忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

STEAMERさんより、セミドライ素材のサンプルが届きました。起毛素材に新しいドライマックス、スポンジ部分にはNKスポンジラバーを使用した、NK-DRY MAX-OLIVEという素材です。

新しいドライマックスは伸びが良いスパンデックスという素材を使用しているため、伸縮性にとてもすぐれています。そして、水は含みにくい起毛繊維は繊維のあいだに含んだ空気の層で保温性を高めていることに加え、従来のドライマックスよりも軽量化に成功しています。

このドライマックスオリーブを、軽量が特徴のNKスポンジラバーと組み合わせたのが、NK-DRY MAX-OLIVEです。

というのがカタログの効能書き。さっきから引っ張ってますが(笑)実際に触っていると、これでオール3ミリのフルスーツ作ってみたいな(私が入るとこではそれで冬もOKです)という気持ちになってくる、伸びの柔らかさと弾力感がある手触りです。

セミドライのスタイルは、普通のバックジップのみです。宣伝もカタログもないブランドですが、いい素材を使って普通のウェットスーツを、特に海水が冷たいと言われる北茨城で作り続けているウェットメーカーです。

ロゴなしのオールブラックスーツも承ります。


セミドライのお話しから季節は戻りますが、オーダーいただいていたナルトトランクスが出来上がりました。オレンジ一色のシンプルなTHE BAND。来年の夏用です。


毎年ですがこの時期が出来上がりは一番速いです。夏場には4か月くらいかかっていたのが、2週間で出来上がってきました。

ナルトトランクス、納期はその時々で変わってきますが、いまがいい時期です。自分だけの一枚、欲しいものがあるなら、まずは動かないと手に入らないもんです。



さて話はまた変わって、4日ほどお休みしていたので、郵便が溜まっているだろうなあとポストを見に行ったら、こんな葉書が届いていました。


江戸時代の蘭学者で画家の司馬江漢が描いた、江戸時代の七里ガ浜。オリジナルは油絵というのがすごいです。鎖国の時代に、蘭学、油絵というからには長崎にもゆかりがあるに違いありません。

江の島と小動岬、岬のたもとには漁師の集落か家が数軒描かれています。遠景には富士山と横に見えるのは金時山でしょうか。波も良さそうです 笑。

大阪のIさま、どうもありがとうございます。オリジナルの作品、ぜひ見たいです。

私は長崎でこんなものを買ってきました。

かんころ餅、チェリー豆、金銭餅(きんせんぴん)、それにざぼん漬け。クラシックなラインアップでセレクトしてみました。

今日からまた、通常通り営業しとります。






PR
青知らせ:9月25日(月)から28日(木)はお休みいたします。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。



2009年にギアーズの遠藤さんに作っていただいたアライアです。久しぶりにトライしてみようかと思い、引っ張り出してきてながめております。最近は自分のまわりでは、あまり見かけなくなりましたが、当時は海へいくとそれなりに見かけていたもんです。

アライア、乗ったことありますか?

言わなくても分かるとは思いますが、むずかしいです。ちゃんと乗れた記憶は数回しかありません。長時間海に入っていて、波待ちとパドルだけで終わったことも珍しくありません。

技術と体力の両方をおおいに要求される道具です。

それだけに自分の身体能力がどのくらいのものか、客観的にみることができます。

このアライアを作った当時よりも現在の方が、技術的には向上しているんじゃないかと秘かに考えていたりします。実際のところ、果たしてどんなもんなのか、これに乗ってみればよーく分かるはずです。

ディメンジョンはこんなです。


2009年4月 当時のウェットのオーダーシートをみると、体重は64㎏。その他の数値もそんなに変わりませんが、中身は果たして変わっているのか?


