忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]


ちょうど一年前にご紹介した、フィッシュに関するドキュメンタリーフィルムの日本語字幕版DVDが発売されます。

私は英語版をダウンロードして持っていますが、良くは分からないまでも、結構楽しめる内容で、フィッシュ好き(そしてニーボーダーにも)におすすめのDVDです。

来週水曜、17日の発売予定です。初回限定のブックレット付きということですので、どうぞお楽しみに。

昨年の4月のブログ、そのまま貼り付けておきます。




以前もご紹介しましたが、フィッシュの歴史をまとめたドキュメンタリー映像が発売されました。

昨日さっそくダウンロードして見たのですが、言葉がよく分からないにもかかわらず、結構楽しめ、改めて面白いと思ったフィッシュのドキュメンタリーでしした。

話は60年代、スティーブ・リズによってニーボードのフィッシュがはじめて作られ、それをジェフ・チンがスタンディングで使い、今のフィッシュの原型が出来上がったところからスタートします。

リズのニーボードのシーンをたくさん見ることができて、ニーボーダーとしては嬉しい出だしで始まります。

1972年のオーシャンビーチのワールドコンテストで、フィッシュのデザインを”パクッた”デヴィッド・ヌヒワのボードが叩き壊され、ピアからぶら下げられた一方で、ハワイに持ち帰られたフィッシュが、リノ・アベリラによってモディファイされ(これがカツさんのブギーの原型です)、さらにオーストラリアへと渡り、マーク・リチャーズによって、ツインフィンとして生まれ変わる、フィッシュ愛好家なら良く知っているストーリーですが、あらためて映像化されたものを見ると面白いです。

そして1990年。デレク・ハインドがJ・ベイ用のフィッシュをスキップ・フライにオーダーします。そして、そのフィッシュに乗ったトム・カレンを捕えたのが、ソニー・ミラー監督の「SERCHING FOR TOM CURREN」です。

このあたりから、フィッシュというデザインが思い出されはじめます。

そして1997年。アンドリュー・キッドマンの「LITMUS」

あとはご存知の通りです。ロブ・マチャドが95%のサーファーが間違ったボードに乗っていた、という90年代の反動か、幅が広くフラットで浮力がある、フィッシュがまたたくまにブームになります。

フィッシュ・フライのイベントは世界各国へ広まり、日本のフィッシュ・フライの模様も登場します。いつだか出展したカツさんのブースが、ちらりと出てました。


FISH: THE SURFBOARD DOCUMENTARY from Something Kreative Studios on Vimeo.



あらためて思ったのは、フィッシュは10年前に大きなブームになりましたが、80年代以降のように忘れ去られることなく、これからは世界各地で定着して作られていくんだろうなあということ。フィッシュ以外のボンザー、シングルフィンなどのデザインも同じなのではないかと思いました。

そしてもうひとつ思ったのは、ニーボーダーはやっぱりカッコイイ~ということでした。




PR
ゴールデンウィーク、今日で終わり…とすっかり憂鬱になっているあなたへ。ユーズドボードが入荷しました。

まずはロングボード。DEAD KOOKSのNAUSEAというモデルです。9フィート7インチ


なんでこのモデル名なんでしょうね。二日酔いでシェイプしたのか。

名前はまあいいですが、ボードはピグのアウトラインのノーズライダーです。ノーズが細い分取り回しが軽くて、きわどいところでもノーズへ行けそう。ロッカーもノーズライダーです。

もう一本はジェフマッカラム。クアッドのミッドレングス。7フィートジャスト。


こちらも動きは軽そうです。6フィートちょっとくらいのボードと同じ感覚で動きそう。ロンガーさんにおすすめです。

MENEHUNE BEACH STORE サイトからチェックお願いします。

明日から仕事、頑張っていきましょう!





ネットを見ていると、最近目につくことが増えてきたなあと感じるのが「ルールとマナー」という言葉です。すっかり暖かくなったし、GWでお休みだし、海にサーファーが増えてきたせいじゃないかと思います。

ルールとマナーを守って、というのは昔から散々言われていることです。あらためてここに書かなくても皆さん良くご存じのはず、なんですが実際には…というお話しになるんでしょうか。

