忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
28 29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]


新しく作るロングボードのフィンを考えています。今使っているボード(上の画像)はテールから、4インチの位置にグラスオンしていますが、もう少し後ろへ持ってきて、フィンのティップをさらにテールから大きく出したらどうなるか。

フィンを後ろへ持って行くと、直進性が出て曲がりにくくなるということは一般的に認知されていると思います。

以前、ヴィンテージのロングボードに乗ったときのこと。そのボードにはベースが30センチくらいあって、フィンのティップがほとんどテールから後ろへはみ出している、今では考えられないようなフィンが付いていました。

そのボードのフィンが、なんだか妙に良かったのです。最初は、これどうやっても動かないでしょ、と思ったフィンが意外に気持ちが良い動きで…。

それで、テールよりも後ろにはみ出しているフィンの作用を考えていました。

テールよりも後ろへはみ出したフィンのティップの作用は、フィンの位置を後ろへセットしたのとは違う意味があるのかもしれません。

昔のフィンはいろんな形があります。


ヴィンテージボードの写真を参考に、フィンを作って試してみようかとも考えましたが、それではこれから先にロングボード作りたいという皆様の参考にならないので、フィンの形は上のカツさんのテンプレットをベースに位置での違いで考えてみることにします。

日がな一日、こんなことばっかり考えている私ですが、フィンは重要なのです。









PR
熱帯低気圧になる予定だった(笑)低気圧は、どうやら低気圧のまま。前線と一緒に南の海上をはなれて通過していくだけのようです。風はずっとオンショア。木曜日あたりにオンショアの小波で遊んでみようと思ってます。

なので明日はきっちり身体を使ってあげようと思っています。まあトレーニングなんでしょうが、もともと身体動かすことは好きなのでトレーニングとは思っていません。

波乗りと同じで、気持ちいいことです。

トレイルを丁寧に走って、体幹とパドルキープ、そして忘れてはいけないのが、ボードの上に立ち上がるイメトレ。この4つがルーティーンです。4つもあると時間取られそうに思えるかもしれませんが、ランニング以外は30分もかかっていません。長時間ではなくて、短時間で長期間。定期的に続ける方が効果あると思うし、続けられます。

アルコールを摂取していないこともあると思いますが、体調はかなりいいです。以前も1年間以上、アルコール抜きだったこともあります。そのときも調子よかったのを覚えていますが、今の方が絶対的に波乗りは調子いいです。

何かが違うのかと思い、以前のアルコール抜きの時期(2010年)に自分が何をやっていたのか振り返ってみました。

そうしたら、いまいち何をやっていたのかが分からなかった自分が見えてきてしまいました。もしかしたら、ちょっと迷走中だったのかもです。いろいろなことをやろうとしていたようで、いろいろと中途半端(笑)

そんな感じでした。

今もそのときと同じように、長いのも短いのも乗っているわけですが、自分が行こうとしている方向は今の方がクリアに見えているように思います。

地道に地味に(笑)立ち上がる練習!、なんてやっているのもそのひとつなのだと思います。

昨日も書きましたが、5’8”のフィッシュでパドルアウトしながら、その小さいボードの上に立ち上がって滑り出す動きがはっきりとアタマの中に思い浮かべることができたのは、そのおかげです。

ロングボードで波乗りを始めた私は、重たいログはもちろん大好きですが、こんな感じのノーズのボードに乗って、波を滑ってみたいとも思うのです(フィンはいまのところクアッドのイメージかな)



なので明日の朝、目いっぱいカラダを動かしてやろうと、そんなことが今から楽しみなのがちょっと変なのかもしれない自分が結構いい感じです。

基本からしっかり、少しずつでいいのです。

ご一緒にやりましょう。

もうすぐ、53のおっさんでもできるようになるんですから。

これだって乗れるようになります。オルタナロゴがなつかしい、クリステンソンのフィッシュ5’8”のユーズド、入荷しました。


MENEHUNE BEACH STORE ホームページ




あんまりいい波ではありませんでしたが、小さなフィッシュに乗りました。5’8”はフィッシュ的には、決して小さくはありませんがロンガーの私にとっては、かなり小さいです。

でも、違和感なく乗れて楽しむことができました。ボードを海に浮かべ、その上に腹ばいになってパドリングをはじめたときには、小さいなあ、ちゃんと立てるのかなあと思ったのも事実ですが、ボードに腹ばいになったまま丸っこいノーズから続いているレールを触り、ボードの大きさを確かめていると、このボードが波に滑り始め、いま触っている(ロングと比べると)とても狭いデッキの正しい位置に立ち上がり、そして滑りはじめるイメージがしっかりと沸いてきました。

それは陸上で何度も練習したとおりです。自分の身体の動きをしっかりとイメージすることができました。たぶん、もっと小さなボードになっても大丈夫だと思います。

ロンガーさんが短いボードに乗り換えたときというテーマに絞って、意識を変えるポイントのテイクオフ編をいままで書いてみました。自分のためでもありますが、おかげさまで何人かの方に役に立ちましたと言っていただきました。ありがたいことです。

