MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
朝晩はすっかり涼しくなりましたが、昼間はまだ夏が残っています。海はトランクス一枚でまだ大丈夫です。

リペア工場とシェイプルームの中間地点で、波らしきものを見つけて昼間の暑さをしのぎます。波はスネ~ヒザですが、道具次第で楽しめます。

新しいDフィンは小さな弱い波でもいい反応をしてくれます…が、思い切りカットバックをやったら重さとフィンのせいか、股関節がイテテテになっちゃいました。小波でもパワー使うのが、こういうボードの面白いところですが、ちょっとやりすぎたみたいです。


痛くてうまく乗れないので立ち上がらないパイポで挑戦。浮力が無いのでさすがに走りませんが、気候がいいので海の中も気持ちがいい。パイポ、もっとやろうと思います。

1時間ほど海に入って、すっかりスッキリ。シェイプルームへ向かいます。

今回のお題はニーボード。いただいたオーダーの形をキープしておいたブランクスで作ることができるかどうかの検討です。


体格に合わせてボリュームを付けるのですが、このブランクスでOKです。おまかせください。楽しめるボード作ります。


いま、比較的すいてますので出来上がりも早いです。クレジットカードでのポイント還元(5%)も無事に審査を通って、10月1日から始まりますので、オーダーお考えの方は結構チャンスかもです 笑。

来週は波上がりそうです。私は股関節痛いからニーボードかな。

お知らせ:9月24日(火)はお休みいたします。よろしくお願いします。



ずーっと迷っておりましたが、自分で乗っていたこのDフィン、ユーズドボードとして販売いたします。と書きつつ、このきれいなアウトラインを見ていると決心がゆらぎそうです。

かなり気に入っているボードですが、新しいDフィンはかなり気に入ったし「FLAT + D」の世界の面白さを一人でも多くの方に味わっていただけたらと考えて放出いたします。ニーパドルでついたと思われる浅いヘコミがほんの少しついているだけで、あとはとてもきれいです。やっぱり凹まさない私です。

あらためて測ってみると、厚みは3”1/2ありました。滑り出しが速いはずです。ロッカーはフラット気味で50/50のソフトレール、ボトムは全体的にゆるいロールです。ノーズコンケーブは入っていません。

ストリンガーは、3/4インチ幅のダークシダーを使っています。ラミネートクロスは、6オンスでデッキを全面3層、ボトム2層しています。重量は11㎏弱です。

初心者向きではありません。クラシックボードに慣れているかたでDフィンに乗ってみたい方にぜひ乗ってもらいたいボードです。

サイズは、9’6” x 22”1/2 x 3”1/2。

Dフィンに興味ある方はぜひ。

MENEHUNE BEACH STORE ユーズドボードのページをご覧ください。


 


OKIDOKI が出来上がりました。レングスは7’7”。オーダーボードです。レールでティントカラーを重ね、グリーンを三色作り出しています。ティントは透明感があるので、二色の色を重ねると色を混ぜたのと同様に発色します。

アウトラインはきれいなオーバル(長円)型にまとまって、いかにもスムースにマニューバしてくれそうです。

ミッドレングスはシングルフィンのプリモ、シングルスタビのTIKIがありますが、このOKIDOKIは、パーフォーマンスタイプのミッドレングスです。


ロッカーがしっかりめに入り、ボトムはシングルコンケーブにエッジが効いたレール。基本はトライフィンですが、このボードはクアッドでも使えるように5プラグ仕様にしてあります。クアッドでも面白そうです。


ノーズがロングボード調ですのでそうは見えないかもしれませんが、幅はプリやTIKIよりも狭めに作られるのが一般的です(オーダーですので調節できます)。そのため、ファンな見た目以上にサイズがあるコンディションまで使うことができます。

8’4”はプリモ、TIKI同様に面白いサイズですし、そのまま9フィートまでストレッチして軽量化すればパフォーマンスタイプのロングボードに変身です。昨日はログが好きと言っておきながら、昔乗っていたトライフィンのロングを思い出して、9フィートに乗ってみたい気がしているのは置いといても、いろいろと応用が効くミッドレングスボードなのです。






ジョン・セバーソンの古いフッテージです。昨日のブログのボードはこういう波乗りをやりたいと思って作りました。ボードもなんとなく似てます。というのも、昨日のブログで書いていた幅が22インチというのは上の動画を見ていて思いついたからです。


