MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

完成しました。ボランクロスがきれいです。

サイズは、9’9” x 23” x 3”1/8(ちょっとプラス)持ってみた感じでの重量は、たぶん11㎏くらい。

サイズ的にグライダーと呼ぶのはどうかなあと思っていましたが、出来上がりの風格はグライダーと呼んでよさそうな雰囲気を十分漂わせています。グライダーと呼ぶことにしようと思います。



雨降って来たので明日写真撮ってあらためてご紹介します。ショップに置いてありますので見に来てください。

もちろんオーダーもOKです。

グライダー乗りたいのはもちろんですが、実は月曜からぎっくり腰です 笑。

でも走ってます。もちろんいつものようにはいきません。月、火はとりあえず大人しくしてました。お尻の筋肉が硬い感じなので丁寧に伸ばしてあげて、水曜は早歩きより少し早いくらいのゆっくりペースで、数キロ。

昨日は、普通のペースで7~8キロ。やっぱりお尻が気になるので、丁寧にストレッチ。今回はそこが原因なように感じます。

今日は本当は早朝オンショアサーフィンしようとたくらんでいたのですが回復せず。グライダー持っても平気なようになりました。だいぶ良くなったみたいですが、まだ波乗りは無理っぽいです(素早く立ち上がる動作がおそらく無理)

前向きに治します。








波乗りは、やっぱり楽しむもの。忘れちゃいけません。

遊んでますが、みなさんめっちゃ上手です。そして自由でアタマも柔らか。フィンレス真似してみようとたくらんでます。







そろそろシェイプが始まりそうな、6’9”のシングルフィンのカラーリングの参考になるものは無いかと、シングルフィン全盛期の70年代の雑誌をぱらぱらとめくっています。

70年代前半、いろんなものが目に飛び込んできます。

これは、トランクスの特集ページに載っていたバードウェルの紹介欄。赤のサーフナイロン製の今は無くなってしまった#305です。フロントフライはベルクロかボタンとなっていますから、昔はどちらか選べたみたいです(現在はボタンフライ)

現在の#310がこのレングスですね。

OPの広告。お若いです。


キャンベル兄弟とマイク・イートンのボンザー談義。ボンザーボトムのリクツが説明されています。


なので、ビングボンザーの広告も。カービングしているのは、マルコムさん。


この当時はいろんなデザインが試されていたようで、こんなフィンも取り上げられています。

キールフィンです。ジョージ グリノウのクリスタルボイジャーの中で、ナット ヤングが調子よく滑っているのを見ることができます。一番手前のはスキップフライのロゴが入ってます。

ボンザーも同じですが、ボトムの水流をなんとかしようという試みがいろいろと見られます。サンディングマンがノイローゼになりそうなボトムです。

こういうのを見ると、トライフィン(マルチフィン)というのはやっぱり求められた結果なんだなあと思います。

こんな写真も。この当時は今よりも市民権あったように思います、ニーボード。


そのニーボードをやるときに、私が履いているフィンのメーカーの広告です。

チャーチルのマカプウフィンいいですよ。

ボードバイヤーズガイド。ボードカタログです。


こんなのが挟まっていたりします。ハワイの古道具屋で見つけて買ってきたものなので、LIBERTY HOUSEの当時の雰囲気たっぷりの広告の切り抜きも挟まってました。古雑誌ならではです。


それで何か参考になりそうなものが見つかったかと言うと、すっかりカビくさくなっただけ。自分で考えることにいたします。


今日の懐メロ。グレイトフル デッド版もかっこいい THE WEIGHT。

デッドヘッズじゃありませんが、ジェリー・ガルシアの五枚組や非売品のラジオシティのライブ盤もなぜか持ってたり、結構好きです。











ちょっと前のブログで、93年のワイキキでの自分の写真について書いたのを思い出してください。これです。マカハのワールドコンテストでラスティ・ケアウラナがチャンピオンになった年です。

そして、ちょうど同じタイミングで届いたサーファージャーナル日本版に、その当時からはじまったロングボードブームの記事が載っていたのを読んで、あらためて25年間という時間を実感しています。


