忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
6
9 12 13
20
27 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
うねりは北風に負けてしまったようです。昨日の夕方の時点で変化が無かったのと、夜にはさらにオフが強くなる予報だったので、私は早々にあきらめ。雨が降って冷たい朝でしたが、ストーブの火の前で出勤までのんびりさせていただきました。

おかげで今日は元気。店の前で、寒風に吹かれながらユーズドボードをクリーンアップしていたら、冷たい風がすっかり気持ちよくなってしまいました。おっさんも風の子になれそうです。

昨日のユーズドボード、ピカピカに磨いてアップしました。


ヴェルジーのマリブシュレッダー、ドナルドタカヤマのインザピンク、どちらもシェイプに特徴あって面白いです。

ホームページからチェックしてください。

どうもきちんとブログを書く時間が取れず…でも書きたいことは山のように…どうもすいません。







PR

アイデンティファイウェットスーツ 2017年春夏モデルをホームページにアップしました。こちらからご覧ください。ラバー表面にツヤがあるフラットスキン(スムーススキン)とツヤ消しのメッシュスキンを組み合わせ、デザインを表現したブラックスーツです。

テンションがかかる股回りからは縫い目を無くし、ヒザ回りには耐久性が高いタフジャージを使用。オールブラックのシンプルな外観ですが、デザイン性と機能性を兼ね備えた作りは引き継がれています。

クラシカルなラバースーツにこだわる方におすすめのAIDENTIFYです。オーダー料無料でお作りいたします。


ユーズドボードが二本入荷しました。

ヴェルジー、マリブシュレッダー 7’7”。

これは、かなり興味深い板です。アウトラインとボリュームを考えると小さなPIGということになるのか?ショートボードのようなバランスとも言えます。

ボトムは、フラット~VEE~フラット。リバースVEEと言っても良さそうです。レールのシェイプもユニークです。VEEの上あたりが後ろ足のポジションで、そこから後ろの細身のピンテールのフラットなエリアはターンのときの安定性とドライブのために使うのか?

センターフィンを小さめにして、トライぽくするか、細長いフィンを付けてシングルで乗るのも面白そうです。ちょっと乗ってみたいです…。

もう一本は、短いインザピンク 6’11”。

かなりグッドコンディションです。

アップロード少しお待ちください。




明日、日曜は雨の予報。小さな南岸低気圧が通過していく模様です。昼前くらいから東うねりが入ってくるかもしれません。雨プラス寒そうなので、そちらの準備もしっかりとです。

そして、月曜日。東よりのうねりは残りそうですが、北風が吹く強さ次第では厳しいかもしれません。はっきりしませんが、いちおうボードを準備しております。

昨年の冬から「もういちど短いボードに」というテーマでいろいろとやってみて、このブログでも書きました。短いと言っても、ショートボードに乗るつもりはありません。最終的な目標はこのくらいまでです。

5’8” x 21 x 2”1/2 要はフィッシュに乗りたいのです。


次はこの5’8”のフィッシュを持ち出してみようと思っています。ちょっと間があいてしまってますが、長いのではなく、5’8”でやってみようと思います。

短いボードへの(ロンガーの)対応のポイントや、海にご無沙汰になってしまったときの身体のキープなどを、このブログで書いていますので、長いのに逃げずに最終目標のボードで試してみることにします。

そうでないと、書いてきたことに説得力ありません。イメージは出来ていますので、おそらく大丈夫だと思います。一本だけでも満足できればOK、というのがとりあえずの目標です。

パドル、テイクオフ、スタンドアップ、滑り出しまでですが、ロンガーさんが短いボードへスムースに移行するためのポイント、まだまとめは完成しておりません。自分でもびっくりするのは、結構たくさんの方から「参考になります」とか「おもろいです」などの感想をいただいていることです。頑張って実践したいと思います(ふたたびロングボードに戻るときに、というチャプターもあったりします。)

おっさん、どこまでやるか。大きくは期待せずに、見守ってやってください。



海の上ではこんなメロディを思い浮かべてリラックス。人が多いときにはよく効きます。自然と波がまわってきたりするもんです。








いろいろと製作中、そして出来上がってきています。サイズが長い順にまずは、8’4”のTIKI。カスタムオーダーです。


8’4”の長さには、ロングボードの性格が多いに残っています。パドルアウトやテイクオフの感触はロングボードですが、シングルフィンのプリモに使われているトライプレーンコンボと呼んでいるコンケーブをベースにしたボトムに、VEEとサイドフィンをプラスした、スピードとマニューバのボードです。

マニューバと言っても基本はスピードにあり、そのスピードを生かしたマニューバをサポートするための、VEEとフィンのセッティングになっています。プリモもシングルながら良く動いてくれるモデルですが、シングルよりもルースしない操作性を楽しむことができます。

パーフォーマンス系の軽いロングボードとは違うマニューバサーフィンをしたいロンガーさんにはちょうど良いモデルです。普段、クラシックなログに乗っている方がマニューバしたいときに良いと思います。

