忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2
7 9
13 16 18
20 23
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ユーズドボードが二本入荷しました。ケヴィン コネリーのマジックカーペットと…


もう一本は、ジョシュ ホールのフィッシュシモンズです。


ホームページにアップしましたので、さっそくチェックしてください。


今日から3月です。潮回りはそろそろ春らしくなってきた模様です。昼間に大きく動くようになってきました。ほんの少しのうねりでも、潮の加減でロングボードを持ち出せば楽しめる季節です。緩くて小さなブレイクでは、丸いレールで重量があるログが大活躍です。

やっぱりログは一家に一台、必需品です。

雨の予報ですが、明日も潮が引く時間はログタイムになりそうです。お時間あるかたは、潮の時間に合わせて出かけてみてください。まだ寒いので、そちらの準備もしっかりとです。私はシェイプルームで遊んできます。


薪ストーブを焚く季節ももうそろそろ終わりに近づいてきています。

今朝は薪の移動作業をやりました。冬に使って空いたところへ次の冬に使う薪を入れていきます。


運んできたのは、2015年に割った薪。もう一年乾燥させます。


昨日、ランニングと体幹をやったので今朝はのんびり薪でも運ぼうと思っていたら、トレーニング以上に大変。ロッキーもドラコとの試合前にやってましたが(笑)薪仕事は天然のハードトレーニングみたいです。

これから1トン割って積み上げたら、腕回りと足腰がさらに成長してしまいそうです。腰には要注意ですが。


低気圧が明日の夜に抜けていく予報です。いまのところそれほど大きなサイズアップは期待でき無さそうですが波はありそう。

朝は潮が多いので浮力大きめのボードがいいのかな。

のんびり行きましょう。







PR
私にパワーをくれているボンザーのお話し。昨日書こうと思って時間が無くて映像だけになってしまったので、その続きです。

ボンザーを手にいれて最初に乗ったのは、2004年のことでした。ファーストボンザーは70年代の本物、マイク・イートンシェイプの5’8”でした。ずいぶん昔のことなので記憶は曖昧ですが、覚えているのはクラシックなダウンレール、ボトムのコンケーブ、そして短いけど速かったということです。残念ながら写真は残っていません。

短いけど…というのは裏付けがある話で、ボンザーが生まれた70年代、ハワイへボンザーを持ち込んだマイク・イートンが、当時標準とされていた長さよりも1フィート近く短くても、ハワイの波で十分に機能したと言っています。

短いということは浮力がそれだけ少ないということですが、それでもボンザーというデザインの働きで実際の長さよりも長いボードと同等、またはそれ以上のスピードを生み出しているということです。

これについて、以前某サーフィン誌にフィッシュとボンザーの記事を書かせていただいたときに、その資料として読んだ文献にダンカン・キャンベルが印象的にな言葉を使っていたのが記憶に残っています。

それは、「ボンザーシステムはボードのボトムの水流を’activate’する」という一文でした。activateは「活性化する」という意味の言葉です。サイドフィンのようでサイドフィンとは違う働きをするボンザーフィン。ボンザーという説明しにくいボトムが行う仕事をうまく表現していると思います。

ボトムの水流を集め、できるだけ逃さずに後方へと流すのがボンザーフィンの働きです。

ボンザーシステムによる活性化が生み出しているのは、スピード、加速性能、ドライブなどですが、ターンしている最中にもその活性化をキープし、ボンザーの感触がとぎれないことが特長であり、サイドフィンとボンザーフィンが果たす役割の最も違う点だと思います。


私が現在使っているのは、3フィンのボンザー。デザインとしては初期型です。クラシックなデザインで、力がある速いブレイクで本領発揮します。どちらかというと、5フィンボンザーの方がいろいろな波質を受け入れる汎用性があるのかもしれませんが、3フィンのボンザーでもセンターフィンの位置をほんの少し(1/2~1/4インチほど)調整することで、緩い波でもルースさがある波乗りを楽しむことができるのを実感しています。

感覚的な話のようですが、実際に波を滑ってみると多いに実感できるのは事実です。それが「activate:活性化」なのです。




シングルフィン、ボンザー、フィッシュ、クラシックなロングボード、そしてニーボード。私自身を活性化してくれるのもこんな道具たちです。それぞれ個性的です。








Russ Short – 3 Fin Bonzer - Mexico ‘77 from Campbell Brothers Surfboards on Vimeo.



