忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2
7 9
13 16 18
20 23
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
この春から取り扱いを始めた、HERVEST HEMP TEEが入荷しました。


素材はヘンプ55%、オーガニックコットン45%の割合でブレンドした肌触りがとても良い生地です。色数は今後増やして行く予定ですが、まずは未ざらしのアイボリーから。コットンとの混紡で、ナチュラルな色合いと風合いをかもし出しています。

プリントは何も入りません。無地のTシャツです。プリントのデザインよりも、肌触りの良い生地での着心地の良さと、きれいなシルエットにこだわったTシャツです。

ここ数日、自分でも着用していますがとにかく着心地が良い素材です。ヘンプというと夏の素材と思われそうですが、コットンとの混紡によって空気を含んでくれるので、インナーに着ると普通のコットンのTシャツよりも暖かいのです。

風通しが良く、さらりとした肌触りなので汗をかく季節にも気持ちが良さそうです。

着心地とシルエットで勝負のTシャツです。おっさん(私)になると、妙なプリントが入っているよりも、こんなシンプルなのが良くなってくるもんなんです。

S~XLサイズで取り揃えました。税別¥3.500です。アップロ-ド、お楽しみにお待ちください


さーて、まだまだ寒い日は続きますが、そろそろ春の準備の季節です。そろそろオーダーを入れて、出来上がりは3月下旬から4月。4月になれば心もウェットも軽くなります。

第一弾の出来上がりは、ロングジョンとジャケットのセットアップ。DTラバーという以前のネッスルと同じかそれ以上に柔らかい素材で、価格は据え置き¥46.000。3フルでも同じですので、ぜひ。


その他、ZERO、AXXE、AIDENTIFYもオーダー料無しでお作りしますので、サイズ測りに来てください。

それから、ユーズドボードも入荷しています。TYPHOONのパフォーマンスロング。これでマニューバを練習してから、短いボードへ移るのも方法のひとつ。トランジションには、いろんなやり方あるのです。


ユーズドはホームページをご覧ください。



PR
たっぷり波が残った昨日は、ここで入りました。遠いのでよく分からないと思いますが、パドルのし甲斐があるのはお分かりいただけると思います。


ちょっと前に書いた「意識を変える」ということを実践してみようと、今回はこれを持ち出してみました。6’3”ボンザーです。フィンは3フィン。


意識を変えてみる部分は、テイクオフです。ボードの長さが、長→短へ移行するときに一番ひっかかる部分ではないかと思います。

波はいつものポイントよりも掘れ気味で力があります。試し甲斐があるというものです。

まず感じたのは、まあ自分がヘタクソなこと、ということです。年明けからあまり海へ入れていなかったので、パドルが弱い。

それでも人が少なかったので、タイミングで行ってやろうと、じっくり取り組んでみました。

何回か波の一番上から降り、何回かは成功。陸上でのスタンドアップの練習は絶対に役に立ちます。お悩みの人は実践あるのみです。

掘れ気味のところを、確実に走り出すまで我慢(ロングボードなら確実に立ち上がっているタイミングです)キタ!と思ったら、陸で練習したとおりに立ち上がれば何も問題はありません。

が、何回かは乗り遅れ、または遅すぎでまっさかさま 笑。

うまく行ったときには、このボンザー最高です。マジですか、というくらいスピードが出ます。動きも軽い。写真の位置では、フィンが少し前過ぎでした。カットバックは軽いのですが、ボトムターンで自分のイメージ以上に上へ向こうとします。

そういえば前回このボードに乗ったときにも同じフィンの位置で乗って、もう少し後ろだなあと思ったのを忘れてました。

だんだん、腕に力が入らなくなってきたので、またロングパドルで撤収。

板はいいです。5フィンのボンザー5もいいですが、この3フィンも面白いです。5と3の違いも分かってきました。そして「変えた意識」も少し出来てきました。出来ると思いますよ。


そんな、感じでのんびりと戻っていたのですが、このあとトラブってしまって、昨日は店を開けることができませんでした。


どうもすいませんでした。

また、金曜日は良さそうですね。



海から戻る途中、クルマがトラブルを起こしてしまって、店を開けられませんでした。ご来店いただいた方、申し訳ありませんでした。今、やっとひと段落つきました。

明日は平常通り営業いたします。


二度目の春一番が吹いております。海はオンショアに吹かれて思い切りサイズアップしているようです。日付が変わる前にはオフへ変わる予報なので、明日の朝はまとまっていそうです。オフショアも結構吹きそうなので、波のサイズは微妙なところですが波乗りできるくらいは残ると思います。

今日のようなオンショアの強風というと、思い出すことがあります。乗っていたロングボードはウィングナットモデルのシングルフィン。ボードから考えると90年代中盤を過ぎたくらい。ずいぶん昔の話です。