93、94、95年と三年連続チャンピオンだったラスティ・ケアウラナのお店は最初、アラモアショッピングセンターの裏、カピオラニのKFCの隣にありました。

そこで、94年にマリブで優勝したときのボードを見せてもらったことがあります。93年に使ったボードと同じBKシェイプで、例のカラーリングは同じでしたが、波が小さなマリブに合わせてノーズから幅が広く取られていたのを覚えています(ノーズはびっくりするくらい広かった)

93年のハレイワのボードは細くて薄くて、全然違いましたから、ラスティみたいな人でも波に合わせてこんなに違うシェイプに乗るんだと、いろんな意味で認識をあらためた記憶があります。

こんなこともありました。

季節は確か秋。ヴェテランズデイだったかサンクスギビングだったのか忘れましたが、その時期です。

休日だったので、ワイキキは混むだろうと予想して(波も良かった)早朝から岸からパドルで20分ちょっとかかる沖のポイントで波乗りしていました。

だんだん日が高くなってきて、予想通りたくさんの地元のサーファーでにぎわい始めたので、私はスローダウンして、ハワイの海を楽しんでいました(いい波、まわってきませんから)。

良い天気でゆるいオフショアに世界一気持ちがいいハワイの海水と、休日のビーチ沿いのホテルで演奏されるハワイアンミュージックが風に乗って聞こえてくるのにすっかりなごんでいたら、岸からだんだんと近づいてくる妙なシルエットがふたつ。

それは、ジョーイ・ヴァレンタインとランス・ホッカノでした。二人ともでっかい船みたいなサーフボードで、どうやって進んでいるのかボードに立ったままで近づいてきます。その当時、ハワイではもうSUP(昔はビーチボーイスタイルとか言ったような)をやっている人いましたが、二人はパドルは持っていませんでした。

それで、波が来たなあと思っていたら、これまたどうやったのか、ボードの上で立ったままの姿勢で大きなボードの向きをくるりと岸へと向け、パドルもしていない(ように見えた)のに波をつかまえて滑っていくのを波の後ろから見ていた私の頭の中は「?」が飛び交っていました。(追記1.

当時、すでにクラシックスタイルのロングボードに傾倒していっていたので、プログレッシブ系のロングボードにはあまり興味はありませんでしたが、プログレッシブ≠ハワイアンスタイルのロングボーディングで、ハワイアンスタイルの中のひとつのカルチャーとして理解&リスペクトしているのは、そんな経験からだと思います。

ショップの名前も、メネフネだし 笑。

エンドレスサマーが波乗りを始めるきっかけだった私は、自然とそちらへと流れていっていましたが、ボードはあの映画に出てくるみたいなのが欲しいけど、何か違う。トランクスは90年代の半ケツダブダブ系はアウトで、当時からバードウェルです。ずっと赤いの履いていました。

ジョエル・チューダーのおかげで、そういうデザインのロングボードが作られるようになって私もその恩恵を多いに受けたのですが、彼の他にもタイラーサーフボードとマット・ハワードなど、クラシックボードへの回帰はカリフォルニアでは自然な流れだったんじゃないかと思います。

カリフォルニアもその頃かな。シールビーチからサンディエゴまでビーチホッピングしながら行ったのは、ネットも無い時代自分としては探検&冒険気分でした。


思い出してみれば、つい最近のことのように思い出されますが、そこに25年という時間が経過しているのも事実です。以前、このブログで書いた最初のカリフォルニア、シールビーチの写真です。今では宿泊したこのホテルも、昔ながらの雰囲気たっぷりだったリカーショップもありません。


日本でも、自分のまわりでも同じことです。10代まで住んでいた長崎、自分が今住んでいる場所、そして東京の街も25年の間に変わっています。その変化を受け入れ難いと感じる場所もあります。変わって欲しくない場所は誰にでもあるのではないかと思います。でも変わらないものなんてありません。