幅を細くするということへ考えが至ったのは、22”1/2という幅のログに乗っていたからです。それまでの23インチとは何かが違うぞ、とずっと思っていました。

あらためて考えてみたら昔の(60年代)のボードは大抵が今のクラシックと言われるロングボードよりも細いということに思い至ったのです。昔のボードと同じようにDフィンにして、フラットなロッカーを作り、ある程度重くして形を似せてみても乗ってみると古いヴィンテージボードとはどこかが違うのです。

そして、22インチ幅にしたボードで波に乗ってみたのが昨日のブログです。

ボードの前後、そして左右のレールへ体重を乗せると、反応はかなり敏感になっているのを感じました。ボードに体重を乗せて何かの動きをする度に、バシャッ、バシャッと大きな音が聞こえてくるくらいにボードからスプレーが飛びます。

フィンは確かにDフィンでこれまでとほぼ同じ大きさです。それでもボードの反応は多いに変わっていました。これまでのDフィンのログとは違う反応に海の中で大興奮でした。まさに「何コレ?!」と思いましたから。

ログの面白さは、いろいろあります。滑り出すときの気持ちよさ、重量と大きな接水面が生み出す強烈なグライド感、滑りのスムースさ、小波でも十分スピード感を楽しめることなど、たくさんです。

そこにさらにプラスされたのが今回のこの感覚。まだうまく表現ができません。とにかくこれまでに作ったDフィンとは違うものです。これからもっと乗っていけば何かいい表現を思いつくんではと思います。

ノーズライド命もいいですが、こういうログの方向性もあっていいと思います。このログ、Dフィン方面に興味ある方にはかなり面白いログではないかと思います。


さて、クラシックなログにもマッチする、AXXE CLASSICのオーダーキャンペーンは、この三連休までです。お渡しは10月中旬以降。消費税は10%になりますが、クレジットカードなら5%のポイント還元対象です。





午前中に仕事を済ませて、昼の海へ。サイドから吹いてくる風はひんやりとしていますが、日差しはまだ夏が残っています。運転するクルマの中ですっかり暑くなってしまってウェットを着る気になれずにトランクス一枚で入水です。

波はヒザ・モモくらいですが、このログには十分です。フラットで重たいし、レールも丸々とボリュームたっぷりで、ちゃんと乗れるのかいな?という心配の方が勝ってます。


波を見ながら、ワックスアップ。トラクションが少ないとボードが重たい分、滑ります。見ていると、ときおりハラくらいのセットも入ってきます。

さーて、やってみるべとボードを抱えて歩き出します。このボード、ワイドが22インチと細めです。なので脇に抱えるのも楽です(重いですが)

でもワイドを細くしたのは、持ちやすくするためではありません。

現代のクラシックなロングボードは幅が23インチというのが一般的です。それにくらべて、ヴィンテージボードは細い。23インチから22 1/2へ、わずか1/2インチ(1.2センチ)細くしただけでも違いを感じました。それで、今回はさらに1/2インチ細くして22インチにしてみました。

果たしてどう変わるのか?

…とワクワクしておりましたが、まずはお初のボードに慣れるところからのスタートでした。乗れないのです。乗り遅れ、乗り遅れ、乗り遅れをもう少し繰り返して、もう少し前へ胸をついてみようと移動したら、ノーズが波の中 笑。 

こういうのもヴィンテージボードに乗っているみたいで楽しかったりするのですが、このままでは幅の違いなんて分かりっこありません。そこで修正すべき点を整理します。

ボードが重く、パドルでの加速が遅いようなので、それに合わせたパドルのタイミングを考えます。フィンが大きくてコントロールが難しいボードは、慣れるまでの最初の滑り出しは大切です。

ヒザ波でこんなにイロイロ考えている人はなかなか居ないと思います。自信の無さの現れでもあります 笑。それでも一度タイミングとポジションをつかんでしまうとあとは何の問題もありません。

滑り出しは速くても、ボードに十分スピードがつくまで待って立ち上がります。大きなフィンの抵抗があるので、そうする方がその後が安定してきます(フラットなロッカーも関係あると思います)。丸くてボリューミーなレールは扱いが大変かと思っていましたが、特に気になりません。それよりもスピードがすごいです。

テールをしっかりと押さえてコントロール(というほど動くわけではないので、トリミングという方が正しいかもです)してあげると、すごいレスポンスが返ってきます。重量、大きさ、スピードのせいだと思いますが、かなりの迫力です。

