて考えると、時間とお金をずいぶんと酒に使ったなあと思います。すべてが無駄だとは言いませんが、私みたいな呑兵衛は無駄なことの方がはるかに多かったはずです。

二年酒を飲んでないと書きましたが、全く飲んでないわけではありません。

たまーにですが、ビールをコップ一杯くらいは飲むことがあります。以前はそこからスタートでしたが、今はそれで全部です。それで満足しちゃいます。

元旦は飲みました。正月だし、久しぶりに飲もうと思って、美味しそうな日本酒とワインをじっくりと厳選して飲みました。旨かったですが、元旦だけです。そういう楽しみ方ができるようになったみたいです。

酒も食べ物も美味しい年末年始は体重を増やしてしまうゴールデンシーズンですが、そのときに増やした2キロも、ランニングと甘いものプチ我慢ダイエットで元に戻しました。

波乗り自営業者は身体がすべて。いろいろと大変なのです 笑。

それで話は戻って9.6のログです。

波が小さいから乗っているというのは事実ですが、それは消極的な理由です。逆です。浮力が大きくて重く、コントロールするのに身体をたっぷり使うログで沖からインサイドまできっちり乗り継いでいったときの満足感は波が小さくても大きいものがあるのです。

ロングボードは最後のプルアウトが大事です。フィンを中心に大きなボードをくるっと回して波の裏側へ出ながらデッキの上に腹ばいか座り込むかしてパドルの状態に戻り、そのまま沖へパドルで戻っていきます。

ライディングの締めくくりがきれいにできると満足度も倍増です。小さい波でも、たっぷりストークできるログに乗らない手は無いといつも思うのです。

3メートル近くあるボードを端から端まで使って、小さな波でのスピードとグライドをいかに引き出して楽しむか。ヒザの高さの波でも、波と対話することができるのがログの面白さです。

先日シェイプ画像を乗せたカラーフォームを使ったピグのようなボードは、Dフィンじゃないとダメですか?とお尋ねいただきました。


フィンはBOXでもぜんぜんOKだと思います。ピボットタイプのクラシックなフィンを付けてあげれば十分クラシックですし、グリノウフィンタイプを付けても66年のナット・ヤングの気分が楽しめると思います。

ログ、少しでも興味持っていただければ嬉しいです。


1966年のBING DNノーズライダー、ライトウェイト、イートンシェイプのガン、フィッシュ。これだけ楽しめたら最高です。

6’8”の大きなフィッシュがリペアから戻ってきました。年末に海から上がって、潮を洗い流そうと持ち上げようとしたときに、かじかんだ手が滑ってテールとノーズをぶつけてしまいました。自分でリペアしようかとも思いましたが、まだ出来上がったばかりのつや消しのピカピカだし、ここはきっちり直してもらっとこうと、プロの手に委ねました。

おかげできれいに元通り。ラックに載せては、撫でさすり眺めております。久々にリペアから戻ってくるのが待ちきれない気持ちにさせてくれる、大きなフィッシュです。

大きなフィッシュ、ビッグフィッシュは過去に、活さんに6’8”と6’6”の二本、そしてクリステンソンに6’9”を作ってもらっていて、これで4本目です。最初の6’8”は2005年です。2年前にBONITAフィッシュの5’8”と5’6”に戻ってから、このビッグフィッシュへひと回りして戻ってきたわけです。最初のビッグフィッシュから数えて14年めです。

そんな中でも、このビッグフィッシュはアウトライン、シェイプともに一番のお気に入り。14年間は無駄じゃなかったということです…。


フィッシュで6’8”ですから、同じサイズのミニやプリモなどと比べても滑り出しは楽ですし、速いです。

動きは、予想に反していい動きをしてくれそうです。コシくらいの波でカットバックしようと思って、フィンとレールに身体をあずけるように乗せてみたら、すごい勢いでボードが戻ってきてくれてビックリしました。そんなのを小波でいろいろ試してみたいのです。

このくらいのサイズのフィッシュは、フィッシュの楽しみを広げてくれると思います。5’6”も乗っていこうと思いますが、おっさんにはやっぱりこのくらいの大きさが気楽で良いのです(プリモも6’9”ですし)


話は変わって、売りたしのユーズド HOT MANGOが一本あります。サイズは6’6” x 20” x 2”1/2。サイズがある波で活躍してくれます。






デッキはフットマークがしっかりついていますがラミネートはしっかりしています。ボトムは画像のとおりきれいで、リペアが必要なキズはありません。

価格は税込み60.000円也。気になる方は、「鎌倉こしごや 0467-39-1364 ハマダさん」まで連絡してください。http://koshigoya.com/surf/index.html