長崎から帰ってきたらやってみようかと思います。

それでは、お休みよろしくお願いします。


リマールのなつかしい曲。








いろいろとサーフボードを作っておりますが、次はこんなのが欲しいというインスピレーションは、最近はイメージが最初に沸いてきて、それを形にしていくことが多いです。

以前はまずボードありきでした。ちょっと変わった形のボードなどを見て、ああこういうの乗ってみたいなあ…とそこからだったりしました。でも、変わったものも含めていろんな形のボードをずっと見て…見過ぎたせいか、形だけでは気持ちはあまり動かなくなってきたのが最近です。


ボードを見て、外観としての形だけではなくそれが波の上を滑って、その上に自分が立って(座ってでも腹ばいでもいいんですが)乗っているときの感覚を妄想させてくれるような「形」を求めるようになっているように思います(見た目だけじゃだめよ、ということです)。

イメージはいくつもあります。

ロングボードは、フラットで重たいDフィン、フィッシュのキールフィンと幅広のアウトラインが水の上を滑る感触、同じように滑ってくれて動きは軽いクアッド、トライプレーンコンボのコンケーブを水が流れる感触、ニーボードのカービング、たくさん出て来てきりがありません。

それぞれの感触で波乗りしたいとき、それにはどんなボードがいいのか。ボードの大きさ、フィン、レールとボトムの形などをイメージします。そしてどんな波のときに使うのか。


いまさかんにイメージしているのは、こんな感じのボードです。


ミッドレングスですね?と言われればその通りですが、それだけではありません。ミッドレングスというと、ミニやプリモ、TIKIなどいろんな種類を乗ってきました。

その中で言えばプリモっぽいイメージですが、ちょっと違います。見た目ではちょっとです。でも大きな事柄なのです。シェイパーの仕事をいつも見させてもらって、いろいろとお話しを聴いているせいです。見た目の少しの違いを大きな違いに感じるようになっています。

イメージとしては、7.2~7.6くらいで、幅は20~21(自分的にはちょっと細め)、アウトラインのベースはプリモかホットマンゴーか、ボトムはコンケーブ、それに小さめのシングルフィン。

70年代のシングルフィンを少しモダンにした雰囲気。

そんなに小さくない波の比較的ゆるいところから滑り出して、ヒザを曲げすぎずにロングボードみたいなスタイルで、ボードはあまり動かさずに、見ている人に気持ちよさそうと思われるようなラインで、しかもスピードに乗って。

そんなイメージの波乗りができるボード、8.4のプリモをもう少しコンパクトにした感じが一番イメージに近いように思います。たぶん、そこからの発想です。

こんな感じだと思います。


そんな波乗りが気分良さそうだとイメージがふつふつと沸いてふくらんでいる最中です。

といつつ、グライダー用のブランクスもいまのうちに頼んでおこうかと、そっちもふくらんでいたりします 笑。

そんなことばかり考えておるのです。


お知らせ:来週はお休みいただいてまた長崎へ帰る予定です。9月25日~9月28日はお休みいたします。よろしくお願いします。







さて、昨日の続き、ロングボードのウォーキングのお話しです。すり足でもいいからボードのデッキ上を移動して、まずはロングボードの挙動を理解しましょう、というところまでお話しました。

短いボードでは前後の体重移動は、両足をテールとボードの真ん中あたりにそれぞれスタンスを決め、腰の位置の前後移動で前後の足への加重をやりくりします。ボードの前後へ腰の位置の移動だけで加重させるため両足はボードの前と後ろに離れています。

これが身体にしみついていると、ロングボードで立ち上がった瞬間にいつものようにスタンスを決めてしまうことになるのですが、そのスタンスではボードが自分の言うことを聞いてくれず、にっちもさっちもいかない状態になります。そして波側に加重してボードをターンさせようとするものの、ボードが傾くだけで曲がらず、バランスを崩してワィプアウト。ショートボードの方がロングに乗ると、たいてい最初はこうなります。

ロングボードのターンは後ろ足によるところが大きいのです。

波の斜面から滑り出して立ち上がったときのスタンスは、肩幅よりも少し広いくらいです。それより広いとロングボードらしくないと思います。そのスタンス幅なので、ターンさせるときには後ろ足を下げてテールを踏み込み、ボードの前方へ体重を載せるときには、前へ出る(ウォーキングです)という動きが生まれてきます。