幅を絞ることで意図的に不安定さを作り出せば、ボードのレスポンスに変化が出てくるはずだと考えたのですが、考えたとおりのレスポンスを返してくれているように感じました。

理屈はいろいろとあるのですが、そんなのを置いておいてもとにかく、ログをあやつる面白さが広がったのではないかと思います。これまで乗ってきたロングボードの中で一番面白いと言っちゃってもいいと思います。このDフィン、かなり気に入りました。

まだ色白です。早く日焼けさせてあげようと思います。


次は、さらに1/2インチ細くして、21”1/2幅にしてみようかと考えています。変化の余地はあんまり無いのかと考えていたロングボードですが、まだまだいろいろありそうです。


ログの後は、パドルのバランスとテイクオフの感じをちょっとだけ。6’8”のMINI HULLです。感じはつかんだので、次回のお楽しみということで。コンケーブ入りとは逆で、フィンはもうちょっと大きい方が良さそうです。

雨とオフショアですっかり肌寒い朝。波は、コシ・ハラ。サイズは落ちてしまいましたが、面がきれいな波です。

ボードはコレ。8フィートジャストのプリモ、シングルフィンです。


8’3”のピグのフィンのセッティングをやったり(BOXに換えたやつです)、6’8”の大きなフィッシュが面白かったりで、ちゃんと乗ってあげてませんでした。8’4”にはさんざん乗っていたので、かつて知ったるではあるのですが、ロッカーなどのマイナーチェンジの部分もあります。

8フィートはボランのパッチを入れたので、短くなって重くなって(数百グラムだと思います)います。短くした分はもちろんですが、重くした分でも浮力は落ちています。そのせいか、パドルはなんとなく重たい(パドルに原因がある可能性も)です。

でも、これがいったん滑り出すととにかく速い。そしてスムース。貫通力があると言えばいいのか、波の上を突き進む感じ(笑)が滑らかで気持ちいいのです。

スピードに乗ったところで、ボードを大きくターンさせて波のカールへと戻ります。レールとボトムはしっかりと水の流れをつかまえるように活さんがシェイプしてくれています。背中側のレールが波に入ってホールドしてくれているのが良く分かります。

これまでのプリモでも同じようにカットバックしてくれていましたが、新しいロッカーのプリモはそれがさらにやりやすくなっていると思います。きっかけを作ってあげたら、勝手に回ってくれるような感じです。

長いプリモはやっぱり楽しくて、8’4”もやっぱり欲しくなって、というかこれはテストしてみなくちゃダメでしょう。

いつも言ってますが8’4”プリモ、シングル派のロンガーさんにぜひ乗ってもらいたいモデルです。絶対に世界広がります。


明日もログでできるくらい残りそうな感じです。朝、起きられたら新しいDフィン持っていこうと思っています。


ビッグフィッシュ6’8”、梱包完了です。南国へと旅立って行きました。今朝も波はありましたが、私の仕事は一期一会。波はきっと明日もあります。

たっぷりの緩衝材でノーズとテール、レールとフィンを包み込んで、二重構造の8ミリ厚段ボールでボードに合わせてボックスを作ります。ボックスの上下は二枚重なるので厚さは16ミリ。かなり頑丈です。自分で考え出した梱包方法ですが、これで15年以上事故無しです。

活さんのオーダーボードはラミネート工場に依頼して完成次第、直接出荷ができます(長さによって¥7.500~¥8.500です)。島しょ部を除いて全国発送可能です。

ショップのストックボードも発送することができます(ショップからの出荷は上記の金額にプラス¥2.000~¥3.000です)が、シングルフィンのグラスオンは大きさの規格を超えてしまう場合がほとんどですので発送ができません(クアッド、トライ、ツインはグラスオンでもOKです)。

ざっくり言うと、Dフィンやプリモのグラスオンフィンなどはサイズオーバーで輸送ができず、それ以外ならだいたいOKという感じです。

詳しくはお問合せください。

ユーズドは発送しておりませんが、プリモ8’4”のきれいなユーズドが入荷しました。個人的にはイチオシの一本です。


こちらをどうぞ。MENEHUNE BEACH STORE ホームページ
どうしても見たい絵があって、出かけてきました。昨日のお話です。目的の東京駅へと到着したのですが、ちょうど開催されていた、東京オリンピックのマラソン代表を決めるMGCのランナーが通過する時間だったので、すぐそばの皇居の内堀通りまで出てみました。

