MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
無題(返信済)
(11/10)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2] [3] [4] [5] [6] [7]
行ってきました、トレイルコース。相模湖畔の藤野町をさあ出発。車をおかしてもらったところのおじさんに、「クマとサルとイノシシに気を付けて」と言われてちょっとビビります。

トレイルにはいろうとした途端に通行禁止のゲートが…(もう入っちゃってますが…)実は、どうしたらいいの~と地図を持ってウロウロしていたら、近所のおっちゃんが、歩いてなら入ってもいいんだよーと教えてくれたので遠慮なくゲートをくぐって入らせてもらいました。おっちゃんは「レース応援してるからな~」と手を振ってくれました(笑)


ひたすら上ります。


3キロほどかなり急な上り。ここでレースしなくちゃいけません。


あっという間に相模湖がこんな下に。


まだまだ上ります(泣)


本当にこの道でいいのか…?かなり不安。どこがトレイルだか分ります?


滑りやすい細かいガレ場。上り甲斐があるってもんです。


階段も何段上ったことか…


そうして、陣馬山山頂到着。もうちょっとでコースの半分ですが身体はまだまだ余裕。少し自信が湧いてきました。


下りはやっぱり怖い。でも自分のペースで確実に安全に降りていこうと思います。


今度はひたすら急な下り。実はこのとき道を間違えてしまっていたのですが、気がつかないままひたすら下ります。


下まで降りてようやく道が違っていたことに気が付きました(笑)さすがに、もう一度戻る気力はなかったので、約7キロはショートカットしてしまいました。

午後3時前に車へもどって、おじさんに無事戻ったことを伝えて帰宅。今回全コースを下見することはできませんでしたが、概要を掴めました。自分に足りない部分もわかったのでこれからのトレーニングに役立てたいと思っております。

率直な感想:楽しかった!もう一度行きたい!トレイル最高!です。

足の骨折のリハビリで始めたランニングですが、最近はすっかり夢中になってしまって、私の中ではサーフィンとランが同じくらいの場所を占めるようになってきました。もともと走るのはどちらかといえば「嫌い」なほうだったので自分でもビックリです。

波乗りのトレーニングとしてもランニングは最適だと思います。海が遠いサーファーには絶対オススメです。おそらく今までのトレーニングの中で一番シンプルで効果的なんじゃないかと思います。履きやすいランニングシューズを1足手に入れるだけで始められるのでお金もかかりません。そしてなにより波乗りと同じくらい楽しめます。波乗りへの一番の効果はボードから落っこち難くなること。

延々と続く登り坂を一歩一歩刻むように上っているときの自分の中へ中へと集中していくような感覚は、坂を上りつめた瞬間にパッと解き放たれます。そしてその先に続いている平坦な道を走って感じる自分の身体の軽快さにストークしているのは、いい波に乗ってプルアウトしたときの感じにも似ているかもしれません。

先週から7週間先の陣馬山トレイルレースを目標にトレーニングを開始しました。距離は23kmで比較的「短い」方なのですが、コースは「山」。スタートから7kmくらいで600mを上って、次の4kmで500m下り、そしてまた次の5kmで400m上って…のような感じなのでいったいどんなペース配分をすればいいのやら分かりません。

とりあえずは上り下りの連続に耐えられる足と体力をつけようと考えています。常に起伏があるトレイルで練習しているので、それなりに走れているとは思うのですが、果たして自分の足が本当の山のレースで通用するのか大いに不安です。

今のところのメニューはシンプルで、週2回のLSDと10kmのペース走の連続。先週始めてLSDをやってみました(LSDはLONG SLOW DISTANCEの略ですよ) 1km/7.5分~8分くらいのゆっくりペースで2時間15分走ってみましたが、ペース走とは違う筋肉への効き方が面白いです。でも最後の30分間は足の感覚が無くなってきて、ペースのコントロールができなくなってしまいました。まだ時間はあるので、LSDで長時間の走りに慣れていこうと思います。

レースは11月8日です。7kmの上りはどのくらい身体にダメージを与えるのか?スピードをつけて下る練習はどーすればいいの?(下りを走るのはか実際かなり危険)不安だらけですがチャレンジしようと決めた気持ちをキープしつつ、できる限りの準備をしてレースに望もうと思います。目標は完走ですと言いたいところですが、無謀にも2時間30分代を目標といたしました。きっとやれるさ!