結局、ロングボードに戻ってきている25年後の今ですが、25年前のクラシックよりもさらにエスカレートしているようです。

歳月が過ぎても、たいして変わらないものもありましたね。


(追記1. 私が11フィートもあるグライダーに触手を動かしたのは、先のブログのレンタルボードやこの経験がベースになっていると思います。普通のロングボードに加えて、11、12フィートといったビッグボードに興味を持ち始めたのはこのときのイメージが強烈だったからです。









たとえばロングボードからフィッシュに乗り換えるとき、自分の中で何をどのように切り換えるとスムースに移行できるのか。意識をどう変えていくのか。

ずいぶん長いあいだやっていたくせに、そのいくつかのポイントに気が付きはじめたのは1年ちょっと前のこと。その頃から気が付いたことを思い出すたびに書いてきましたが、カテゴリーを作ってまとめてみました。

「ロングボードとオルタナティブ 意識を変えるポイント」というタイトルで左側のカテゴリー欄に作りました。

これです。

http://menehune.blog.shinobi.jp/Category/23/

記事の一番上に並んでいる数字がページです。番号が大きい方が古い記事になります。〔5〕をクリックすると古いものから表示されます。

書けているのはようやくパドリングとテイクオフまでですが、いろいろなサーフボードに乗りたいという方のお役に立てれば幸いです。

その他にも、「シングルフィンに乗る理由」や「Dフィンロングボード」など、自然と出来て来たいくつかのテーマでもまとめてみようと思っています。

まずはひとつ完成です。

グライダー、早く出来ないかな~と思わせる動画です。

north from Lar Lar Chiggins on Vimeo.









入荷したBONITAフィッシュ、アップロードしました。ホームページでご覧ください。


画像ではシェイプをお伝えするのが難しいのが残念です。イーグルノーズから、クラシックなダウンレール。フラット気味のデッキとのコンビネーションが絶妙です。組み合わせの妙とはまさにこのこと。デッキからつながってくるダウンレールが作り出している曲面を触っているとぞわぞわしてきます。

クラシックとはこのことです。ダウンレールのシェイプが生まれ、洗練されていった時代のリアルタイムの経験から生まれてくるのだと思います。いつだか、活さんが70年代に乗っていて、調子良かったシングルフィンをそのまま作ってくださいというお願いをしたことがありますが、そのときのシングルフィンと同じです(6’2”でした。あれは良かった)

このボリューミーなダウンレールでのサーフィン。なかなか他には無い感覚です。

活さんのフィッシュのラインアップにはこのBONITAともうひとつ、KK FISHと呼んでいるフィッシュのふたつがあります。


違いはひとめで分かります。アウトラインです。KK FISHは丸みをおびたノーズと絞り気味のテールのラインが特徴です。

ラウンドノーズの面白さはテイクオフのときも滑っているときも、前へ前へと体重を載せていけること。それが滑り出しの速さとスピードにつながる、なかなか機能的な形じゃないかと思います。

KK FISHはありませんがBONITAのこのレール、ぜひ触りに来てください。もちろんカスタムオーダーもOKです。

それから、AXXE CLASSICから春夏ウェットのカタログが届きました。フューチャーされているのは、グッドウィンファミリー。奥さまのデイジーは元ロングボードのウィメンズチャンプ。GLASS LOVEの冒頭でロングボードに乗っている美しいシルエットの女性が彼女。旦那さんもすごい波に乗っちゃうサーファーです。



春秋に使える、3mmフルスーツとシーガル、スプリング、タッパーなどの春夏アイテムの新作です。

冬に大人気だったロングチェストジップとチェストジップ(通常のジッパーレス)のふたつで、柔らかさが持続するプレミアムゴールドラバーが使えます。プレミアムゴールドはジャージ限定です。ジャージではなくてスキンをご希望の方には、従来のネッスルとSULドライプラスの生地を用意しています。

春夏アイテムもオーダー料無しでお作りします。

新しいカタログをご希望の方は、いつものように、1.郵便番号、2.住所、3.お名前に「カタログ希望」と書いてメールでお申し付けください。郵送いたします。(*カタログが無くなり次第終了します。メールのみで受付いたします。かならずメールでお願いします。)もちろん店頭お持ち帰りOKです。