コース的には銀座、日本橋を芝公園まで往復してきた選手たちが靖国通りから内堀通りへ入って、二重橋で折返し、また靖国通り方向へ戻っていく、30kmと35km地点の中間付近です。

男子のトップはすでに通過した後でした。それを追う後続ランナーが通過中です。


その15分後、女子のトップがやってきました。優勝した前田穂南選手です。

腹筋がすごい松田瑞生選手は4位通過。腹筋はもちろん、すごい筋肉してました。福士選手はそのすぐ後を5位通過。きれいなフォームが印象的でした。

トップのアスリートたちが走り抜けていく姿を見ることができて、エネルギーをもらえた感じです。みなさん、かっこいい。走るのってやっぱりいいです。

東京駅にはこれが目的で来ました。東京ステーションギャラリーで開催中の「岸田劉生展」です。


ずーと見たかったのはこの絵です。「道路と土手と塀(切通之写生)」1915年。ネットで借りてきました。


代々木の丘を切り崩したばかりの赤土の道路の絵です。早い話が道路と土地造成の工事現場ですが、そもそもどうして緑も花も水も人も動物も無い、この風景を描こうと思ったのか?赤土の地面を描いた絵が、人を惹きつけるチカラを持っているのが不思議な作品なのです。

岸田劉生は、この絵の他にも「麗子像」で有名です。美術の教科書には大抵載っている絵なので見たことがある方も多いと思います。

見ているうちに思ったのは、肖像画が多いということ。解説によると「劉生の首狩り」と言われたほどいろいろな人を捕まえては肖像を描いたいたということです。肖像画が並んでいると退屈してしまうことが多いのですが、岸田劉生の場合はそれが無いのです。いくつもの見ず知らずの人の顔を見ているのが面白い。

ずっと見ているうちになんとなくひとり合点がいったような気がしました。表現力が豊かなのです。人の顔や赤土の地面といった、一見退屈になりがちな対象をモチーフにして、それをいかに絵画的に表現するかということが、この作家が追及するもののひとつだったのではないかということに思いいたりました。

長距離ランナーと早世した洋画家、いい刺激をいただきました。岸田劉生展10月20日まで東京駅ステーションギャラリーでやってます。

きれいに復元された東京駅ですが、当時の遺構を残したレンガの壁のあいだには戦災で焼けて炭化した木材が残されて、いまでも焼け跡の匂いが生々しく漂っていました。


2020年の来年は東京オリンピックです。私は1964年の東京オリンピックの年に生まれました。55年前の昨日でした。55歳。いわゆるアラ還と言われる年齢になりました。

だからどうということはありません。いままで通り、変わらずにと言いつつ少しずつ年相応になりながら続けていくだけです。

明日は波ありそうですが、やらなければいけないことがあるので行けません。明後日も残りそうなので、そっちを期待です。



Uさんのオーダー、ホットマンゴー6’0のシェイプが始まります。ホットマンゴーは、活さんのラインアップの中でも古くから作られているモデルのひとつです。

オーダーいただいたUさんは30年ほど昔、まだ中学生のころに初めて活さんのボードと出会ったそうです。当時はまだ高嶺の花で、先輩たちがKatsuのロゴのボードに乗っているのを指をくわえて見ているだけだったそうですが、その頃のことを思い出して、関西から新幹線に乗って町田までご来店いただきました。

同様に遠方からわざわざ来ていただく方は少なくないのですが、話をうかがうと当時(もちろん今でもですが)川南活というサーファー・シェイパーがどれほどの人気であったのかということを強く感じずにはいられません。

30年越しのオーダーはもちろん活さんもとても喜んでおられました。シェイプ前に記念撮影です。来週は完成したシェイプの画像、お送りします。


1981年の雑誌広告です。この古いKKロゴ、復活させたいなあ。


カツカワミナミサーフボード、歴史あります。

お知らせ:9月15日(日)はお休みいただきます。よろしくお願いします。


9月15日 午前7時の予想図です。北風は強そうですが、徐々に東と南からうねりが入ってくるのではないかと思います。三連休は波ありそうです。

連休は15日に所用があるのでお休みをいただく予定です。よろしくお願いします。
Visitor Map
Create your own visitor map!