MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
3 5
8 10 12
13 17
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(10/06)
読んだ結果(返信済)
(09/11)
(08/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5]

カツさんにシェイプしていただいた一番新しいボードはシングルフィンです。出来上がったばかりのこのボード、早速ワックスアップして海に浮かんでみました。

ボードのバランスをパドルしつつ探りながら沖へ向かっていると、心の準備もできていないのにいきなり目の前に絶好のタイミングで波が盛り上がります。見逃すことも無いのでボードの向きをくるりと変えて岸へ向かってパドルを始めるとすぐにテールが持ち上げられてボードが滑り出します。広めに取ってもらったテールのおかげで波のキャッチはイメージどおりです。

ツインとは違う、久しぶりのシングルフィンのレールを意識しながらの波乗り。抵抗が無くスムースで速い。ショルダーが無くなりそうになったのでボトムからボードを波の上方へ上げつつカットバックの体制に入ります。

ちょっと引っ掛かり気味だったのはフィンの位置のせいかと思いながらも一発目からいい感触です。シングルフィンではベースがしっかりしていて、先端にかけて細身の高さがあるフィンを好む私ですが今回はあえて小さめでレイクが少ないクラシックなタイプを選んでみました。フィンの位置はテールから手の平で測ったいつもと同じ位置。ちょっとひっかかり気味でしたが今日はこのまま変えずに使ってみることにします。


(家に戻ってフィンの位置を1インチほど後方へずらした写真です)

そもそも突然にこのサイズのシングルフィンを作ろうと思い立った理由は、以前もブログで書いたと思いますが自分の波乗りのスタイルを見直してみようと考えたからです。




この続きはメルマガとして配信させていただきました。メネフネニュースレターを登録されている方にはメールをお送りしました。登録されていない方は左のリンクからご登録いただくか、バックナンバーをクリックしてご覧ください(バックナンバーに反映されるのに多少時間が掛かる場合があります)

<現在、メルマガの配信サービスは休止中のため以下へメルマガの内容を記載いたしました。>

シングルフィンのスタイル

カツさんにシェイプしていただいた一番新しいボードはシングルフィンです。出来上がったばかりのこのボード、早速ワックスアップして海に浮かんでみました。

ボードのバランスをパドルしつつ探りながら沖へ向かっていると、心の準備もできていないのにいきなり目の前に絶好のタイミングで波が盛り上がります。見逃すことも無いのでボードの向きをくるりと変えて岸へ向かってパドルを始めるとすぐにテールが持ち上げられてボードが滑り出します。広めに取ってもらったテールのおかげで波のキャッチはイメージどおりの速さです。

ツインとは違う、久しぶりのシングルフィンのレールを意識しながらの波乗り。抵抗が無くスムースで速い。ショルダーが無くなりそうになったのでボトムからボードを波の上方へ上げつつカットバックの体勢に入ります。

ちょっと引っ掛かり気味だったのはフィンの位置のせいかと思いながらも一発目からいい感触です。シングルフィンではベースがしっかりしていて、先端にかけて細身の高さがあるフィンを好む私ですが今回はあえて小さめでレイクが少ない三角形をしたクラシックなタイプを選んでみました。フィンの位置はテールから手の平で測ったいつもと同じ位置。ちょっとひっかかり気味でしたが今日はこのまま変えずに使ってみることにしましょう。

そもそも突然にこのサイズのシングルフィンを作ろうと思い立った理由は、自分の波乗りのスタイルを見直してみようと考えたからです。ご存知のとおり私はログのスタイルにあこがれてロングボードで波乗りをはじめました。ロングボードからクラシックつながりでトランジションタイプのボードに興味を持ち乗り始めたのは2001年ごろからです。

ロングボードはずっとやってきて一応、スタイルみたいなのは固まっているのですが、短いボードはVEEボトム、フィッシュ、ハルなどいろんなボードに乗ったせいか一貫したスタイルが無いなあと最近思っていました。そこでいろいろと考え、自分の中で確立したいスタイルとしてイメージしたのがシングルフィンでした。

レールと1本のフィンを使ってロングボードに乗っているイメージを持って、ロングボードのような身体の使い方で波に乗ってみようと考えました。そこで選んでみたのがシングルフィンのショートボードでした。シングルフィンの流れるようなスムースなサーフィンがイメージです。