快晴。コシ・ハラくらいのクリーンなコンディションでのんびり遊んでいたときのことです。沖がなんとなくざわついているなあと思っていたら、突然強いオンショアが吹き始めました。

話はそれますが、オンショアの先頭の波って知ってますか?こんなこと考えているのは、たぶん私だけじゃないかとおもいますが、オフや無風のコンディションに強めのオンショアが吹き始めるとき、オンショアの一番先頭に、少し大きめのセットが入るのです。

本当かどうかは知りません 笑。何度か同じような経験をして、そんなこともあるのかなあと思っているだけですので、あまり深く考えないでください。


話は戻ります。突然強いオンショアが吹き始めたのですが、風に押されてコシ・ハラが急速にアタマ越えにサイズアップしてきました。普通ならぐちゃぐちゃになりそうなところですが、そのときはどういう案配なのか、そうはならずに風が入りながらもラインアップして結構楽しめる波でした。

波のトップへボードを持っていくと、オンショアに吹き飛ばされるようにボードが岸側へと急激に返るのが面白く乗ってはパドルアウト、を繰り返していました。

風は吹いてきたけど、なんか面白かったなあとラストの波にのって岸まで戻り、あまり深く考えずにボードを脇に抱えたとたん、強烈なオンショアにおもわずボードをかかえしゃがみこみました。

両手でしっかりと持って、しゃがんでいるのがやっとです。立ち上がろうものなら、ボードごと倒されそうな強風で一歩も動けません。

クルマまでは、7~8分の距離があります。ずっと強風のビーチを歩いていかなければいけません。どうやってクルマまでたどりつこうかと、しゃがみこんどまま涙目になってました。

数歩歩いてはしゃがみこんでボードを抱えて風に耐え、弱まった隙をついてまた数歩。ずいぶん時間がかかったんじゃないでしょうか。しゃがんで抱えていてもカラダごと飛ばされそうだった感じを覚えています。

なんとかクルマへたどり着き、次なる試練は海っぺりに停めたクルマのルーフにロングボードを積むこと。

今みたいにクルマの中へほうり込めれば問題は無いのですが、その時は軽自動車のルーフに簡易キャリア。グリーンの小さなかわいいクルマでした 笑。

どーやったのかはっきりとは覚えていません。とりあえすクルマの下へボードを突っ込んでおいて、足で押さえながら先にストラップで輪っかを作り風の隙をついて、なんとか固定したような記憶があります。

着替えを済ませ、運転席から強風にゆれる簡易キャリアのロングボードと真っ白な海をどんな気持ちで見下ろしていたのか。きっと闘い終えた後の大いなる安堵感だったんじゃないでしょうか…。

しかしあの小さな車、湘南はもちろん、千葉に伊豆にとよく走ってくれたなあ。

強風の日の、個人的な思い出でした。


やっぱりシングルフィン、いいです。








ご存じだとは思いますが、私はルノーのカングーというクルマに乗っています。フランスのクルマです。サーフショップを始めてまだ3年めの2003年、フルゴネットタイプのクルマを探して出会ったのがこのカングーでした。


私はクルマに関しては、大したこだわりは持っていません。見た目がそれなりに良く、ボードが積めて、よく走ってくれればそれでOKというタイプです。洗車もあんまりしません。

それでも、ちょっと面白い形のクルマだと喜んで乗り始めて、はや15年。走行距離は147.000㎞台ですが、変わらず快調に走ってくれています。

長く乗っていると愛着がわいてくるのは当前のことですが、15年のあいだに新しいモデルがいくつも発売され、自分が乗っている年式のモデルがすっかり旧式になってしまった今、さらに愛着が深くなってきました。

私のカングーの旧式のハッチバックドアは2003年以降は輸入されていないので、同じ形でもハッチバックをみかけるのはかなり珍しいことです。

インテリアはそれ以降のモデルとは違って、鉄板むき出しのトラック仕様 笑。乗用車に普通についている、ハンドルの位置の調整機能もありません。ヒトがクルマに合わせてます。

そんな旧式のカングーですが、こいつもう古いなあと思ったら、すっかり愛おしくなってしまいました 笑。

いろいろ頑張ってくれているのです。

結構な本数のボードが積めます。

10フィートのオンフィンノーズライダーもすっぽりです。はみだしているように見えますが、上の状態でもバックドアのガラス部分は後ろへ膨らんでいるので、問題なく閉まります。

荷室の床は樹脂むき出しのトラックの荷台状態なので、掃除も楽ちん。内装も鉄板むきだしです。トルクがあるので、重いものを積んでもグングン走ります。



いままで洗車も満足にしてあげずに、汚れたら汚れっぱなしでしたが、これからは古くなった分、キレイにしてあげようと思っています。



まだまだ走って頂戴、カングーさん。


おしまい。


忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!