よろしくお願いします。

ロングボードのシェイプが出来上がりました。ワイデストポイントがボードのセンターよりも後方にある、ピグと呼ばれるアウトラインのログです。テールの角を取ったので丸っこく見えますが、写真のせいです。下の画像を見ていただいたら、素敵な形に仕上がっているのが分かると思います。

バスウッド(白木)のダブルストリンガーで、着色された高密度のカラーフォームストリンガーをサンドウィッチしました。

ストリンガーはこの白木の他にダークウッドを使うこともできます。カラーフォームの色はいろいろあるので、お好きな雰囲気を作ることができます。グラスオンだったら、フィンの色もフォームに合わせてカスタムOKです。このボードのフィンはフォームに合わせてブルーにしました。

ボトムは緩いラウンドボトムで、フィンのまわりにはしっかりとロールが入っています。レールはボトムのロールから滑らかにつながる、50/50。エッジはもちろん入りません。

このボードにはノーズコンケーブは入っていませんが、お入れすることもできます。なんでもご相談ください。


8オンスのボランクロスでラミネートします。ボランクロスのラミネートは、海の上でみると本当にきれいです。晴れた日には空と海の青を映して、なんとも言えないブルーに光ります。

出来上がりが待ちきれませぬ。

そして、ぐっと小さくなってIさんのBONITA 5’8”。1/4インチのダークウッドストリンガーです。


フィッシュとログ、どっちもゴキゲンです。


KKSEロゴ、紅白カラーを作りました。何色に合わせましょうか?




昨夜、風呂からあがって寝る前チェックした波高は、当初よりもダウン。これはランニングしたほうがいいかとも思いましたが、ロングボードだったらなんとかなるかと行ってみたものの…。

予想以上に、なんとかなりませんでした。二時間くらい入っていて、5本乗れたか?最後はパドリングで上がりました。

こんな日もあります。仕方がないのでボードの画像で誤魔化してみます。9’6”のピグです。





Dフィンのピグ、どれも同じように見えるかもしれませんがそれぞれに違う性格です。違いは幅の差が一番大きいです。このピグは幅23インチ。もう一本は、22.5インチ。そして、新しく作っているピグは、22インチワイド。長さとロッカーは同じです。

23インチと22.5インチは1/2インチしか違いませんがかなり違います。22インチはさらに違うはずです。

どう違うかは22インチが出来上がってから、もう少し先でまとめてみようと思います。それまで、この23インチワイドにきっちり乗っておきます。

波はまた次に期待するとして、こっちのテストはそれなりにできたと思います。新しく手に入れた、ソックスです。


ブーツとソックス、どう違うの?と言うとソールの有無だと思います。

ブーツはしっかりしたラバーのソールで、かかとから足の裏、足の横、つま先あたりまで覆われています。しっかりしたラバーと言っても、簡単に裏返すことができる柔らかさがあるので、デッキの上での足の動きに追随してきてくれ、ストレスは最小限になっています。

ソックスは、言うなら「ブーツのソールを取り付ける前の状態」みたいな感じです。今日試したのは、オール3ミリで足首から足の甲、足の裏も3ミリのウェットと同じ素材でできています。

足の裏から足の横にかけては、表面に滑り止め加工がされています。


裏地は今日着ていたAXXE CLASSICのロングチェストジップと同じ起毛素材のプレミアムドレインです。簡単に裏返すことができます。


こんな感じのソックスなるものを今日は履いてみました。

保温性はブーツとくらべると、ソールが無く3ミリジャージ一枚で足の裏(足の裏は起毛無し。滑るから?)なので、少し冷たく感じたと思います。

でもそれ以上に感じたのは素足感です。冬場のウォーキングはゴム一枚へだてた感触でしたが、それが3ミリポッキリです。想像してほしいのは、3フル着てパドルしているときのムネの感触です。

ソックス、気に入りました。

おそらくですが、耐久性はブーツの方が上だと思います。薄い分、足の裏の生地のつぶれ、ソールとアッパーを縫い合わせている部分は、角度をつけて縫われていますから、そのあたりが気になり始めるかもしれません。まずは試してみます。

やっぱりブーツは苦手と言う方や、ブーツは平気でも、もっと裸足に近い感覚の波乗りに投資したいという方は試す価値あると思います(まだ、若干数メーカー在庫あります。)