シングルにこだわるならプリモですが、シングルとサイドフィン付きにはそれぞれに面白さがあります。まずはご相談ください。

このTIKIはサイドフィンをウッドで作りました。カスタムならではの楽しみ方です(ウッドフィンでも追加のチャージはありません)。



そして、これはシェイプが出来上がったばかりで、これからラミネート。6’8”のMINIモデル。お店のストックボードです。


カツカワミナミサーフボードのラインアップの中で、一番古いモデルのひとつですが、ずーっと人気あります。小波から使えて、いろいろ楽しめるエッグです。

ロングボーダーが短いボードに挑戦したいというときには、エントリーモデルとして、これをお勧めしています。MINIが普通に乗れるようになれば、もっと短いボードへ移行しても慣れるのが早いです。ボードがさらに短くなったとしても、MINIがあるといろいろ楽しめます。


前回店にあったMINIと同様にシングルフィンですが、今回のボトムはプリモと同じトライプレーンコンボにしちゃいました。ちょっとモデルが混ざり気味ですが、調子いいのです。


MNIはトライ、ボンザー、シングル、いろいろ作ることができます。ロンガーさん以外には、もっと小さくして、5.8くらいまで小さくすることができます。

MINI、今回はオリーブグリーンのティントで仕上げます。お楽しみに。


それから、BONITA FISH 5’8”です。これもカスタムオーダー。


レッドシダーのテーパーストリンガーを使用しました。フォームからオーダーで作りますので、1~2か月長めに時間がかかってしまいますが、これもカスタムならではの楽しみ方。かっこいいフィッシュが出来上がりました。

BONITAは、5’6”から6’4”くらいまで作ることができます。サイズはご相談ください。自分のピンクの5’8”も撮影から戻ってきたので、チャレンジしたいと思っております。

活さんのラインアップは多種多様です。それぞれに楽しみ方があります。どんな波乗りをしたいのか、ロングだけどもう少し動けるようにしたい、短いのに乗りたい、思い切りクラシックなログが欲しい、とにかくノーズに行きたい、などなどなんでもOKです。

シェイプの画像も可能な限り、メールでお届けするようにしています。カラーもお任せください。それぞれの波乗りに合わせて、一緒に作りましょう。カスタムメイドは楽しいものなのです。







最近読んだ二冊の本。

ひとつは最近何かと話題にのぼることが多い元東京都知事が著した「太陽の季節」、もうひとつは大正、昭和の小説家で太宰治の師匠ということでも知られる井伏鱒二の「駅前旅館」

「太陽の季節」はいわゆる「時代に逆らう」若者の無軌道な暴力や性を描いた、(出版当時に)新しいというよりはどちらかというと異質な感が強い挑戦的な作品であり、もう一方の「駅前旅館」は、前述の「無軌道な若者」とは正反対で、酸いも甘いもかみ分けた旅館の番頭さんたちが繰り広げる、ちょっと可笑しく哀しい人間模様を描いた小説です。

何気なく読んだ二冊の本ですが、読み終わって面白いことに気が付きました。

それはこの二冊が出版された年代と、そのときの著者の年齢です。「太陽の季節」は昭和30年(1955)で著者の石原慎太郎氏はかぞえで23歳、そして「駅前旅館」は昭和32年(1957)、井伏鱒二氏は59歳。36年ほども歳のはなれた二人の作家が、ほぼ同時代に書いた小説です。

二作品とも出版の翌年に映画化もされているところも共通しています。どちらも当時ウケた物語だったということだと思います。

そして、これら二作品の出版から約60年後の2017年に、今年で53歳になる私が読んだわけです。無軌道な若者も、旅館の番頭さんも、どちらもすでに60年も昔のことです 笑。

読んで面白かったのは「駅前旅館」でした。「太陽の季節」は正直なところ、途中で読むのが面倒くさくなりながら最後まで読みました。

番頭さんたちは、会話にも行動にも含みがあって面白く、想像が膨らみますが、若者の方は会話や行動が、衝動的でストレートすぎて面白みがありません。過激だけど退屈なんです。

逆の見方をすれば、それだけはっきりと印象が分かれるのは、どちらも優れた作品だからだと思います。そして、読む年齢が違っていれば感じ方も変わっていたでしょう。

10~20代の頃に読んでいれば、「太陽の季節」の方への共感が強かったはずです。おそらく「駅前旅館」の面白さは分からなかったのではないかと思います。

これもひとつのジェネレーションギャップというやつだと思いますが、自分自身の中でギャップが生まれているのが何やら面白いところです。

もちろん「駅前旅館」も文中には、当時の着物や街中の風俗など自分が知らない時代のものもたくさん出てきます。それでも登場してくる人たちの気持ちの動きや情景を思い浮かべながら面白く読むことができるのは、この本を書いたときの作者の年代の方が、今の自分の年齢に近いからじゃないかと思います。

「太陽の季節」を読んでいると、そういえば、若い頃は自分の行動にいちいち理屈をつけていたこともあったと思い出しました。若いということはいろいろ面倒くさいことだなあと改めて気が付きました。

そんなことを感じるのは、そうやって少しずつ年齢を重ねている証拠です。自分が生まれる前のカルチャーに対しても、ジェネレーションギャップ的なものを感じるのはいつの時代でもそれぞれの世代に普遍的な変わらないものが存在しているからだと思います。

いつの時代も若いこと、歳を取るということは同じこと。同じ道をたどってくるものなのでしょうね。


AXXE CLASSICに引き続き、AIDENTIFYのカタログも出来上がりました。今週末に到着予定です。



忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!