それにはどんなボードを作るか?まずはシェイパーの川南活さんと相談です。話しをしながらブランクスを見て、ロッカー、レール、ボトム、全体のサイズなどボードのイメージを作っていきます。

波のサイズは私がよく入るポイントに多いモモ・コシサイズから上はアタマちょっとくらいまでを想定しました。イメージするスタイルには小さい波でもボードの浮力で走ることができるくらいの浮力が必要だと考えました。

そうやって出来上がったのが、長さ6′2″、幅21″、厚さ2″5/8のダイアモンドテールのシングルフィンボードです。波のキャッチングが楽でたくさん波に乗れ、小さな波でもボードの上で軽くヒザをまげてレールを入れてあげれば、何もしなくても横に走ってくれる浮力をキープしています。全体的にボリューム感があるのでドルフィンスルーが少し心配でしたが、特に問題なく沈めて波の下をくぐることができました。

初入水はすぐに風が入ってきて、波の面をだいなしにしてしまったので数本だけでしたがどうやらイメージしていたとおりのボードが出来上がった手ごたえ充分です。

ダウンレールをしっかりと波に食い込ませたときのスピードは真面目に身体が置いていかれるようです。このシングルフィンに乗り込んでいってフィッシュも同じスタイルで乗れるようになりたいと考えています。

カットバックでちょっとひっかり気味だったのはレイクが無いフィンを前に付けすぎだったと考えています。おそらくいつも使っているフィンよりもレイクが少ないのでもう少し後方に取り付けていいのかもしれません。フィンはとても重要な要素です。今回はあえていままで使ったことが無いタイプをチョイスしましたが、使い慣れた形のフィンやハルで使うボランのフレックスで試してみようと思っています。

なんにしても。いいボードが出来上がりました。カツさんいつもありがとうございます。

2012年5月26日

NEWESTボードのシェイプが完成して、ラミネートが出来上がるあいだに考えているのはフィンのこと。シングルフィンなので当たり前ですがフィンは1本。それだけにどんなフィンをチョイスするのかは重要でかつ楽しいことです。

フィンはサーフボードのボトムにある抵抗を作り出す、レール、コンケーブ、チャネル、エッジ、ウィングなどのパーツの中で一番ボトムを流れる水流に対する抵抗が大きいパーツです。それだけにフィンでサーフボードの性格が大きく変わってきます。

抵抗が少ない(≒小さい)方がスピードが出ますが、あんまり小さすぎるとフィンが抜けたりとルースになることもあってコントロールが難しくなったり、スピードをロスしたりしてしまいます。

いくつかイメージしているうちのひとつは、7インチくらいの小さめのフィン。ベースから全体的にボリュームを持っていて、低く直進方向への抵抗にはなりにくいけれど、面積があってしっかりと支えてくれるフィンです。

もうひとつはもう少し大きめ、先日入荷したスキップ・フライのテンプレットの8.5インチ。きれいなアウトラインで、スピードとグライド、トリムの代名詞のようなスキップ・フライが作り出したテンプレットのフィンです。

個人的にはいままで、スキップ・フライのようなフィンの形で、どちらかというと大きめのフィンを好んで使っていたのですが、小さいフィンに興味を持ち始めたのはこの方のせい。

波を横滑りしていくところなんて、見ていると背筋がゾクゾクしてきます。フィンレスボードの映像ですが、逆にフィンのことをとても考えさせてくれる動きとスピードです。

メネフネの隠れたロングセラーのスターフィンというのもあるし、フィンの話は興味が尽きません。

キャプテンフィンTシャツアップしました。





シングルフィンのシェイプが出来上がりました。

ダウンレールにイーグルノーズ、軽くデッキコンケーブが入ってゴキゲンなフォルムです。

テールはダイアモンドテール、幅広めですがかなり薄くシェイプされているのでVEEボトム+ダブルコンケーブで気持ち良くカービングしてくれると思います。

ノーズからテールにかけてのボリュームのバランスは、これぞシングルフィン!と言うべきバランスです。

長さや幅、厚みで浮力は調整できますが、これはおじさん(私)が楽に波をキャッチできてスピードを付けやすく、気持ち良くクルージングできるというのがコンセプト。

シンプルなティントカラーでお願いしてきました。出来上がりが楽しみです。






Visitor Map
Create your own visitor map!