いつでも楽しいばっかりのアホな私はあんまり考えたことが無いのです。

海に入ると性格変わってしまう人が多いのか、それとも何か(波)を他人と取り合う状況になると、競争的に、攻撃的になってしまうのが人間の性なのか。

寒い冬もやっているから、暖かくなると増えてくる奴らよりも優先権があると思っているのか。上手だから自分より下手くそより優先権があると思っているのか。

自分ではそんなこと考えたことは無いので、よく分かりません。

もしや一生懸命になりすぎて回りが目に入らないのか?必死になると余裕が無くなります。回りが目に入らなくなります。乗れそうな波が来たらとにかくパドルする人がいます。自分よりピークでパドルしている人がいれば、それはほぼ徒労に終わります。もし乗れてしまったら、それはそれで問題です。

それじゃあピークへ行ってみようと、行ったら行ったで余裕が無い必死な人はその場のリズムをつかめない。来る波全部に乗ろうとして嫌われそうです。


そんな感じで面倒くさいなあと感じる奴もいたりするものですが、場所かタイミングをちょっとずらせば簡単に解決します。それに面倒くさい奴も、しばらく見ていれば慣れてきて気にならなくなったりするものです。おお、なかなか上手じゃんと思って見ればもうほとんど意識の外です。


結局「ルールとマナー」というのは、他人にどうこうしなさいと求めるよりも、自分がどうするかという性格のものじゃないかと思います。他人にあーしろこーしろ言ってもほとんどの場合、解決に至ることはほとんどありません。ややこしくなることがほとんどです。

「ルール」や「マナー」と言ったところで、結構自分もやらかしていたりするものです。私自身だってそうだと思います。そもそも感じ方や考え方は人それぞれだし、自分のことは見えてなかったりもします。

まずはそう自分で理解することから始めたらいいんじゃないかと思います。

「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがあります。他の人を見て、「かっこ悪いなあ」「嫌だなあ」と思ったことは自分ではやらない。「かっこいいなあ」と思ったことは、どんどん真似する。そうすれば、「サーファー=かっこいい」というのがサーフィンしない人からみても分かるようになるかもしれません。

そうなったら、サーファーのイメージも良くなるかもしれません。女の子にモテるかもしれません。

考える、思考する以前の身体の実践レベルで覚えるのがサーファーらしいかもしれないなあと思ったりしています。


例えば、間違って人の前にテイクオフしてしまったら。

慌てて前でコケる。

その後、平謝り。

これは、かっこ悪い。


それならば…

後ろの人の邪魔にならないように加速して、すごいスピードでプルアウト。もしくは二人で一緒にチューブを抜ける 笑。

これは、かっこいい。

その後はもちろん、ハイタッチでしょ。












GW










連休楽しんでますか? 今日から営業しております。






お知らせ:5月2日(火)~4日(木・祝)はお休みいたします。よろしくお願いします。

ノーズライダーとはひと味違う、クラシックロングが出来上がりました。ウェットサンドで仕上げた、オリーブグリーンとレッドシダーのストリンガーが渋い仕上がりです。


ノーズライダーとひと味違うと言っても、ノーズライドはできます。何が違うのかというと、ロッカーとボトムの形です。

いわゆるノーズライダーと呼ばれるボードは一般的に、ノーズはフラット気味でテールにキックが入ったロッカーをしています(そうでないものもあります)。そしてノーズのボトムにはノーズコンケーブが入っています。

ノーズへ移動したときに、テールのキックがボードが前へ出すぎないように、ノーズが沈みにくいようにホールドしてくれ、さらにノーズのコンケーブがノーズを持ち上げます。スピードを落としてより長くノーズに留まることができるように考えられています。

今回作ったこのボードは、ノーズからテールまでロッカーが自然に入り、ボトムはノーズコンケーブが入らない、ゆるいロールボトムです。ノーズコンケーブやテールキックの抵抗は無く、シンプルにグライドを感じながらクルーズを楽しむロングボードです。

滑り出しはとても速く、波の上ではとてもスムースです。おなじみ、私の赤いログと同じです。


これが気持ちよく面白くて同様のログを作りました。9’6” Dフィン フラットロッカー


ノーズライドはもちろんクールでスリリングです。ロングボードの究極のマニューバだと思います。でも、このログたちの抵抗が無いスムースなグライドも、ロングボードのもうひとつの醍醐味です。トリミングで長いボードをコントロールする面白さ。

繰り返しになりますが、このボトムがゆるーい波の斜面を滑り出したときの気持ち良さ、嬉しさは特別なものがあります。シンプルに楽しいログです。

カツカワミナミサーフボードのB52のページに三本まとめてアップしましたので、ボードブログとあわせてご覧ください。

やっぱりロングボードは楽しい、と思わせてくれるボードです。






忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!