忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
カツカワミナミサーフボードのオリジナルフィンが入荷しました。今回はPRIMOとWAHOOのテンプレットです。

ふたつとも人気があるフィンです。6~9フィートのシングルフィンのボードに。サイズに合わせて選んでください。

ログ系にはちょっときびしいですが、スピードシェイプのロングボードのセンターに使って面白いのがWAHOOです。抵抗が少ない形なので、スピードボードにはばっちりです。

もうひとつは、DVD。ヒラツカニアン4です。

ヒラツカのビーチブレイクとメキシカンパイプラインと東北の波を活さんのボードで滑ります。出てくるボードはシングルコンケーブとトライプレーンコンボだと思いますが、ほんとにスムースに滑ってます。波と乗り手とボードと三拍子そろった映像です。

ご注文は、ホームページからどうぞ。

久々にオーダーいただいたパイポも完成。右は私のですが、使い込むとあんな色に変わってきます。



さーて、昨日からちょっとおかしいな~と思っていた腰ですが、今朝起きるのが大変になってました。ぎっくり腰、再発しちゃった模様です。

それでも経験があるということはやっぱり強いものです。

寝床の中では、うつぶせになってムネの下にまくらとクッションを置いた状態で腰をそらして、10分ほどじっとしていたら、腰を動かせるようになってきます。

姿勢に気を付けていれば、仕事も普通にできます。少々動きはぎこちありませんが見逃してください。

さすがにランニングは自粛ですが、トレイルウォーキングはやっちゃいます。


年末に寝込んでいるヒマはありません。早く治します。






PR

9’6”のさわやかさんに乗ってみました。波のサイズはジャストひざ、かろうじてモモの小波でしたが、このニューボード、かなりの好感触です。

ロッカーはフラット。レールは厚すぎず、薄すぎずでも真ん中の厚みは3”1/4としっかり。ボトムのロールはゆるめで、どちらかというとフラット気味。重量は10㎏で重すぎず、軽すぎず。フィンは立ち気味のDフィンです。

昨年作ったブルーのDフィンは、重量もあってレールはもっと丸く厚く、どちらかというともっとコテコテのクラシックのイメージで作りました。そのせいで慣れるまで少し時間がかかったのですが、こっちは最初から問題無しです。

前回のDフィンの動きとコントロールからヒントを得て、よりピヴォット的な動きをイメージして作ったこのさわやかさんですが、そのイメージどおりに出来上がったみたいです。

小波でしたが、Dフィンやっぱり面白いと思います。ノーズライダーによく付いているようなピボット系の大きなフィンの反応とはかなり違うと思います。乗ってみると意外に反応が良くて、動きの感じはDフィン独特のものです。

よりロングボードらしい波乗りなのでは無いかと思います。

最近はいろんな種類のボードがあって、かつてはロングボードばかり乗っていたけれど最近はすっかりご無沙汰で、という人も多いです。ロングボードに乗ってみても、なんとなく面白く無い。それよりフィッシュやシングルフィンのエッグの方が面白くて、ますますロングボードに乗らなくなって…。

私もそうでした。

きっとDフィンのログはそんな人が乗ってみたら面白いのではないかと思います。いわゆるクラシックタイプと言われるロングボードともちょっと違うと思います。

まあ結局は興味ある人だけなんでしょうけど(笑)、以前とは違うロングボードの新しい世界が広がると思います。

またロングボードへ戻ってきませんか? いいですよ、FLAT+D。



年末・年始の営業スケジュールはホームページ左上の「営業カレンダー」というところをクリックしてください。






今年の最右翼はやっぱりこのロングチェストジップです。ネックインスーツと同じスタイルで見頃に余裕があって動きやすく、首へのストレスが苦手な私にはうれしいモデル(カタログにはありませんが、ネックインスーツも引き続き作っています)

このロングチェストジップ、理屈としては隣にあるZEROのエアドームと同じなのです。見た目は違いますがコンセプトはとても似ていて、ジッパーレスかジッパーを使っているかの違いです(ZEROも首が楽で、動きにもストレスが無いのでお気に入りなのです)

私はいつも首、クビ、と言っているような気もしますが、人それぞれにウェットを選ぶ上でのポイントがあると思います。

なかには従来のスタイルのバックジップがやっぱりいいなあ、という方ももちろんおられます。

そういう方には、バックジップでも防水性が高くて動きやすいこれをお勧めしております。アドバンストバックジップ、つまり進化系バックジップです。


従来のバックジップは、ジッパー部と首からの浸水をブロックするのに背中と首にバリアネックを付けていました。

この進化系はそのバリアがさらに強力に進化した上に、肩回りの構造がパドルにストレスが少ない作りになっています。ネックインスタイルが登場したとき、厚手の生地のいままでのウェットよりも(ストレスが少ないので)1時間は長く波乗りができますと申しました。