ホームページも画像が手に入り次第更新いたします。しばらくお待ちください。







カツカワミナミサーフボードのロゴマークに新しい色が加わりました。新色はブラック&ホワイトのモノトーン。スペシャルズカラーです(たとえがいにしえ)


新色ロゴをどう使いこなすかは、あなた次第。

私はさっそく、このブランクスで使ってみることにします。


作ろうと思っているのは、6’9”のシングルフィン。PRIMOです。ミニ、MINIと騒いでいましたが、届いたブランクスのストリンガーが少し太めだったので、これに似合いそうなPRIMOにへんこう。MINIは次に届くブランクスでお願いすることにしました。

バスウッド(白木)のストリンガーはどちらかというとすっきりさわやかですが、ダークウッドは一本きりりと主張があります。透明感があるティントカラーはもちろんですが、不透明顔料のオペークカラーでも透けて見えるので、ストリンガーの存在感があります。

いろいろな使い方ができます。

ストリンガーの太さや数や色を考えるのもボランクロスと同じで、ロングボードからの流れで、ショートボードに乗っていた(いる)人にはあまりなじみが無いかもしれません。

ロングボードしかなかった60年代には、競うようにいろいろな種類のストリンガーが作られました。太いバルサ、バルサとレッドウッドの組み合わせ、たくさんのストリンガー、高密度発泡のカラーフォームとバルサやレッドウッドとの組み合わせ、曲線のストリンガーでバイオリンストリンガーなどなど、さまざまな種類のストリンガーを古い写真やヴィンテージボードで見ることができます。

あまりやり過ぎると妙に重くなったりしてしまうので、ミッドレングス系ではやっても、上の画像のようにちょっと太くするくらいにしておいた方が良さそうです(ロングは以前、PIG用に作った1インチ幅のバルサのストリンガーが一番太いものでした。重かったです)

ダークウッドはもうオーダーOKですが、ブランクスの在庫状況によって、若干出来上がりが延びる場合があります。詳しくはご相談ください。

こんなのもあります。ダークウッドのウェッジストリンガー。新しく入荷した、BONITA 5’8”。フィンはダブルフォイルのキールフィンで、お持ちかえりOKです。アップロード、少しお待ちください。ちなみにボリューム多めのAOB フィッシュです。浮力欲しい方に。

ちなみにウェッジストリンガーというのは、テールへ近づくにつれて細くなっていくストリンガーです。テーパードなどとも呼んだりします。






ロングボード大好きです。特に重くて丸くて、大きなフィンが後ろからはみ出しているようなやつが好きです。

フィッシュも好きです。大きなウッドのキールフィンがついたクラシックなフィッシュ、クアッドフィンのスムースで軽快なフィッシュ。どちらも好きです。

ボンザーも好きです。3フィンと5フィン、どちらも捨てがたい面白さがあります。形もいろいろ、ラウンドノーズにイーグルノーズ、ロングボードのボンザーも作りましたがあれは良かった。

それから、シングルフィン(ロングじゃないやつ)です。丸いアウトラインのエッグ、70年代風のダウンレールとイーグルノーズ、モデル名が出ちゃいますがプリモの6’8”と8’4”(具体的)、それと、ハルもいくつか…です。

ずいぶんたくさんの種類のボード作ってきました。

必然的にいろいろな問題も同時に発生してきたりします。加齢に合わせて楽しめるのはどれか?ロングから始まりいろいろ乗って、訳が分からなくならないようにするにはどうすればいいか?ロングボードは趣味に走り過ぎじゃないか?

