MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[725] [724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715]
80年代特集のGLIDEを本屋で立ち読みしていると、80年代には全く見向きもされていなかったに違いない(笑)「ディスプレイスメント・ハル」の特集記事が出ていたので買ってきました。

写真には目新しいものはありませんが、CHRISTIAN BEAMISH氏の文章は、HULL STUBBY(ハル・スタビー)を理解する大きな助けになると思います。ディスプレイスメント・ハルに興味がある人は買いましょう。

リデルさんがボードのフィニッシュの水研ぎのサンドペーパーの番手まで語っていたのにはびっくりしました。難しそうに思えるかもしれませんが、ボードに関する技術や知識の話ではなく「ハル・スタビー」というサーフボードがとても感覚や感情に訴えてくるボードだということだと思います。

私自身、最初に乗った波からストークさせられたハル・スタビーですが、ガンボアさんの写真に付けられていた「滑らかなライディングで、心が満たされる瞬間」というキャプションにハッとさせられました。誰かに見せるための「かっこいいライディング」では無く、120%自分自身のためのサーフィン。(実際のところ動きはかなりぎこちないし、周りのサーファーからカッコイイと思われるような波乗りではありません(笑)気持ちがいいのは乗っている本人だけです。動きがぎこちないから、その波にハルが合っていないと考えるのも大きな間違いです。乗ってる本人は…)

「心が満たされる」…ハル・スタビーでのサーフィンを表現するのにぴったりの言葉だと思いました。

クリス・マロイさんもハル・スタビーに乗っていますが、彼が最初にハル・スタビーに乗ったときに、前回のメルマガで私が書いた内容と同じようなことを経験しているのに驚きました。原文は「I leaned in it all came together」となっているのですが「(波のトップに上がって、ハルを波の斜面に合わせて)傾けると全てが一体化した」ここのくだりには、その瞬間を思い出して鳥肌立ちました。

文章にするとミステリアスでマニアックな感じになってしまいがちです。でも小難しい理屈抜きに、波に乗ってサーファーの「心を満たしてくれる」ハル・スタビーってとても不思議ですが、素晴らしいボードだと思いました。

もう一回読もうっと。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!