この進化系バックジップもそれと同じ作りになってます。

そして、ラバーラバー(rubber lover)な方にはモモコシまで表にスキンを使用することができます。これはフツーの3ミリですが、これとほぼ同じです。


つまり昔ながらのウェットのスタイルと、いまどきのウェットの動きやすさと暖かさの両方を兼ね備えているのです。

新しものばっかりになって、ついついご紹介がおろそかになってしまいがちなのですが、バックジップにも進化系の波が押し寄せておるのです。

うちではウェットスーツは、ZERO、AXXE CLASSIC、AIDENTIFY、STEAMERの4メーカーを扱っていますが、それぞれに特徴があるのです。

何が自分にあっているのか、いまひとつ迷っちゃって…という方はいつでもご相談ください。サーフボードと同じく、ウェットスーツも面白いのです。

今週末はもう12月なので、出来上がりは年明け早々になってしまうこともありますが、本格的な寒さのシーズンにはまだ間に合います。いずれにしてもこれからの季節にかならず必要になる真冬用のウェットスーツ、お早めにご相談ください。


今日の懐メロはこれで。邦楽もいいでしょ。









夜中に急に驚いたような気持ちで目がさめたり、気が付けばいつのまにかぼんやりしていたりと、自分では平気なつもりでいても、意外とダメージを受けているのかもしれません。

昨日の風の波は残らず。

新しいロングボードを試したいのですが、もう少し待ちになりそうです。コシくらいのクリーンなコンディションを待つことにします。


夏からあまり波乗りできていないので、宿題が溜まってしまいました。

この二本です。

6’2”クアッド


それに、5’8”フィッシュ


しばらく身体もきちんと使っていなかったので、今朝は少しハードめにトレイルを登り降りしてみましたが、身体は快調のようです。

明日も走ろうと思います。


日本のばかりじゃ、ということで今日の懐メロはこれです。

兄貴のLPレコードを引っ張り出して、傷つけないように気を付けながら聴いたもんです。










サーフグリップのストレスフリーフードが入荷しました。3ミリです。

数年前にサーフグリップから発売されたのですが、かぶりものが苦手だった私は発売以来の愛用者です。

私がかぶっているのは古いタイプ。昨年からサンバイザーが付いて、かっこよくなってます。

かぶったときにアゴや顔にストレスが少ないのはもちろんなのですが、暖かいのが一番です。風が冷たくてもほとんど感じません。首回りまでカバーするのでネックウォーマーにもなるし、首からの水の侵入もシャットアウトしてくれます。

海の上で脱ぎたいときには写真のように後ろへ脱ぐことができます。首は暖かで、首の防水になります。パーカーのフードみたいな感覚です。


同時にブーツ、グローブなので、冷たさを感じることはありません。防水性が高いウェットと組み合わせれば、南岸低気圧が抜けたあとの大きな波に巻かれても、海中で身体は冷たい海水から隔離されている感じです。大げさじゃなく、そんな感じです。

そんなに必要無いでしょという人もいますが、冷たさも寒さも感じずに海に浮かんでいられるのです。暖かい方が身体への負担も少ないと思います。暖かい方がいいんじゃないかといつも思いますが、まあ人の勝手です 笑。私はブーツ、グローブ、フードで快適なのでそれでいいと思っております。

北風ピューピューの海の上でもほっこり波待ちできるんです(実際、フードかぶっていると風の冷たさは感じません)

海の上で震えたくない人はちゃんと防寒対策やりましょう。

インナーは0.5㎜ラバーのこれがお勧めです。ラバーなので水は通しません。つまり暖かいです。

長袖もありますが、ネックインヤロングチェストジップなど腕回りに余裕があるウェットだったら大丈夫なのですが、普通のフィットのウェットではパドルの腕が回らなくなる(実験済みです)ので、ショートジョンタイプの方がおすすめです。

装備が増えるので、機能と動きやすさを考えた組み合わせが必要になってくると思います。寒さに耐えるのはつらいもの。快適で動きやすい装備を考えましょう。

ZEROのエアドーム、AXXE CLASSICのロングチェストジップ、ネックイン、アドバンストバックジップなど、動きやすくて暖かいウェットはいろいろあります。

冬の装備、ご相談ください。

サーフグリップ ストレスフリーフードはこちらからどうぞ。
http://www.menehune.on.arena.ne.jp/wet/boot.htm





忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!