忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
カツカワミナミサーフボードのライダー、ジュンタさんのフィッシング。下の記事の画像の真ん中のイエローのBONITAです。かなりお気に入りのようです。高画質ですので、ぜひ全画面表示にして見てください。


KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDS: BONITA 5’6” (JUNさん、動画ありがとうございます)

私のBONITAは、5’8”。

私にとっては短いサイズですが、最初から違和感なく乗れてしまうのは、フィッシュのフレンドリーさだと思います。

そしてスピードが出ます。短くて幅広の、ずんぐりむっくりのアウトラインからは実際に乗ってみないことには想像できないと思います。

そのヒミツはフィッシュのルーツにあります。昔から散々書いておりますが、ざっとこんな感じです。MENEHUNEブログ 「ORIGIN OF FISH」

フィッシュ、ルーツはかなりハードコアです。小波でも楽しめるフレンドリーなイメージもあるフィッシュですが、ルーツを考えると潜在的な性能は本物です。

そんな二面性もフィッシュの魅力なんだと思います。

BONITA FISH、5.6~6.4くらいの長さでシェイプしています。ショートボードの方、ロンガーさん、いろいろな楽しみ方ができると思います。

私のトキ色5.8は店に置いてますので、見に来てください。








PR
お知らせ:5月13日はお休みいたします。よろしくお願いします。


BONITA【ボニータ】:カツカワミナミサーフボードの新しいモデルです。新しいと言っても、形はみなさん良くご存じ、昔ながらのフィッシュです。

私のは、一番右側のピンク色。5’8”。


5.8なんて短いのはかなり久しぶりで、こんな小さいボードに乗れるのかなーとヒザ・コシの波にパドルアウトしてみました。


風が入ってダラダラのぜんぜん良くない波でしたが、乗れます、BOINITA 5’8”。ちなみにスリーサイズは、5’8” x 21”x 2”1/2。

正直なところ小さな5’8”は撃沈して、6.0くらいを新たにシェイプしなおしていただくことになるんじゃないかなあ~と、最初からあきらめの境地っぽかったのですが、波のキャッチは速いし、良くない波ながら走ってくれてるし、この小さなフィッシュ、すっかり可愛くなってしまいました。

次回はもっといい波で乗ってあげたいと思います。

BONITA、これから楽しみです。フィッシュはやっぱり面白いです。




そんな感じでフィッシュで粘っていたら、大潮の引きでヤバいことになってきたので、フィンが無いこれに道具を交換。太陽の熱で中の空気が膨張して、すっかりパンパンになってますが、海に入ると海水で冷やされて、元に戻ります。


先日からやりたくて仕方なかったのです、サーフマット。引き過ぎでも、リーフが露出していなければ十分楽しめます。

空気に乗って、柔らかく滑っていく感覚が最高なのです。

すっかり自分だけサーフマット楽しんで、そういえば品切れ中でした。そろそろマークさんにお願いして送っていただくことにします。


BONITAも良さそうです。ロングボードもフィッシュも最高で、やっぱり波乗りは面白いです。


BONITA FISH はこちらをご覧下さい。






お知らせ:5月13日はお休みいたします。よろしくお願いします。

カツカワミナミサーフボード、大きなクアッドフィッシュとハル・スタビーのユーズドが入荷しました。二本とも、グッドコンディション、グッドプライスです。


MENEHUNE BEACH STOREホームページチェックしてください。







ショートボードに乗っている人は「何もしてないじゃん」と思うと思います。ロングボードに乗っている人はやっていることは分かると思います。

崩れてくる波を追いかけて、上体はほとんど動かさずにヘソから下を使ってトリミングしながら、ただひたすら横へ滑っていっています。

パラレルスタンス

トリムスポット

レールワーク

ボトムの形でも違ってきます。活さんのボードで言えば、ソフトなレールと丸いボトムのログタイプのB52がグライドする感触。8フィートプラスのレングスのプリモやTIKIなら、ボトムのコンケーブを水が流れる感触も加わります。

浮力が大きい長いサーフボードだからできる、波の楽しみ方です。

スラスターのショートボードに乗っている人が、最近シングルフィンに乗り始めたんですけど、どうもショートのクセで動かそうとしてしまって…とたまに相談されることがあります。

そういう方は、もしかするとこのサーフィンをやってみたらいいのかもしれません。

お友達からロングボードを借りて、必要最低限の(身体とボードの)動きで、波のいい位置をキープしながらインサイドまで乗り継いで、プルアウトするところまできっちりとやってみるといいかもしれません。

ロングボードにはまったりして。

しかしこのバックの音楽…80年代のディスコ 笑。いいセンスしてます 笑。


明日はどーもオンショアっぽいですね。風が弱い朝のうちが良さそうです。大潮なので潮回りのチェックも忘れずに。







9’6”の赤いログ、かなりお気に入りですがそろそろ跡継ぎ、二代目を作ろうといろいろと考えております。調子いいですが、新たなる試みに挑戦してみるのが自分のお仕事ですから。

基本的にはこのボードをベースにします。いまのところアウトラインは同じにしようと思っています。ノーズはあまり絞り込んでいませんが、全体のバランスはPIG調です。

ゆるい波をゆるく滑り出すときの独特の浮遊感と、グライドする感覚を作り出している要因のひとつはこのバランスだと思ってます。

ボトムも同じ。ゆるーいロールボトムでノーズコンケーブは無しです。

変えるのはロッカー。ロッカーは今よりもフラット寄りに、もう少しゆるめのロッカーにしたいと思っています。このロッカーです。

ロッカーの入れ方ちょっとだけアイデアがあるのですが、それは活さんとご相談。

フィンは今と同じ。ピヴォットタイプをグラスオン。フィンは変わらないのですが、ロッカーとの組み合わせが違うところがミソだったりします。

微妙な変化ですが、サーフボードの重要な部分です。


色はいままでと同じ。赤のピグメントに黒のバンド。このブログを読んでいただいている方以外は、きっと誰もボードが変ったことには気が付かないことと思います。


新しいログ、続報を楽しみにしていてください。自分でも楽しみです。

Kさん、プリモ7’2”もうすぐ完成です。


木曜は波上がりそうです。サイトによって風向き予想が、オフとサイドの二つがあったのですが、だんだんとサイド気味の方へ予想がまとまってきました。

どちらにしても早めが良さそうです。






忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!