忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
ライアン・バーチ、タイラー・ウォーレンらによる、グライダーセッションの映像です。

Summer Glide from Mollusk Surf Shop on Vimeo.



グライダー、2005年に乗りはじめましたが今は所有していません。本当は乗りたいのです。腰が心配になってから手放してしまいましたが、こういう映像を見るとやっぱりまた欲しいなあ…と。

11フィートオーバーのグライダーと呼ばれるサーフボード。ロングボードのようですが、ロングボードとはまた違った乗り物です。長いからロングボードとひとくくりにできるものではありません。

今乗っている9’6”のログのテイクオフは、スムースで速くて気持ちが良いです。でもグライダーのテイクオフの気持ち良さはさらに上です。沖のうねりに合わせ両手で何度かこぐと、ゆるい水の斜面をフワッと滑り出します。

長さと重量で、水面に吸い付くような感触と、貫通力があると言えばいいのか、とにかく滑らかにスーッと滑りだすのです。

ボードの上に立って、うねりが立ち上がってくるのを待っているのも短い時間ですがグライダーだけのもの。波が立ち上がってくればレールを入れて、横へ走り始めます。このときの加速感…(いろいろと気持ち良い部分があるのです)

スピードは上の映像のとおりです。通常のロングボードよりも、大きな浮力のボードを操るのがグライダーの面白いところ。重く大きい分、テクニカルです。

グライダーを作っているシェイパーは限られるので、なかなか出会う機会は少ないと思われるグライダーですが、もしどこかで縁がつながれば手に入れて乗ってみてください。

面白いですよ。

現在使っている、赤いログ、そしてDフィンのログ。ゆるいロッカーでコンケーブが無いボトムのログの滑りが好きなのは、グライダーと共通したスムースさがあるからかもしれません。気持ちいいのが好きなんです。


明日は朝から北風(オフショア)が強めに吹く予報。沖へ流されないように注意ですね。





PR
お知らせ:8月29日(火)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。


ネックインスーツ(今年はロングチェストジップですね)と同じく、真冬のウェットスーツとして私がオススメしているのが、ゼロウェットスーツのエアドームです。

暖かくて、動きやすく、脱ぎ着も楽ちん、そして長持ち。本当に?と言われそうですが本当にそのとおりのウェットスーツがエアドームです(詳しくは三年前の過去記事をご覧ください)

このときのエアドーム、まだまだ全然現役です。長持ちします。

そんなドリームスーツなのですが、使用しているEXTENDというウェット素材が値上がりしてしまうため、それにともなって9月よりZEROウェットスーツが値上がりいたします。

5/3㎜ スキン使用フルスーツ 現在)¥69.000 → 改定後)¥81.000
5/3㎜ スキン使用エアドーム 現在)¥88.000 → 改定後)¥101.000 (いずれも税別です)

フルスーツで、¥11.000~¥13.000の値上がりです。

もし、ZEROのウェットスーツをお考えでしたら、9月8日までにオーダーいただければ現在の価格でお作りすることができます。

突然のお知らせで勝手な話なのですが、エアドームはぜひ着ていただきたいウェットスーツですので、少しでもお安いうちが良いかと思いお知らせいたしました。

オーダー料はいただいておりません。

まずはご相談ください。


熱低は台風15号になった模様です。



上は木曜の午前6時。風はオフ。風が静かな部分(青い部分です)は前線です。前線が気になりますが波は上がるんじゃないでしょうか。

リペア、シェイプの相談、いろいろあって段取り考えておりますが、いろいろありすぎてもう良く分からない状態。

もちろん、皆さまからお預かりした仕事はきちんとやります。(放り出して海入ったり…、したいですが、しません)

さて木曜は入水できるかどうか。それが問題です 笑。






シングルフィンに乗る理由が良く分かる映像です。スピードとスムースさ。(乗り手(私)もふくめて)アクションは苦手なシングルですが、「そんなのは関係ありません」と言い切れるほどの気持ち良さがあります。

トライフィン、たしかにいいです。約二年前に何本か作って乗ってみて、しっかりと実感しています(ニーボードはトライです)

スピードを付けやすい。ボードの反応が良い。ターンをホールドしてくれる…あとは忘れましたがいろいろと良いことがたくさんあります。

それにくらべてシングルフィンは…なのですが、上の映像を見て、シングルとマルチフィンの波乗りとを比べると、それぞれの楽しみ方の違いがお分かりいただけるのではないかと思います。

シングルフィンはレールを使う練習に良いと言われる方もいます。確かにそういう面もあると思いますが、私はそれだけでは無いと考えています。

シングルばかり乗っているサーファーがトライフィンで波に乗ってみると、それぞれのフィンの役割がよく分かります。

ターンの途中やデッキを踏み込んだときの瞬間的な加速など、サイドフィンが働いてくれているのが感じられます。

レールだけではなくて、フィンとレール(ひいては自分の足もとにあるサーフボードが)がどのように機能しているのか?その感触を教えてくれるのがシングルフィンじゃないかと思うのです。

