忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
すごい写真が届きました。湘南某所のリーフブレイクです。この波のこのポジションでの、柔らかくきれいなボトムターンがサーファーの技量の高さを物語っています。

photo:M.Aoki surfer:Junta-san

使っているサーフボードは、活さんシェイプのホットマンゴー 。シングルコンケーブのトライフィン。サイズは6’4”x 20” で、厚みは不明ですが活さんは普通に削ったサイズですよ~、と言われてましたので、2”1/2くらいではないかと推測いたします。

ホットマンゴーは活さんのラインアップの中では、ショートボードっぽい位置づけですが、普段ショートボードに乗っている人がホットマンゴーを見ると、たいていはノーズから幅が広いですね~と言われます。ファンボードみたいに見えるらしいです。

でも、それが上の写真のホットマンゴーと同じサイズです。

もともと、活さんが南の島の浅いリーフに崩れるホレホレの波で使っていたのが、ホットマンゴーです。ひたすらチューブの中を突っ走るマニューバです。

正直、これはもう私の範疇ではありません。なので実感としては分からないことですが、ボードのサイズとしては、レギュラーの20”ワイドのホットマンゴーで、それらの波で十分機能するということです。

私が普段波乗りするリーフブレイクなら同じホットマンゴーでも、もう少し幅広めで21”ワイドくらいあったほうが楽しめるというのは、多いに共感できるところではあります。

短いボードに乗り始めると、だんだんとボードが小さくなっていくというのが進歩と同意味になるようで、浮力があるボードはいつのまにか、入門用ということになってしまうようです。

浮力があるボードにしか乗れない私は、浮力=プレーニングスピードなので(他の要因もありますが)、浮力が多いとなんでダメなのかなあといつも思います。だってよく走ってくれるボードの方が楽しいに決まってます。

そんな私でも乗れる(であろう)長さ6’4”で幅が20”のホットマンゴーで、あんなボトムターンを決めていただけると、多いに勇気づけられるのです。

かっこいいです。

写真はホットマンゴーのページで使わせていただくことにします。



ホットマンゴー、シングルもいいのです。




PR
BOOGIE、BONITAのストックボード入荷です。ホームページへそれぞれアップロードしました。その他に、TIKIの6’8”サイズ、アブストラクトカラーのMINIの画像をアップしています。

TIKI6.8は私のですいません。カスタムオーダーは随時受け付けていますので触りに来てください。TIKIの6.8、ゴキゲンなのでまた改めてご紹介しようと思います。









MENEHUNE BEACH STORE ホームページご覧ください。



昨日に引き続き、KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDSシリーズ第二弾は、「MINI GUN」です。


このMINI GUNというサーフボード、70年代のシングルフィンの時代のデザインが基になっています。サーフボードデザインの進化の過程において、現在におけるスラスターデザインのように、かつてひとつの時代の主流だったデザインがMINI GUNです。

ロングボードをただ短くしてVEEを深くしたようなデザインから抜け出し、波のポケットへより深く入っていけるマニューバが描けるようにアウトラインやレールの形状が改良され、シングルフィンの時代の完成形のひとつとして洗練されていったのが、MINI GUNです。



当時のMINI GUNを基に、現代のデザインの要素を取り入れ、私たちが普段サーフィンしているような波でも楽しめるようにボードの幅を持たせたシェイプになっています(もちろん、ターゲットとする波に合わせてチューンアップが可能です)。

アウトラインは二種類。ひとつは、70年代のMINI GUNのセンターよりも前方にワイデストポイントを持ってきたクラシックなアウトラインと、テール寄りへバランスを持ってきたモダンなテイストのアウトラインのふたつ。

波の上にクラシックなラインを描くためのサーフボード。レングスは、7’2”~7’6”。










KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDS FISHのニューモデル「BONITA」、お披露目です。




ニューモデルのBONITAは、いたって普通のフィッシュなところがポイント。ボトムはシングルコンケーブに片面フォイルのキールフィン。




一番右のピンク色が私ので、その隣のミントグリーンがショップに来ました(もちろん販売しております)サイズは、5’8”。


BONITA、オーダーも承っています。第一号はレッドシダーのテーパーストリンガー。いいでしょ。

BONITAは、5.6~6.4くらいまでのサイズで作ることができます。

私のピンクは、雑誌の撮影でお出かけ中。戻ってきたら「チャレンジ」(笑)。楽しみです。






二本のボードのシェイプが出来上がりました。ティキとプリモです。

ティキは8’4”。ロングのパドルとテイクオフで、ミッドレングスの動きを楽しめるのがこのサイズです。


体重に合わせて薄めのシェイプです。もしかすると、活さんのボードはどれも厚いと思われている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。一本ずつカスタムで作りますので、いろいろご相談ください。

基本的なボトムの作りはプリモと同じですが、一番違うのがテールまわり。サイドフィンはプライウッドから削り出したウッドフィンがグラスオンされます。カスタムメイドです。




そして、もう一本はプリモ 7’3”。


KATSUのロゴマークを手書きで入れていただきました。こういうこともカスタムならではです。


そしてボトム。上のティキと比べてみてください。こちらはシングルフィンを想定したテールまわりのシェイプ。

このプリモのセンターフィンはBOXではなく、グラスオンでというご注文です。私の8.4のプリモもグラスオンですが、オンフィンやっぱりかっこいいです。

出来上がりが楽しみです。

二本とも最後にシェイプサインを入れて出来上がりです。


サイドフィンをウッドにしたり、センターフィンをグラスオンしたり、いろいろとやっておりますが、どれも特別なチャージはかかっておりません。どれもカスタムオーダーならではの楽しみです。

私のTIKIはラミネート中です。長さは、6’8”。こんな色です。


ティントカラーで着色すると、もっと透明感が出てクロスの境目などがくっきりと鮮明に出てきますが、これは不透明なピグメントを少し透けて見えるくらいの濃さで使っています。ストリンガーやクロスの境目などが、少しぼやけて見えるような仕上がりを狙っています。

色も大事です。

海の上ではもっと大事ですが、サイドフィンはあくまでもシングルフィンのレールをサポートする使い方。お手本はやっぱりこの人ですね。


DEVON HOWARD SURFING A 7'2" EGG from erik derman on Vimeo.




ティキ、プリモ、それぞれ6フィート代から、ロングボードのサイズまで作ることができます。なんでもいろいろ気軽に相談してください。








忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!