大変な感じですが、それぞれなんとか解決してきました。

その一部始終をこのブログに書いてきたのですが、それらを改めてまとめて、カテゴリー分け(左側にあるやつです。スマホの人はPC表示かメニューでカテゴリーというところから開いてみてください)する作業をいまやっています。

改めて読み直すと書きっぱなしで分かりにくいところが多々あるので、あらためて筆を入れなおしております。

まとめる柱はこんな感じです。

Dフィンのロングボードのこと(やはり趣味に走り過ぎか…でもDフィンに対する固定観念を無くしたいのです)

それから、覚えてますか?AOB。これもいろいろ書いてきましたが、おっさんのボード選びに役に立つと思います。

そして、ロングボードとオルタナ系の短いボードとの乗り換え。「意識を変える」というやつです。うまく行かない人には役に立つと思います。いろいろ乗れたら面白いですから。

とりあえずこんな感じで、ブログの内容でカテゴリー分けしてみようと思っています(同時に推敲も)

「意識を変える」はこの頃から始まったみたいです。2016年12月2日のブログ

明日は、東うねりが入ってきそうです。東に反応するところはもちろんですが、東にそれほど敏感じゃないところも潮の加減を見れば波乗りできると思います。私のいつものところは、昼前くらいからかな~。

雨ですけどね。






北風強いですが、波は残りました。行く気たっぷりでしたが昨晩、社長にしぼられた(かどうかは定かじゃありませんが、そんな感じ)らしい女房が夜遅くしょげて帰ってきたので、つきあっていたらすっかり寝るのが遅くなってしまって起きられたのはいつもの時刻。

波有るな~と思いつつ、こっちの社長(私)がさぼるわけにもいかず、さぼってもあまり支障は無さそうなサーフショップで店番しております。

それで、波がいいのかどうかは知りませんが、波乗りしたいなあとネットをのぞいてみたら、ラミネート中の私のグライダーを発見してテンションうなぎのぼり、こいのぼり。

いい感じだなあと思いつつ、こっち向いている方は、いったいノーズなのかテールなのかで悩んでいたところです。


今回は色はつけずにクリアにしました。レールとデッキのニーパッチが、うすーいブルーグレーっぽく見えているのはボランクロスの色です。

ボランクロスはクラシックなロングボードに乗っている方だったら、馴染みの素材だと思います。このグライダーのシェイプ画像はちょっと前のブログでご紹介しましたが、あれをガラスクロスにFRPの樹脂(レジン)をしみ込ませたもので包んで「ラミネート」する(かなり雑な表現)のですが、そのガラスクロスの種類のひとつがボランクロスです。

クラシックなロングボードに…というくらいですから、50~60年代のロングボードの時代から使われているクラシックな素材です。

厚みは、8オンスあります。通常使うのは、6オンスや4オンスですからそれよりも厚みがあります。(オンスというのは質量の単位で、ある一定のサイズの布(クロス)を質量で表しています。重くなるほど厚くなります。デニムの生地で言うと、ワークパンツやカバーオールに使われることが多い少しだけ薄いデニム生地が8オンスです。)

繊維は太くざっくりした織りの生地で、特徴は上の写真のように薄い色が付くことです。昔のロングボード同様にクラシックな雰囲気に仕上がるのが、ロングボード愛好家には嬉しいのです。

厚みがあって、織りの繊維が太く樹脂をたっぷりと含んでくれるので(含浸という言葉を使います)厚く、重く仕上がります。

厚い分、頑丈になると思いますが、織りが大きいからか独特の柔らかさもあります。フレックスフィンでボランフレックスというのを聞いたことがあるかと思います。コシがある独特のフレックスがあるフィンですが、ボランクロスが持つしなやかさを利用しているフレックスフィンです。

という訳で、出来上がりが楽しみですが、やっぱりこっち側がテールかな、と思っています。

やっぱりノーズかも。







南西の強い風は明日も続きそうです。暖かいのは嬉しいですが、花粉もまき散らされているようで…。明日の夜には前線と低気圧が通過していくので、北風に変わりますがこの風も強そうな気配です。画像は火曜日の朝。

うねりは北風で抑えられるか、残ったとしても強いオフショアになりそうです。長めのボードは風の影響が大きいので難しそう。なかなか都合良くはいってくれませんね。

こんな重たいボードならオフショアが強くても楽しめるんでしょうか。

昔のサーファーはすごいです。このボードでバックサイドはかなり難しいはず。

このボードの出来上がりが待ち遠しい限りです。

早く乗りたい~。

春っぽくなってくると聞きたくなります。







Visitor Map
Create your own visitor map!