MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2374] [2373] [2372] [2371] [2370] [2369] [2368] [2367] [2366] [2365] [2364]
別に自分が進む方向に迷っている訳ではありません。真っ直ぐ前を向いて進んでいるのは正座をして乗るサーフボード、ニーボードです。自分にとってどうしてニーボードは特別なのか?と考えていたら、もしかしたらこれがその理由のひとつかも?と思い当たったことがありました。

立ち上がって波に乗る道具は長いもの短いものを含め、すべてが進行方向に対して横向きになって乗ります。もしかすると中には変わり者がいて、真っ直ぐ前を向いて立って乗ってしまう人がいるのかもしれませんが、そんな人がいたらニーボーダーより珍しいです。まあ、そんな人はいないと思います。

その姿勢がサーフィンがスケートボードやスノーボートなどと同じく「横乗り」と呼ばれる所以でもあります。

そんな中でニーボードは横を向いて乗りません。もし横向きに正座して乗っていたら、それはちょっとキュートかもしれませんが、コントロールしにくくって仕方ありません。

アタマの中でボードに横を向いて立ち上がって波のフェイスをダウンザラインしているときの感覚と、両膝を正面へそろえてまっすぐ前を向いてダウンザラインしているときの感覚をそれぞれイメージしてみたら、ボードに乗っている向きで心理的な違いもあるんじゃないかという仮説に思い至りました。

どちらも同じようにウレタンフォームとFRP樹脂でできたレールとボトム、そしてフィンを使って波の表面を滑走しています。それは同じです。

違うのは姿勢。姿勢だけでそんなに違うのか?たぶん違うんじゃないかと思います。よく、あの人は物事に取り組む姿勢が他の人と違うなどという言い方をしたりします…。ちょっと姿勢の意味が違ったみたいですが、それで気持ちも変わってくるのは間違いないと思います。

たとえば重たいシングルフィンのロングボードとスラスターのショートボードを想像してみてください。同じ横乗りですが、ボードに乗っているときの姿勢はかなり違います。そのときの心持ちも違うと思います。

そう考えるとニーボードなんかにはまったく興味が無い方にも、正面を向いて波に突っ込んで滑っていくニーボードに乗ったときの気持ちが違うということが(ちょっと苦しいですが)お分かりいただけると思います。

わかってください、この気持ち。

だいたい車やバイク、自転車、飛行機などなど進行方向にまっすぐ向いて乗る乗り物の方が世の中多いんですから。横向いて乗るのは電車くらい 笑。

サーフボードに横向きで乗るのはボードをコントロールする上からは必然ですが、真っ直ぐ前を向いて進む方が自然なんですよ、きっと。

以上、どーでもよさそうなニーボードへの形而上的考察のひとつでした。

私のメーヴェ2号。波をスピーディに気持ちよーく滑ってくれます。


ん?前を向いているとここにはかっちぇてもらえんのか?(注1)

第二回横乗り日本映画際 いよいよ来月です。http://yokonorinippon.blog.fc2.com/

注1かっちぇる:長崎弁で「仲間に入れる」という意味








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!