それだけシングルフィンはシンプルな乗り物で、単純に波の斜面をスピードを付けて滑り降りることが面白くて、やっぱり自分はシングルを選んでしまうのだと思います。







丸いノーズばかり、ユーズドボードが三本入荷しました。

まずはロングボード。


ジョエルチューダーサーフボードのパパジョーです。個人的にとっても懐かしいボードです。90年代の終わりごろ、ジョエルチューダーサーフボードを立ち上げたばかりのころに同じモデルに乗っていました。

シングルフィンですが、よく走ってよく動くボードだなあと当時はただ驚いておりましたが、サーフボード屋になった20年後にあらためて見るとその理由が良くわかります。このボトム。走る=テイクオフも速いのです。

パパジョー、メンテナンスして乗り継ぐ価値ありのロングボードです。レングスは9.8。

それからケヴィン・コネリーのマジックカーペット。かなりグッドコンディションです。


レングスは7’6”ですが、まんまロングボードのアウトライン。ノーズコンケーブが入った、ミッドレングスノーズライダーとしても面白そうです。

そして、活さんのMINIモデル。6.10とちょっと長めで厚みがある浮力たっぷりのシェイプです。


フィンはトライフィン(純正のバナナトライ付属します)リペア跡、ヘコミはありますがまだまだ問題なく使えます。

体格いい方、浮力が欲しい方にはばっちりです。

やっぱりラウンドノーズ、好きです 笑。

ホームページからチェックお願いします。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ









新製品のロングチェストジップ、実際のところどんななんでしょう?と実際に着てみました。

決して安くないモノですから、販売する方も責任「大」です。製品をしっかり把握しておかないとお話しになりません。

新しい製品はこれです。ロングチェストジップと呼んでいます。スタイルとしては、これまでのネックインタイプによく似ています。


違いは、首から出入りする必要が無いので、腕回り、胸回りがネックインよりもタイト気味になっているところ。それからネックのパーツが防水のためラバーになっている点です。

着てみるとこんな感じです。首は折り返しの防水ネックです。


ジッパーの開閉はとても滑らかで、軽いです。もちろん自分自身で開け閉めすることができます。軽い伸縮性がある柔らかいファスナーなので、パドルの妨げにはならなさそうです。

見た目がドライスーツっぽいかもしれませんが、胸と腕まわりのフィット感は通常のバックジップタイプのウェットよりも若干緩めでパドルの動きは楽ですが、だらしなく見えてしまうようなだぶつきはありません。

画像では見えませんが、胸の真ん中、ジャージとスキンの合わせ目の部分に指が一本とおるくらいの水抜きがあります。胸のジッパーは防水ではありません。浸水はあますが、内部の生地でウェット内部に入るのを防いで、水抜きからスーツの外へ排出されるしくみです。


ジッパーを開いて首を抜くと、インナーはこんな感じにできています。

首の横でボタンで留めるのは、シンプルな方法ですが、ジッパーレスタイプのウェットで培った技術です。生地の重なりを大きくして防水性を高めるとともに、開口部がより大きく開くようにすることができます。


皆さん気になっているのはスーツの着脱ではないかと思います。

首の横のボタンを外すと、インナーは簡単に大きく開きます。両肩が楽に出てきます。


開口部が大きいので、脱ぎ着はかなり簡単です。脱ぐのは通常のジッパーレスタイプよりも格段に楽です。私はバックジップよりも簡単だと思いました。チカラもいりません。本当に楽に脱ぐことができます。

ちょっと恥ずかしいですが、写真の状態まであっというまです。あとは足を抜くだけです。


ジッパーの両脇には、引っ張りすぎてジッパーを壊さないように開きすぎを防止するベルトが付いているので、気にせず引っ張っても大丈夫。



実際にやってみて、脱ぎ着にはまったくコツなどは必要なく、簡単に着ることも脱ぐことできます。私は平気なのですが、ネックインだとどうしても脱ぐのが大変で、という方がおられます。このロングチェストジップはどうやったって簡単です。

保証いたします。


脱ぎ着の次に気になるのはパドルなどの動きやすさだと思います。

ネックインと比べてしまうとどうしても、胸の前にあるジッパーの存在を感じるのは事実です。それでも普通のウェットとくらべると胸回りにゆとりがある分、パドルのストレスは少ないです。動きやすいと思います。

使っている素材、プレミアムゴールドラバーの柔らかさも動きやすさ(着脱にも)に貢献しています。通常のラバーよりも油分を多く含んでいて、柔らかさが長持ちするのは看板にいつわりなしです。

耐久性が必要な部分で一番浸水が始まりやすい部分の、尻、ヒザに5mm厚のラバーを使用しているのも合理的な作りです。

ネックインタイプは着脱が気になって、いまひとつ手を出せなかった方にはばっちりだと思います。


ウェットスーツの進化で、冬も本当に快適に波乗りができるようになりました。各メーカー、それぞれ独自に開発した高性能のウェットスーツを出していますが、それぞれに特徴があります。今回はキャンペーン開催中のAXXE CLASSICをご紹介しました。実際に着てみて、これは良さそうだと思いましたが、それぞれ使用される方によって一番良いと思われるものは違ってくると思います。それをご一緒に考えていければと思っています。。

冬のウェットスーツ、いつでもご相談ください。気が早い話ですが、冬なんてあっという間にきちゃいますから。











忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!