腰の位置の前後移動による加重もたくさん使いますが、基本的にはボードのどこを踏むか(体重を載せるか)によってボードをコントロールします。ですので、後ろ足と前足を常に移動できるように、ステップとフットワークは軽くしておく必要があります。

ロングボードらしい背筋が伸びたライディングはここから生まれます。足で踏んで加重するには、踏んだ足にしっかりと体重が乗っていなければいけません。背筋が曲がっていては加重がしっかりと行えません。

必然から生まれてきたライディングのスタイルですが、デッキ上をステップを踏んで移動する理由と、上手にステップを踏むための身体の使い方のヒントがここにあると思います。

クロスステップの理屈は難しいものではありません。前へ出るときにはボードの前方へ、後ろへ戻るときにはボードの後方へ、それぞれ加重したくて移動するわけです。

ですので、前へ出るときには前に出ている足(前に加重していきたい)に、後ろへ戻るときには後ろにある足(後ろへ加重していきたい)に、それぞれしっかりと身体が乗っていなければいけません。

まずは前方へ出るときです。

ノーズに近い方の足、つまり前足の上に腰の位置を持って行き上体を載せます。すると後ろ足はフリーの状態になります(当たり前です)。上体が載って支えている足一本で体重を支えている状態です。

その状態で後ろ足をクロスさせながら前へ出します。体重はまだ最初に加重した足に乗せたままです。

足をクロスさせた状態で、後ろになっている足を前へ出すためには、クロスしてまだ体重が載っていない前へ出ている足へしっかりと体重を載せます(足はクロスしたままです)。そうすると今度は後ろの足がフリーになります。体重が載っていなければ前へ出すのは簡単です。

体重の乗り方を見ると、片足ずつ順番にしっかりと体重が載っていっていることになります。

片足に上体の体重を載せるのですから、まず腰の位置による加重がしっかりできている必要があります。前へ出した足へ体重を一歩ずつしっかりと載せていくのですから、自然と上体、背筋も伸びてきます。

ビギナーの方には、上体と腰から下をつなぐ部分、つまり体幹がしっかりしていることがフィジカル的には前提になってきます。そして片足で体重を支えて、ボードをコントロールできるだけの足の筋力も必要です。ここが最初の関門かもしれません。

後ろへ戻るには、これと逆の体重の移動になります。後ろにある足に体重を載せ、戻す足をフリーにしてあげて、後ろへとステップを刻みます。

前へは出られるけど、後ろに戻れない、という方の方がどうも多いようです。前方へと進んでいるボードの上で、進行方向とは逆の方向へ動くのですから前へ出るよりも筋力が余計に必要ということと、たぶんですが後ろへ戻る動きは普段しないからだと思います。後ろ、見え無いし…。

体重の載せ方、身体の使い方を理解してしまえば、お得意の陸上での練習ができます。意識は、片足ずつしっかり体重を支えるということ。動かす方(前へ出す足、後ろへ戻す足)から体重を除いてフリーにしてしまえば、どんな動きでもできます。そしてそれができる筋力をつけるということ…、かな。

慣れてしまえば、普通に道を歩くのと同じようにできるようになります。普段歩いているのと身体の向きと足の運びが違うだけで、歩くという動き自体は同じです。決して難しくありません。

いつも出てきますが、私のお手本です。こういうサーフィンがしたくてロングボードに乗っています。最小限の動きで、それぞれの足に体重がしっかり載っているのが良くわかります。












SK
ステュ・ケンソンシェイプのユーズドボードが二本入荷しました。6’0のサンディエゴフィッシュと5’8”のEPS製クアッドです。

ケイン・ガーデンのレーベルで、かつてステュがシェイプしていたころのフィッシュ。6’0の長さがあるので浮力が欲しい方、そしてロンガーさんのフィッシュ入門にも良いと思います。軽く動いてくれそうなボトムです。


もう一本はクアッド。

幅が広めのアウトラインは、小波でスピードをつけやすく小回りが効きそうなクアッドです。5’8”ですが、EPSなので浮力あります。

ユーズドボードは、MENEHUNE BEACH STOREのホームページからどうぞ。












忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!