忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]

湘南某所のカツカワミナミサーフボードのシェイプルームです。目印はバナナとソテツの木。

KさんのカスタムオーダーのMINIのシェイプが出来上がっていました。


6’8”のレギュラーサイズのMINIです。シングルフィン仕様で、全体的に薄めでシャープなイメージのシェイプです。


カツさんのボードに「厚い」というイメージを持っている人も多いと思います。否定しません。70年代風のダウンレールなど、私も意図して厚いレールをシェイプしてもらうことも多々あります。

ブギーはすべからく厚くなります。薄くはいたしません。それが調子いいのですが、そんなところから「厚い」というイメージがあるのかもしれません。

それぞれ理由がある「厚さ」ということですが、このMINIはシャープ。レールにかけて薄く落とされています。オーダーいただいた方のリクエストですが、MINIはこんな感じのも良いのです。


個人的にこういう感じのMINI、好きです。これにシングルフィンでしょ 笑。

以前乗っていたMINIの感じに似ていて、これが波を滑る感じまで想像できます。絶対、面白いですよ、これ。

もちろん、もっとボリューム多めにもシェイプすることができますが、こういうところがカスタムシェイプの面白さだと思います。

MINI、やっぱりまた欲しいです。すべからくシングルフィンです 笑。


そして、今朝は暑ーいトレイル。


モズの高鳴きが聞こえる向こうには富士山と丹沢がすっきりと見えて、暑いことは暑いですが季節は変わりつつあることをしっかりと感じた朝でした。



こちらはラミネート中。BONITAフィッシュ。赤のティントが雰囲気です。ダークウッドのストリンガーを使い、ノーズにはフィッシュマークを入れました。









PR

高気圧のへりの西風、すこしだけ期待していましたが期待だけだったようで、今日もランニング。最近、走ってばっかり。

トレイル、長距離、のんびり里山コースと勝手に考えたランニングコースが幾つかあるのですが、今日はロッキー。

ここです。向こうに見えるこんもりと樹が茂っている脇に長い階段が見えます。目の前の階段を降りて、向こう側を登っての周回コース。なんでロッキーかは、ちょっと古いですが…。


登りの階段は150段。ここをロッキー1、ロッキー2…、と3周で戻ります。今日は軽めです。

戻る途中で、仕上げのロッキー4。ここは100段。


ただ走るより、こういうのが波乗りには効くんじゃないかと個人的には思っております。

家へ戻って、体幹と瞑想。やっとルーティーンワークが戻ってきた感じです。



走っているときに妙にアタマに浮かんできた曲があったので、CD屋で探してみました。古いし、12インチシングル盤だったので無いだろうなあと思っていたら、ありました。

スタイル・カウンシルの’introducing’ 1983年です。ジャケットはこれじゃなかったような気がしましたが…


おっさんは知っていると思いますが、12インチシングルというのは、LPサイズの大きさのシングル盤です。その中の「LONG HOT SUMMER」という曲。

夏になると思い出す曲というやつです。埋め込みはできないようなのでリンクします。

https://youtu.be/0-QkohIcmDM


体幹で背筋やりすぎて、背中が重いです。現在の体重は62.5~63㎏、体脂肪率10~11%。

波乗りしたいです。

明日は定休日です。シェイプルームへ行ってきます。








活さんご本人が乗るという新しいMINIモデルの試作機です。タイガーストライプのレジンワークがお見事ですが、そこは試作とは関係ありません。

MINIモデルは、活さんが日本へ戻られて国内で本格的にシェイプをスタートしたころに生まれたモデルです。人気があるモデルです。ずいぶんたくさんシェイプしてきたと思います。

そんなロングセラーのモデルにいまさら改良する余地があるのかどうかは分かりません。改良というよりはシェイプのオプションになるのかもしれませんが、活さんは自分で試してみようとMINIを新しく作ったようです。


ボトムは、ホットマンゴーと見間違えそうなコンケーブとレール。

シングルフィン仕様のMINIでプリモと同じコンケーブボトムでシェイプしたものはありますが(私も試してます)このコンケーブはそれとは違うもの。

MINIを愛用していただいている方に、新しい悩みの種が出来てしまうかもしれません 笑。


個人的な話ですが、私が気に入っていたMINIは、ずいぶん昔(2004年です)に作っていただいた、VEEが長めに入ったシングルフィンのMINIです。上のコンケーブとは逆の形状。ペコペコになるまで乗っていました。昨日、ユーズドのパパジョーのボトムを見ていて思い出しました。

こっちは、シングルフィンのMINIを愛用されている方には、新しい悩みの種になるかもしれません 笑。かなりファンなボードだったのです。



話は変わって、作っていただいた方によると、やばい板らしいです、コレ。


MINI GUNです。

ホームページのモデルのラインアップにはまだ入っていません。活さんと相談ですね。






丸いノーズばかり、ユーズドボードが三本入荷しました。

まずはロングボード。


ジョエルチューダーサーフボードのパパジョーです。個人的にとっても懐かしいボードです。90年代の終わりごろ、ジョエルチューダーサーフボードを立ち上げたばかりのころに同じモデルに乗っていました。