サイドフィン付きのシングルとは違う、もちろんトライフィンとも違う、ボンザーはボンザーならではの感覚。思い出すと波乗りしたくなります。

先週の出来事がちょっとトラウマになってしまってまだ海へ行く気が起こりませんが、こういうモノたちが少しずつ元気をくれているように感じます。


もうちょいです。




活躍してくれたボードをきれいにしてあげようとワックスを落とし始めたものの、さすが滑らない、落ちにくいという評判のワックスだけあって落とすの大変です、FU WAX。

寒い今の時期にはなおさらです。あらためてFU WAXの威力を実感しましたが、いくら実感したところで落ちないものは落ちない。

さて、何かいい方法は無いものかととりあえずネットで検索 笑。

塗り方といかに滑らないかの説明はたくさん出てきますが、落とし方は出てきません。ケリーさん、どうやって落としているんでしょう?


結局、普通のワックスと同じ方法、お日さまに当てて暖めてスクレイパーと粉末リムーバーで途中まではきれいになりましたが、太陽が隠れてしまったらもう大変。さすがFU WAXです。

FU WAXは薄塗りでいいので、はがして出るワックスの量はほんのわずかですが、冷えているとはがすのが大変。普通のワックスと違うFU WAX、冬場はかならず天気が良い日に日なたでボード暖めながらやらないと途中でイヤになります。まあそのくらい滑らないということなんですが、やっぱり冬場はやらない方がいいかも。

FU WAX、滑らないのは素晴らしいのですが、寒くてもお仕事でボードをクリーンアップしなくちゃいけないサーフショップ泣かせでもあります。

がんばってなんとかきれいにしましたけど、寒かった…。


ノーアルコール生活は続いています。今週はいろんなことがありすぎました。ストレスも多いに感じていたはずですが、気が付いてみればビールも焼酎も頭の中から消えていました。

頭もカラダも調子いいので、このまま続けていきたいと思います。

明日からの一週間も頑張りましょう!




昨日のブログの最後にちょろりと、ロングボードでマニューバを練習してから…と書きました。もしかすると、ロングボード=シングルフィン=クラシックというイメージでロングボードでサーフィンを始めた方にはいまいち「?」だったかもしれません。

なので少々、補足してみたいと思います。

私が波乗りを始めたころのロングボードは、まだクラシックスタイルが本格的にリバイバルする以前のデザインで、ロッカーがしっかり入ってレールはボキシーでエッジが入り、フィンはトライフィンやシングルスタビライザー。多いにショートボードに影響を受けていたデザインが主流でした。

当時あったサーフィン雑誌は、二誌とも無くなってしまいましたが「LIFE」と「WORLD」。どちらもショートボードの雑誌です。たまにロングボードの記事が出るくらいで、情報がほとんどない状況でした。

ロングボード初心者でも、読むのはショートボードのHOW TO本で、ロングボードのビデオはカリフォルニアのプログレッシブなロングボーディングのビデオ。情報もボードもそっち寄りのものばかりで、必然的に一番影響を受けたエンドレスサマーからは少し遠いところでサーフィンを覚えていきました。

乗っているのは9フィートのロングボードですが、乗り方はどちらかと言えばショートボードぽくてフィンはトライで、シングルフィンのログとは、乗り方が違っていたのです。

最初はそうやって波乗りを覚えました。

出来るようになってきたら、やっぱりシングルフィンが欲しくなって、最初はぎくしゃくしながらエンドレスサマーのイメージで丸いレールの重たいシングルに乗るようにはなりましたが、それまでやっていたマニューバのサーフィン用に8フィートのトライフィンもあわせて愛用していました。

なので、ボードを短くしようと6.8のMINIや6.0のフィッシュに乗り始めたときから普通に、シングルフィンのログとは違うマニューバで波乗りすることが出来たのです。

クラシックなロングボードがすっかり普通になった今では、そういうボードでサーフィンを始めた人も多いと思います。もしそんなロンガーさんが短いボードに乗りたくなったら…。短いボードにいきなり乗りかえるよりは、ロングボードと近い感じでテイクオフができて、ログとは乗り方とデザインが違うマニューバ系のボードで基本的なことをあらかじめ練習しておくのも、もうひとつのトランジションの方法ではないかと思った次第です。

いろんなアプローチ方法があると思います。

クリステンソンのCAFEレーサーのユーズドが入荷しました。レングスは5’8”です。店頭お渡しで税込み現金価格で¥65.000也。後ほどアップします。



入院中のカングーの代車でお借りしているのが、アルファロメオのアルファ156gtaというクルマです。昭和の時代の近未来的な古臭いデザイン(よくわからない)的な雰囲気が好きな感じです。インパネの操作は独創的なのに直観で理解できるデザインで、ハンドルを握っていても面白いクルマだなあと、ちょっと浮気中です。


薪割りやらなくちゃ。




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!