ちなみに、このソックス履いて足ヒレは無理。入りませんでした。そっちのソックスも欲しいところです。

明日は定休日です。年末にお預かりしたリペア(ぼくのビッグフィッシュも!)出来上がっているのでピックアップしてきます。ピグのシェイプが出来上がったみたいなので、そちらも楽しみです。

今日は不完全燃焼でしたが、気分はこんな感じ。

明日の朝。午前6時の風向・風速予想です。沖で西風が吹いて、沿岸は北風。冬に波が立つ典型的なパターンのひとつです。沖の西風が強くなれば波のサイズも上がりますが、明日はそれほど強くはならなそう。

基本的には風波なので、早い時間はまだまとまっていない可能性はありますが、とりあえず行ってみようかと思います。

何を持って行くか、ボードを悩み中です。悩みどころとしては、まず長い方。PIGを持っていくか、8’4”のプリモを持っていくか。短い方は、6’8”のプリモ(フィッシュは入院中なので無し)か5’6”のフィッシュか、はたまたニーボードか。

活さんが貸してくれた、お試しシェイプのちょっと変形ブギー6’0もあります。どうするか、これから考えます(1/15 19:30追記 波サイズ予想ダウン気味…ロングが良さそうな)

気温はそれほど下がらなそうです(朝の最低が5℃になってます)。十分寒いですが、こっちの方もいろいろ試してみたいので、もっと寒くなって欲しいところではあります。

試してみようと思っているのはこれです。

ブーツではなく、SURF GRIPのソックスです。ブーツとの違いは、ソールやかかとまわりが固めのラバーで覆われていないこと。裏は起毛のオール3㎜厚で、かかとからソール、つま先は表面が特殊加工されていて、滑り止めになっています。


ウェット素材で作った地下足袋みたいです。


ブーツを履きましょうと推奨はしていますが、ブーツが大好きというわけじゃありません。寒さからしっかりカラダを守りつつも、できるだけ素足に近い方がいいに決まっています。

履いた感じは、若干指の股が食い込む感じですが、全体が柔らかいのでこのくらいの着用感でないとボードの上に立ち上がったときに中で足が遊んでしまいそうです。

走るときに使っているフィンガーシューズみたいで好感触です。足の裏でデッキをつかむような動きもできます。

ブーツよりもお高い(税別¥10.000也)のが少々気になりますが、興味がある方は、まだ若干数サイズは残っているようなのでお取り寄せできます。

とりあえずは、どんなもんなのか履き心地を試してみようと思います(暖かさは問題ないはず)



話は変わってピグのフィンのこと。現在使っているこのDフィンふたつ(どちらもこれまで作ったピグに使ったものですが、ほんの少しだけラインを修正しました。)


シェイプ中のピグには左の形を使います。カラーフォームに合わせてブルーのフィンを作っています。


もう一本、自分で乗ろうと思っている方には右側の形を使ってみようと思っています。そちらは太目のレッドシダーのストリンガーに合わせて、画像に写っているようなウッドフィンにしようと考えています。

PIG作りたいという方がもしおられたら、こんな感じでフィンもカスタムできます。カラーだけでなく、ご自分で考えたフィンの形でもOKです。

ふたつのフィンの違いは、左側のを少し後方へねかせたのが右。ベースは右側が1/2インチほど広め。高さは左の方が1/2インチほど高め。面積は同じくらいだと思います。

乗っての違いは…最初は、立ち気味にした左側の方がピボット的な動きをやりやすいかと考えて作ったのですが、正直なところそんな気がするなあというくらいで、あんまり分かりません。すいません。

グラスオンする位置でも変わってくると思いますが、それも基本的にはテール近くです。このくらいの違いだったら、Dフィンという性格の方が先に出てくるみたいです。変えるならもっとドラスティックに変える必要があるんだと思います。

Dフィンは多少変えたところで、やっぱりDフィン。だから66年のジョージ・グリノウのあのフィンが凄かったということになりそうです。



DIYと言うには、豪華すぎなDIYERSたちによるセルフビルドと、そのサーフボードでの波乗りの動画です。

私自身はシェイプはしませんが、自分の要望をカタチにしてくれる腕利きのシェイパーさんが身近にいるという、かなり贅沢な環境で波乗りしています。

自分もシェイプルームに入って粉まみれになることもありますが、ゼロ(ブランクス)の状態からカタチを作っていく過程に携わったサーフボードでパドルアウトすると、いろいろなことが見えてきます。波乗りの技術は別として、違う角度から見るようになったり、ちょっとしたディテールが気になるようになってきます。