裏山トレイルはすっかり秋の気配。秋桜やら彼岸花やら秋の花が花盛りで、それらを掻き分け掻き分け走るのが一苦労です。
トレイルのレースにエントリーしちゃいました。11月8日の陣馬山トレイルレースです。距離約23km 標高差600mのトレイルコースです。トレイル初心者向けとのことなのですが、果たして走りきることができるのか?

多いに不安ですが、挑戦してみようと決心しました。やらなきゃ何も始まりません。2ヵ月を切っていますが計画を立てて練習したいと思ってます。装備は何がいるのか?どんなトレーニングをすればいいいのか?まだ何も分からないのでお勉強です。


と言いつつ、天候が安定してきたらやろうと思っていた店の前のウッドデッキの塗り替えに着手いたしました。半分削りました。本格的にランニングに取り掛かるのはこれが終わってからか…?


さあ、これからもうひと削りです。


こんなものを見せても仕方ありませんが、ショーツを履くと素敵なハイソックスおじさん状態になってしまうので暑くても長いズボンを履いている毎日です。月曜日に病院に行って診てもらいます。今週は自分の身体よりも、人の身体優先だったのでまだ病院に行けておりません。軽い肉離れは自己診断でした。きつい痛みはありませんが、時おり鈍く痛みます。

足を治す間にと思って再発防止策をいろいろと勉強していたら、肉離れを起こす前の数回のランニングで意識的にやっていたフォームが間違いだった可能性が高いことが分かりました。ランニングの雑誌を参考にしていたのですが、そこに書いてあることに対する自分の解釈が間違っていたのか…。

お勉強していると人間の身体の複雑さに驚きました。走るフォームの違いで神経にまで影響があるなんて思いもしませんでした。走る、泳ぐというトレーニングは楽しいものですが、年をとっても故障しにくい身体を作るという発想が出来てきました。

まずは骨盤(仙骨)の正しい角度と足裏の正しいアーチについてお勉強してみようと思います。ちょっと面白くなってきましたよ。

店は1時間遅刻させてもらって、調布の味の素スタジアムのランニングイベントに参加してきました。チャリティイベントなので参加費は募金。タイムの計測も順位づけもない、楽しく走ろうという趣旨のイベントです。


エントリーは5kmの部。「自己記録に挑戦」はありませんが、このスタジアムの中を走れるのにはちょっと興奮。一週半して外を走ってまた戻ってくるのですが、フィニッシュでスタジアムに入ってくるのって気持ちいいもんですね。これからもこういうイベントにはどんどん参加してみようと思います。

昼ごはんを食べようと日本語がまったく通じないディープな雰囲気の韓国料理屋さんへ。5人で石焼ビビンバとキムチチゲその他を発注。ずいぶんのんびり待たされましたが、かなり美味しかったです。途中「コレサービス、飲んでもう少しだけ待って」みたいな感じで瓶ビールを持ってきたのには笑いました。会計のときに待たせちゃってゴメンナサイと言っているような感じがして、ずいぶん安くしてくれました。また機会があれば行きたいお店は、京王線飛田給駅近くの「大長今(デジャングム)」

おかげで30分遅刻…。どうもすいません。さあ仕事しましょう。
おとといの日曜日。相模原の米軍補給廠でのマラソン大会での写真です。

女房のお母上とはラブラブの仲です(笑)カメラ持ち込み禁止にはなっていましたが、あちこち変なところを撮影しなければ大丈夫だったみたいで、事前に知らされていた「テロ対策厳戒態勢」は結構ゆるめでした。しかし、色が黒いオヤジだこと(笑)

目標タイムは50分切りでしたが、女房は暑さでやられて大幅ペースダウン。1時間7分代のタイムでした。途中かなり苦しそうでしたが一度も立ち止まらず走り続けて完走したのは偉いです。最後までしっかりと腕も振れていました。次のレース参加は涼しくなってからですね。

順位やタイムはどうしても気になってしまいますが、走るのも波乗りと同じで続けることが大切だと思ってます。楽しい時間を過ごせたのが何よりの一日でした。


それでまたまた昨日のアライアのシークエンスのお話しです。

4枚目の写真のときに上体が起きてしまっているのは、おっかなびっくりに立ち上がった(笑)のもありますが、このときテールがスライドし始めたせいです。


6枚目の写真でテールのスライドが止まってレールがしっかりと入り次のダウンザラインへと続きます。ノーズがほぼ潜ってしまってますね。


ノーズが海中から飛び出して体勢を立て直したところです。口が「ヤッター」になってるでしょ(笑)フィンレスボードの意外にしっかりとした反応に驚いているんです。

私のアライアの長さは6フィート6インチです。普通のサーフボードと同じ感覚で最初はもう少し長めにしてもらおうかと考えていたのですが、この長さが良いと言われ決めました。