それで、今考えているのが「パドリング」です。ロングボードと短いボード、同じパドリングでも浮力の大小によって、意識するポイントが違うんじゃないかと考えております。

ロングボードから、短いボードに乗り換えるとパドルが大変になる、というのが一般的な認識だと思います。実際、短いボードに乗り換えたときにはロングボードのことは忘れてとにかくパドルしなさいと言われました、という方が結構おられます。私もそうだと思ってました。

「思っていました」と過去形なのはなんとなくそのことを疑問に思い始めているからです。

というのは、短いボードからロングボードに乗り換えたときに「ロングボードのパドルって大変」と感じることです。

実際、さっきまで乗っていた短いボードの方が楽だなあと思うことが多々ありました。ロングボードで沖に出ると息が上がるのです。ボードが重たい分、腕も疲れます。

ロングボードの方がパドルのスピードが速いのはその通りです。速いので緩いうねりから波をつかまえて滑り出すことができます。でもそのスピードの分、パドルは大変になります。


逆に短いボードは、ロングボードほどスピードは出ません。その分大変な点があるというのも事実だと思います。

ロンガーさんが短いボードに乗り換えたときにまず最初にぶつかっていると思われるパドリングという壁。ロングボードも短いボードもパドルは同じですから、これもテイクオフのときと同じで「意識を切り替える」ことで、乗り越えることができるんじゃないかと考えています。

漠然とはこんなことかなあと見えつつあるのですが、きちんと説明できるようもう少し考えてみたいと思っています。

熱低が火曜から水曜にかけて抜けていくようです。いまのところ風は水曜がオフの予報です。


波、上がるといいですね。













私のニューボードのシェイプが出来上がりました…と言いつつ、撮影したデジカメをシェプルームに忘れてきてしまったので、同じアウトラインでシェイプした他のボードの画像でお話しを進めさせていただきます。


モデルは活さんの、「ホットマンゴー」というモデルです。ホットマンゴーのオリジナルは、活さんが住んでいた南の島の掘れた、大きな波のチューブを抜けるための”ホット”なボードなのですが、それをベースに普段のサーフィンで遊べるように全体的に幅を出し、デチューンしてもらっています。

サイズは、6’2” x 21” x 2”8/5。オリジナルからは、かなりファットになっています。おっさん(私)がたくさん波を取れるように、という下心もちょっとあったりします(人多いですから)

ボトムはシングルコンケーブ。ファットになったとは言え、オリジナルの「血」はしっかり引き継いで、ゆるめの波でも走ってくれると思います。(活さんのボードの基本はスピードでもあります)

フィンはクアッドのセッティングです。これまたオリジナルのホットマンゴーのトライフィンとは違います。

MINI QUADという丸いノーズのクアッドフィッシュに乗っていて、クアッド気に入ってしまいました。どうもセンターフィンが無い、抜けの良さが好きなようです。

結局、私の判断基準は「ボードが波の上を滑るときの感触がどんな感じか?」という点に重きが置かれているみたいです。

話がそれつつありますので、このニューボードに戻しますが、幅は広めで、それほどチカラが強くない波でも良く走ってくれ、シングルコンケーブとクアッドで波を滑る感触は「かなり」滑らか。

そんなイメージです。気持ちよさそうで、面白そうでしょ。クアッドは動きも軽いです(ラミネートも軽めにしました)

ターコイズグリーンのティントカラーで、夏の海をイメージしてみました 笑。いままで使ったことが無い色で、出来上がりが楽しみです。


このクアッドの次はロングボード。9.6のログです。またフォームを注文で作ることから始めてますが、今回はちょっと早めで来月には届きそうです。

いろいろやってます。

さて、こちらも多くの方からお墨付きをいただいているシングルフィン。プリモです。

Oさんのカスタムオーダー。ロゴは小さくひとつだけ。すっきりクリアが潔い仕上がりです。幅は少し細めです。プリモ、とにかくよく走ってくれます。ロンガーさんも大丈夫です。

活さんがシェイプするボード、ぜひ乗ってみて欲しいです。



アイデンティファイ、サーフTシャツアップロードしました。






FISH DVD日本語字幕版、入荷しました。ホームページからご注文いただけます。


フィッシュという小さなサーフボードがリバイバルして久しいですが、あらためてフィッシュが生まれた背景と歴史、その後のサーフボードデザインに与えた影響を、シェイパー、ライダーへのインタビューを通して解き明かしていきます。

どうしてフィッシュのテールはあの形になったのか?フィンはどうしてあんな形なのか?60年代から現代まで、フィッシュの証人たちが映像を通して語ります。

フィッシュ好きの方はお見逃しなく。


トランクスでのサーフィンはもう少しですが、気が早いこんなのも入荷しました。毎年、ご好評のアイデンティファイのサーフィン用Tシャツです。

アップロード、少しお待ちください。


最近、小さなフィッシュにまだまだ乗れることが分かって、ゴキゲンな私ですが、連載中(?)の「ロンガーさんが短いボードへの乗り換えるときの意識の切り替え」(もう少し端的なタイトルが必要ですね)でも、さらに小さい「フィッシュ編」もまとめてみたいと思っています。

とりあえずは、ここ数年で一番好きなフィッシュの映像はこれ。なによりスピードと走りがフィッシュらしいのと、楽しそうなのが気に入ってますが、以下のとおり、埋め込みができないのでこちらでどーぞ。https://vimeo.com/114285700


Travocadler from Michael H. Kew on Vimeo.










忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!