シングルフィンですが、よく走ってよく動くボードだなあと当時はただ驚いておりましたが、サーフボード屋になった20年後にあらためて見るとその理由が良くわかります。このボトム。走る=テイクオフも速いのです。

パパジョー、メンテナンスして乗り継ぐ価値ありのロングボードです。レングスは9.8。

それからケヴィン・コネリーのマジックカーペット。かなりグッドコンディションです。


レングスは7’6”ですが、まんまロングボードのアウトライン。ノーズコンケーブが入った、ミッドレングスノーズライダーとしても面白そうです。

そして、活さんのMINIモデル。6.10とちょっと長めで厚みがある浮力たっぷりのシェイプです。


フィンはトライフィン(純正のバナナトライ付属します)リペア跡、ヘコミはありますがまだまだ問題なく使えます。

体格いい方、浮力が欲しい方にはばっちりです。

やっぱりラウンドノーズ、好きです 笑。

ホームページからチェックお願いします。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ









新製品のロングチェストジップ、実際のところどんななんでしょう?と実際に着てみました。

決して安くないモノですから、販売する方も責任「大」です。製品をしっかり把握しておかないとお話しになりません。

新しい製品はこれです。ロングチェストジップと呼んでいます。スタイルとしては、これまでのネックインタイプによく似ています。


違いは、首から出入りする必要が無いので、腕回り、胸回りがネックインよりもタイト気味になっているところ。それからネックのパーツが防水のためラバーになっている点です。

着てみるとこんな感じです。首は折り返しの防水ネックです。


ジッパーの開閉はとても滑らかで、軽いです。もちろん自分自身で開け閉めすることができます。軽い伸縮性がある柔らかいファスナーなので、パドルの妨げにはならなさそうです。

見た目がドライスーツっぽいかもしれませんが、胸と腕まわりのフィット感は通常のバックジップタイプのウェットよりも若干緩めでパドルの動きは楽ですが、だらしなく見えてしまうようなだぶつきはありません。

画像では見えませんが、胸の真ん中、ジャージとスキンの合わせ目の部分に指が一本とおるくらいの水抜きがあります。胸のジッパーは防水ではありません。浸水はあますが、内部の生地でウェット内部に入るのを防いで、水抜きからスーツの外へ排出されるしくみです。


ジッパーを開いて首を抜くと、インナーはこんな感じにできています。

首の横でボタンで留めるのは、シンプルな方法ですが、ジッパーレスタイプのウェットで培った技術です。生地の重なりを大きくして防水性を高めるとともに、開口部がより大きく開くようにすることができます。


皆さん気になっているのはスーツの着脱ではないかと思います。

首の横のボタンを外すと、インナーは簡単に大きく開きます。両肩が楽に出てきます。


開口部が大きいので、脱ぎ着はかなり簡単です。脱ぐのは通常のジッパーレスタイプよりも格段に楽です。私はバックジップよりも簡単だと思いました。チカラもいりません。本当に楽に脱ぐことができます。

ちょっと恥ずかしいですが、写真の状態まであっというまです。あとは足を抜くだけです。


ジッパーの両脇には、引っ張りすぎてジッパーを壊さないように開きすぎを防止するベルトが付いているので、気にせず引っ張っても大丈夫。



実際にやってみて、脱ぎ着にはまったくコツなどは必要なく、簡単に着ることも脱ぐことできます。私は平気なのですが、ネックインだとどうしても脱ぐのが大変で、という方がおられます。このロングチェストジップはどうやったって簡単です。

保証いたします。


脱ぎ着の次に気になるのはパドルなどの動きやすさだと思います。

ネックインと比べてしまうとどうしても、胸の前にあるジッパーの存在を感じるのは事実です。それでも普通のウェットとくらべると胸回りにゆとりがある分、パドルのストレスは少ないです。動きやすいと思います。

使っている素材、プレミアムゴールドラバーの柔らかさも動きやすさ(着脱にも)に貢献しています。通常のラバーよりも油分を多く含んでいて、柔らかさが長持ちするのは看板にいつわりなしです。

耐久性が必要な部分で一番浸水が始まりやすい部分の、尻、ヒザに5mm厚のラバーを使用しているのも合理的な作りです。

ネックインタイプは着脱が気になって、いまひとつ手を出せなかった方にはばっちりだと思います。


ウェットスーツの進化で、冬も本当に快適に波乗りができるようになりました。各メーカー、それぞれ独自に開発した高性能のウェットスーツを出していますが、それぞれに特徴があります。今回はキャンペーン開催中のAXXE CLASSICをご紹介しました。実際に着てみて、これは良さそうだと思いましたが、それぞれ使用される方によって一番良いと思われるものは違ってくると思います。それをご一緒に考えていければと思っています。。

冬のウェットスーツ、いつでもご相談ください。気が早い話ですが、冬なんてあっという間にきちゃいますから。











忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!