長ければ浮力が増すのは普通のサーフボードと同じですが、ロッカーがまったく無いアライアではコントロールが難しくなっていくそうです。

それを実証しているのが6枚目の写真だと思います。これがもっと長さがあったらおそらくノーズがさらに沈み込んでワイプアウトだったと思います。

6’6”の長さだったから、7枚目の写真があるんだと思います。

6フィート6インチ。もっと長くてもいいような気がしましたがこれはアライア独自のテクノロジーから出てきた数値なんだと実感しました。もっと短いものも作っているそうですが、それも面白そうです。

明日は波上がりそうですが、風も吹きそうです。明後日はまたアライア日和になりそうなのを期待することにしましょう。体力蓄えておかないとこの板には太刀打ちできません。

クリス・クリステンソン ニッポンカスタムシェイプ オーダー受付中

4月19日に相模原の米軍ベースで開催されるマラソン大会の10キロコースにエントリーしました。本当はハーフマラソンに挑戦したかったのですが、女房がまだハーフマラソンに自信が無いようなので二人そろって10キロにいたしました。女房の伴走みたいなものなので、今回は記録は関係なしの完走&エンジョイランニングです。(いちおう目標は50分です。)


10時20分スタートで、遅くても一時間あれば走れちゃうと思うので走ったあとに店を開けることもできそうですが、せっかく米軍基地に入れるので遊ばしてやってください。なので当日はお休みいただきます。アメリカンムードいっぱい(笑)らしいので楽しみです。教えていただいたKさん、ありがとうございます。ハンバーガーでも食いましょう。

楽しみです。

アンディ・デイヴィスのプリントTEE、只今アップロード作業中です。カリフォルニアリパブリックのTシャツも入荷いたしましたがそっちは明後日になりそう。ご期待ください。


明日は予定通りお休みをいただきます。波ありそうなので久しぶりにのんびりできそうな感じ。ボードはハルとフィッシュかな。
私の趣味ですいませんが、新しくランニングカテゴリー作っちゃいました。

かねてから欲しいと思ってたコレ、「CW-X エキスパートモデル ロングHXO509」ちょっと高いので迷っていたのですが買っちゃったんです。いろんな種類があるんですが、私が買ったのはヒザとフクラハギをサポートしてくれるタイプです。実はこのCW-X、15年くらい前に腰痛がひどくなってしまったときに腰ベルトタイプをサーフィンするときに使っていたのが調子良かったので最初から信頼感は持っていました。

そして今朝、早速使ってみました。ヒザの位置をしっかり合わせて着用するのがコツです。立っているとフクラハギをグッと持ち上げられるような感覚があるので着るだけで走りたくなってきます。

今日は幾つかあるコースのうちの一つ、「トレイルちょっとに稲作風景ロードコース 5km」をチョイスして走り始めます。

走り始めてすぐにCW-Xの効果を感じました。ヒザを曲げて前に出す動作をすると自然とその足側の骨盤が前に出るような動きになります。足を上げるだけで身体が前に進むイメージです。これはヤバイです。ついついペースが上がってしまって、気がつけば一緒に走っている女房がはるか後ろ。

速く走るつもりはないので意識的にペースを落として走っていても、あっと言う間に5km終了。身体は同じだけ使っているはずなので、もの足りない気持ちを抑えつつ、その後は3kmちょっとのクールダウンをかねた速めのウォーキング。これも楽々。しかし落とし穴はこの後にありました。

家に戻ってシャワーを浴びて一息ついていると、急に疲労感がどっとやってきました。どうやら、走っているときには感じなくても身体はきっちりと使っているみたいです。CW-X、使うときに少し注意が必要みたいですが、レベルアップのためには効果的に使えそうです。

以前使ったウェストベルトはちなみにこれです。CW-X 腰用 エキスパートモデル ウエスト HWO119
ウェットのアンダーに着用していました。色違いで黒もあります。

来年は本気でフルマラソン、42.195kmに挑戦してみようと思っています。

弱いオンショアですが波あります。海行きましょう。私は次を期待することにします。

Visitor Map
Create your own visitor map!