MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777]
レイチェル・カーソン女史の「センス オブ ワンダー」という本を買いました。「センス オブ ワンダー」とは(自然界の)美しいもの、未知なもの、神秘的なものに対して素直に驚き、興味を持つ感覚のことです。自然の中で子供の感性の教育について書き始められ、草稿で終わってしまった短い文章ですが、「センス オブ ワンダー」を忘れてしまった大人は読んでみるべき価値がある文章です。

15分もあれば立ち読みできてしまうので、本屋さんで見かけたら読んでみてください。(読んでみてなにか心に響くものがあればぜひお金を出して買って、家の本棚に入れてあげてください)

私にとっては波とサーフボードは常に「センス オブ ワンダー」。明日も波ありそうなのでハル・スタビー2台持って出かけてみようと思っています。


カツ・カワミナミサーフボードのハルPART-2は来週出来上がる予定です。その次のディスプレイスメントは短いニーボードを作る予定ですが、その前にラウンドノーズのボンザーかフィッシュを作ってみようと思っています。一度にやってしまうと楽しみが無くなるので(笑)、出来上がったハルに乗るのを楽しみつつゆっくりと作っていきたいと思います。以前に較べて自分が進むべき方向性がしっかりと見えてきたので、余計なプロダクトが少なくなったように思います。いままでは少し急ぎすぎでした(自省中…)作ったからにはしっかり乗らなくてはいけません。

クリスのC-UNITはまだ一度しか使っていないので、明日はこいつをとことんやってみようと思ってます。クリスのハル・スタビー、C-UNITはラウンドボトムやVEEボトムシェイプを発展させた70年代の「トライプレーンハル」というコンセプトのボードです。波のフェイスを走るときにはボードのセンターに入ったシングルコンケーブでロールボトムよりもスピードのロスを減らし(カツさんのハルも同じです)、ターンのときにはテールのダブルコンケーブのどちらかへ水が流れることによってスピードのロスを減らす理屈です(カツさんのハルのテールはフラットで、ドライブ感を重視)こうやって考えていくと、ほーら、やっぱりハル・スタビーは難しくない~でしょ?

乗るのが難しいかどうかは明日に期待です。ワクワク(笑)


ZERO AXXE AIDENTIFY STEAMER ウェットスーツオーダーフェア開催中
11月9日(日)まで
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!