皆さんからいただくオーダーでも同じです。一本一本のボードを作る過程それぞれが、自分にとって貴重な経験をいただいていると思っています。

いろいろ考えすぎて、胃が痛くなるような気がすることもあります。白髪が増えたのはそのせいかもしれません 笑。

でも、それが楽しくて仕方が無いのはどうしようもない事実です。

そして、オーダーいただく皆さんにとっても、ショップに並んでいるサーフボードを買って帰るのとはまた違った経験になればと考えております。

映像の中の方たちも楽しそうです。

同じ波はふたつと無いのと同じように、ハンドシェイプでは同じモデルの同じサイズであっても、全く同じサーフボードというのはありません。

波乗りの楽しみはいろいろと尽きないもんだなあと、あらためてそう思います。





BONITAフィッシュが出来上がりました。今回は二本とも5’6”です。全体的に幅広のアウトラインとフラット気味のデッキシェイプでサイズ以上に浮力はあります。滑り出し速いです。

レールは活さんならではのダウンレール。ボリュームがあります。スピードを付けやすいというより、体重を乗せると自然と前へ進むスピードが出ます。

ベースが広くて直進性が高いフィッシュ特有のキールフィンと、このダウンレールはスピードという面で相性が良いと思います。

それをさらに強調しているのが、ボトムのシングルコンケーブです。これらが合わさって、波を滑る感触はかなり滑らかです。

もう少し長い方がという方には、5’8”のストックもあります。

もっと長い方がという方にはこんなのもあります。


6’8”です。まだリペアから戻ってませんが、ロンガーな私にはかなり楽しめそうな感触です。今年はこれが活躍してくれると思います。

フィッシュ、やっぱり面白いです。

BONITAフィッシュ、ホームページご覧ください。


昨年末にアウトラインを試行錯誤していた、9’6”のPIGです。昨日が今年最初のシェイプルーム。シェイプがだいぶ進んでいました。

ボトムを作っていく過程がよく分かると思います。緩めですがロールを入れていただいています。50/50のレールへきれいにつながるのです。

テールはスクエアですが、角を丸めてもらっています。ここは私のこだわりというか、なんとなくというか、こういう雰囲気が好きなのです。ちなみに、ノーズライダーだったらパキッとスクエアにしてもらいます。

ここのテールエンドに、ブルーのDフィンをグラスオンします。

アウトラインはこんな感じです。スマホで見ていただいているなら、横位置で見るほうがPIGのアウトラインがよく分かるかもしれません。

画像でお伝えするのはなかなか難しいのですが、思わず嬉しくなっちゃうアウトラインです。こういうのを追い求めていたような気がします。これはショップ用のストックボードですが、ブランクスの到着を待ち中の自分のボードも、これと同じアウトラインにするつもりです。

このPIGは、幅が細めというところに特徴があります。22インチ幅です。Dフィンとフラットなロッカーには、幅細めも面白いのです。

一般的にこのくらいのレングスだと、23インチ前後の幅があることが多いですが、それを細くして、ボトムにはロールを入れて意図的に不安定な要素を盛り込もうということなのです。

ロッカーは少ないですし、フィンも大きい、おまけに重たいので、どこかに不安定さがあるとコントロール性(みたいなもの)が生まれます。ロッカーもフィンも重量もいじることができない要素ですから、それを幅に求めたわけです。

コントロール性と言っても、バシバシ動き回れるようなものではありません。

クラシックなロングボードのどっしり感を少し減らして、その減った分を乗り手がコントロールする分にまわしてみようという発想です。

実際、幅があるボードから乗り換えたときには不安定さを感じると思います。細いのでコロっとした感じがします。でもそれにはすぐ慣れて、不安定さは感じなくなって、別のものを感じるようになると思います。

それが何かは自分のボードが出来上がって、それで実際に波に乗ってみてからにしたいと思います。

私より先に体験したい方は、このボードの出来上がりをお待ちください。


明日から三連休です。お店は三日間とももちろん営業してます。BONITAフィッシュのストック、5’6”も2本出来上がっているし(明日、あらためてご紹介します)、0.5㎜ラバーのエアスキンインナーも入荷しています。BONITAの一本はクラシックな3ストリンガー。ご期待ください。
Visitor Map
Create your own visitor map!